夫婦で行く旅の食日記 世界あちこち味巡り (集英社文庫)

  • 41人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 清水義範
  • 集英社 (2015年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452778

夫婦で行く旅の食日記 世界あちこち味巡り (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 既刊「夫婦で行く」シリーズ、イスラムの国々、イタリア歴史の街々、バルカンの国々での食事にクローズアップしてまとめたエッセイ。ホテルやツアーの先々のレストランで食べた料理について、素朴な味の評価だけでなく、献立から歴史的国際関係に思いを馳せたりするほか、夫人が食べたものの素材を分析でき、目と舌の記憶だけを頼りに帰国後再現ができるというのがポイントで、章末ごとに日本で再現して楽しんでいるレシピがいくつかずつ載っている。久住昌之が解説で言及しているように、夫婦そろって知的好奇心が旺盛で、お酒を飲みながらあれこれ観察したり想像したりの会話をし続けられる旅(だからツアーでも不満がたまらないんだと思う)が楽しげでうらやましい。

  • 面白かったです。地理がわかっていればもっと楽しめたと思うので、地図を載せてほしいです。

全3件中 1 - 3件を表示

清水義範の作品

夫婦で行く旅の食日記 世界あちこち味巡り (集英社文庫)はこんな本です

夫婦で行く旅の食日記 世界あちこち味巡り (集英社文庫)の作品紹介

これまでイスラム、イタリア、バルカンと舞台を変えて刊行されてきた“夫婦で行く"旅シリーズで、著者夫妻が訪れた数々の国で出合った“食"をテーマに綴った番外編エッセイ。(解説/久住昌之)

夫婦で行く旅の食日記 世界あちこち味巡り (集英社文庫)のKindle版

ツイートする