天皇の料理番 (上) (集英社文庫)

  • 395人登録
  • 3.65評価
    • (15)
    • (63)
    • (46)
    • (4)
    • (2)
  • 47レビュー
著者 : 杉森久英
  • 集英社 (2015年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452938

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
又吉 直樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

天皇の料理番 (上) (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • テレビドラマをきっかけに興味を抱き読んでみました。

    初代主厨長の秋山徳三さんをモデルにしたフィクションで、
    篤蔵の人間臭さや時代背景なども相まって
    魅力の多い読み応えのある作品です。

    秋山さん御本人とはやはり多少印象は変わりますが
    仕事に対する考え方や潔さなどが面白く、
    天才という人間の紙一重さなどをまざまざと感じます。

    食に対しても今一度襟を正せる内容かと思います。

  •  大の贔屓の佐藤健くんが主演でドラマ化されるとか(評判のよいマチャアキ版は残念ながら未見)。放映を待ちきれなくて原作を読み始めたら、これがかなり面白い。やんちゃくれで一途な主人公のキャラは健くんにぴったりだ~! しかし、蒲柳の質の兄役にムキムキ男の鈴木亮平はミスキャストでは?と思って予告動画を見てびっくり、ちゃんと病弱に見える! 頬のこけ方からしてかなり減量したと思われるが、体格まで別人のように見えるのは彼の演技力によるものだろう。
     下巻を読むまで内容に対する評価は保留。

  • 面白かった。
    篤蔵が才能だけでなく、
    努力で成り上がっていくのがいい。
    今の世の中、
    情報過多で未来の予測が立てやすい。
    だから、夢を見づらくなってしまったのですが、
    ぜひ生徒には大志を抱いて突っ走ってほしい。
    もちろん口だけじゃダメ。
    努力もできる人であってほしい。

    がんばれ、若人。

  • 201504/ドラマは未見だけど気になって読んでみたら面白かった。ひどい男だなって思う箇所もあったけど、時代も考えると相当の情熱がないとこれだけのことを成し遂げられなかっただろうな。

  • 努力が報われた物語。
    腕一本でのし上がって行く姿がすごい。もちろん順風満帆ではなく、様々な困難を超えて。

  • マチャアキのドラマが懐かしい。

  • ドラマがとても面白かったので、原作読んでみました。
    ドラマ以上に面白い。
    明治の時代の背景とともに裕福な家庭で育った篤蔵がゼロからはじめる料理人の世界。
    佐藤健君なら、ただ突っ走るだけのドラマの中の篤蔵では無く
    原作の思慮深く野心強い篤蔵の方も上手に演じたと思う。
    最近のドラマは三か月で終わらせるから、端折り単純なお話になってしまうけど
    こういうおはなしをじっくり大河のようにやれば、良いドラマになるのになぁ
    などと考えながら、下巻にいきます。

  • 佐藤健が出ていたドラマがすごくおもしろかったので原作を読んでみた。篤蔵の性格がおもしろおかしく書かれていたのはドラマのほうだったが本を読んでみると当時の日本の風景がわかってよかった。妻のおふじが訪ねてきた話、吉原の話がでていて明治で妻がいてもこんな時代だったのかと改めて思った。

  • 実在した天皇の料理番「秋山篤蔵」の史実に基づいた物語。

    ドラマの原作ということで読んでみた。

    上巻は精養軒での修行時代まで。
    破天荒な人物だが、料理に向ける気持ちは真剣で真面目。
    当時はどちらかと言うと料理人は身分が低いと言われていたことに驚いた

  • TBSの初回2時間スペシャルが面白かったので読んでみました。細かい設定は違うんだけど、篤蔵さんの破天荒ぶりは面白い。当時の日本の西洋料理人の世界が垣間見える。

  • 「天皇の料理番」
    TBS 日曜22時
    出演:佐藤健、黒木華、桐谷健太、柄本佑、
    http://www.tbs.co.jp/tenno_no_ryoriban/

  • なるほどこんなお話だったのね。
    やや中だるみしてしまったけれど、主人公の一本芯の通ったようなところはすきかな。おふじ目線ではひどい旦那だけど。
    食事の描写は◎
    2017.09.29

  • 初盤の寺院のお話が一番印象的で面白かった。一度心を決めると絶対に曲げない破天荒な豪快さと子供らしさが可愛く見えます。
    物語の主軸となる料理に関しては一枚のカツレツから始まって美味しそうな描写にワクワクしました。会話文が多めなので時間をかけずに読むことが出来ます。

  • 堺正章さんのドラマが有ったような。見てないけど題名が有名。
    気にはなっていた。食べ物系の話や漫画、映画等好きだ。

    漫画で。「大使閣下の料理人」と言うのが有りまして、楽しい。
    公邸で、いろんな国の大使や来賓に料理するシェフの話。

    そんなかんじかなー?と、わくわくする。

    上巻。下積みでした。天皇陛下の料理人になるまで、ですね。流れは。
    まだだって、西洋料理も珍しい頃だもの。はやとちり。

    カツレツが出ます。 うまそうです。
    カツレツ食べて、料理人になろうとはアタシは思わないかも。でも
    外国から来た美味しい料理や調理法を、素直に受け入れる事って
    出来る人と出来ない人が居るかもね。研究とかも。

    時代の知識があまり自分には有りませんが、なんとなく
    のんびり波瀾万丈?な感じの主人公のペースがいい雰囲気です。

  • 福井県の大庄屋の次男・篤蔵の料理の道へ進んでいく立身出世の物語。

  • 国際線の飛行機の機内で、往復12時間以上かけてドラマを全部見て、「おもしろい!!」と思い帰国後「たしか原作は小説だったよなあ」と思ってたブクログで検索したら、「読みたい本」に入っていた。忘れすぎ(笑)すぐ買ってすぐ読んだ。面白い!やはりドラマや映画になる小説は、ドラマや映画になるくらいだから面白い。(そのまんまやけど)原作のほうが、篤蔵の天才さが出ている。でもこのスレスレの頭の良さはドラマで表現しづらいだろうから、ドラマでは「どうしようもない男」感を全面に出すのが正解なのかも。実際にあったお店、地名、人物だらけで、明治を知るにも興味深い話。パリに渡り、天皇の料理番となる後編が楽しみ。

  • 料理に魅せられた明治生まれの若者が、持前の強情・きかん気を発揮して努力を重ね、ついには宮内庁主厨長(総料理長)までに登り詰める、究極のお仕事小説です。
    実在の人物、秋山徳蔵氏がモデルで、人気ドラマの原作にもなりました。

    淡々とした文章は、エンターテイメント小説とは違って、盛り上げようという気が微塵も感じられません。
    なのに、このワクワク感は何なのでしょう。
    やはり、主人公が持っている人間力が、惹きつけてやまないんですね。

    何事も恐れずに突き進んでいく行動力。
    好きなことには努力を惜しまず、苦労を苦労とも思わない。
    そして、周りの人に認められ、どんどん引き上げられていきます。
    ただ、自分の夢を一途に追うあまりに、周りの迷惑を顧みないところもあり、そこは人間臭さも感じられます。

    明治・大正の世相や家族制度なども背景にあり、今の世とは違う感覚も楽しめますが、今現在も天皇家のお料理番は受け継がれているはず。
    今はどんな方が務めておられるのかなぁと、興味がわきました。

    図書館スタッフ(学園前):山姉さん

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=2410004288

  • ドラマ版配役で読むと生き生き楽しい。
    しかし妻に関しては平成ドラマにだいぶ配慮がありましたな…

  • 歴史部分は苦手なので読み飛ばしたが、強い意思を持っている主人公は好きな性格なので楽しく読めた

  • 主人公の篤蔵のキャラが初めは面白いが、後半でなかだるみしてきた。下巻でどのような展開になるのか。

  • 2015年に読んだ本。
    ドラマは昔のも見たので、どんなもんかと原作を読んでみたら、今回のドラマの方が意外と原作に忠実な部分もあり・・

  • 主人公の努力と才覚で成り上がる物語は痛快。

    ただ女性に対する扱いは、あまり良いもんじゃない。
    時代も価値観も違うので当たり前ですが。

    2015 10 24

  • 直向きに料理に打ち込む姿は素晴らしいと思った。如何に才能のある人間でも努力しなければ開花しないお手本のようなもの。
    ただ、妻が可哀相だった。クズ男。

全47件中 1 - 25件を表示

天皇の料理番 (上) (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天皇の料理番 (上) (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天皇の料理番 (上) (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

天皇の料理番 (上) (集英社文庫)の作品紹介

明治の半ば、一枚のカツレツに出会った福井県の少年。上京し、裸一貫で西洋料理の世界に飛び込んでいく――。日露戦争以降の東京で、激動の時代と共に、力強く成長していく篤蔵の物語。TVドラマ化。


天皇の料理番 (上) (集英社文庫)のKindle版

ツイートする