オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)

  • 1387人登録
  • 3.80評価
    • (105)
    • (170)
    • (135)
    • (22)
    • (5)
  • 149レビュー
著者 : 辻村深月
  • 集英社 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087453133

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ殺人の話(?)なのにこんなに愛しいと思ってしまうのか!!!不器用すぎてかわいい。



    それから、相変わらず心情を描くのがうまいと思いました。学校内のヒエラルキーだとか、女子の目まぐるしい勢力の移り変わりだとかにおける感情の動きは、いっそ痛々しいまでに覚えがあって、リアルだなと思います。

    殺してほしいとか、死体を美しいと思うだとかは、理解を超えているけれど、それでいて方向性が違うだけで根っこの部分ではそういう感覚もあるんじゃないかと思うような、複雑で痛いことがいっぱいあって読むのが苦しくなったりもしました。

    そんな中での淡い恋心とか後半部分に優しさがあって最後には読んでよかったと思ってしまうように纏まっているところはさすが!!!

    やっぱり辻村深月さんの小説が好きだな〜と改めて思いました。

  • まず、タイトルがいい。
    この中ニ病感丸出しな、これ、中ニ病な話ですから!!と全力で出してくるこのタイトルがとっても好きだ。
    そしてこの本を中ニ病を終えたあの時よりかは大人になった今の自分で読めたことが良かったと思う。
    きっと中学生の時に読んでも自分は響かなかったと思う…色々屈折した時季を自分なりに乗り換えて折り合いをつけ、色んなものから卒業した今だからこそ心に響く物があるのだと思う。
    学校が人生のすべての様に毎日を占めた中で、何かを心の拠り所に必死にやり過ごす気持ちは凄く分かる。屈折した日々を乗り越えて見える清々しい終わりが最高だと感じた。

  • 面白かった!

    クラスの地味な男子たち、昆虫系男子。
    自分以外はこんなこと考えてもみないだろうと思ってしまう中二病思考。
    女子たちのスクールカースト。

    一気読みしてしまう展開と、読後感の良さが◎

  • 子供と呼ばれるには分別も狡さも身についている。
    けれど、大人の呼ばれるほどには賢くもなく周囲と折り合いをつけて生きていく器用さもない。
    思い出してみる。
    あの頃は何て狭い世界で生きていたんだろうと。
    学校という閉ざされた空間で、笑いふざけあいながら、時に息継ぎをどこかでしなければ苦しくなるような不思議な時代。
    自分のことでいっぱいいっぱいで、他人の感情にまで考えをめぐらす余裕なんてない。
    いつだって自分が大切で、いつだって目立つことを嫌っていた。
    出る杭は打たれる・・・本能的にそのことは知っていたし、だからこそその他大勢の存在に隠れるほうが楽だった。
    アンが惹かれた世界は、閉塞感に押しつぶされそうな思いが見せた幻なのかもしれない。
    きっと「事件」が現実となっても、何も変わらない。
    傷痕ひとつ残せずに消えていくだけのことかもしれない。
    生きていくことが辛いときもある。
    死んだほうがマシだと思えるときもある。
    でも、やっぱりどんなに苦しくても生きていればこそ起こる奇跡だってあるような気がする。

    辻村さんの物語はいつも何かの痕跡を残してくれる。
    懐かしい痛みを思い返すこともあれば、物語に絡んで切なかった場面を思い出すこともある。
    過ぎてこそわかる・・・そんな時代もあるのだと教えてくれる。
    アンと徳川が共に過ごした1年間。
    彼らにとってどんな意味があったと思い返されるのだろうか。
    無意味なことなどひとつもない。
    すべてが、ほんの些細な出来事さえも意味があるのだと、きっといつかは気づくのだろう。
    未来はいつだって不確定だ。
    ちょっとしたきっかけや、勢いや、衝動で変わってしまう。
    失われたかもしれない命、変わってしまったかもしれない未来。
    生きていくって簡単じゃない。複雑なんだとあらためて思う物語だった。

  • 面白かった
    恐ろしく読後感がよかった
    中二の殺る気スイッチの押し方、押され方

    中途半端に大人で子供な時期にありがちなメンドくささ全開のアンと徳川くんとそのクラスメイトのお話

    女子はめんどくさいんだよー、グループとかさー
    自分のいやなことも思い出して苦々しく思いつつ
    どんどんのめり込んこんで、結果一気読みしましたが、一気読みがスッキリでオススメ

    アンの視点で進むお話だったので
    徳川くんに
    「いいよ」って言ったとき、何考えてたの?
    って聞いてみたい

  • 久々に、読みたいけど、終わるのが勿体無い!と、思った作品でした。
    若くて、綺麗で切なくて儚い。そして、もどかしい。
    私にも少女Aとまでならなくても、こんなにイタイことに憧れた時代があったのを思い出し、重ねたりしました。
    そして、何より結末が気になって気になって…。きっと現実的に考えれば…でも、それを裏切って欲しい…なんて思いながら読んでました。
    結局はこれが現実かな…と思ったり。でも、もう少しこの先の2人を見ていたかったなとさえ思うほどの愛着がわいてしまいました。

  • 辻村サンはホントに女の子のドロドロしたのを描くのが上手い。
    自分の中学の頃を思い出して嫌な気分になった。
    きっといつの時代もあの頃の女子はああなんだろう。。
    芹香と倖にムカムカしてたからアンには事件をやり遂げて欲しいと思った。
    でも青春小説だし、そうはならならないと思ってたのでラストがとても気になった。
    辻村サンの作品の中では好きじゃないタイプの話だなーって思いながら読んでたけど、ラストまで読んでストンと心に落ちた。
    やっぱり辻村サン好きだ。

  • 正直結末は読めていた。
    これまで辻村作品を読んでいた人ならなんとなくわかったと思う。
    でも、それをどうやって結末まで持っていくか、たどり着くやり方は?という見方で読んだ。
    つまり、この『事件』は結局起こらないとわかってても、どうやって(どういう心理で)起こさない方向にもってくのか?は、当たり前だけどわかるはずもなく、だから面白かった。

    辻村さんは、スクールカーストを描くのがうまい。
    どんな学校でも、そのひどさの大小は違えども、必ず存在すると思うスクールカースト。
    誰でも経験があるからこそ、その描写が(そのときの状況だけでなく、心理描写も)リアルに見えてくるからより恐ろしい。

    あと思春期の親やまわりの大人への心情の描き方もうまい。

    ラストが見えてる分、読みながら自分でもラスト考えてみるんだけど、自分が想像したラストよりはるかによくて、やはり辻村作品はいいなーと思った。

    得意の他の辻村作品とのシンクロもほんのちょっとだけどあって、そういうのわかると更に楽しめる。

  • 主人公と趣味嗜好がそっくりで驚いた。死や猟奇的なものに憧れてるし、私の死を以って何かを訴えたいと思ったこともある。
    世間ではそれを中二病と言うらしい、そのことに少し憤りを覚えた。それはこの世界の生きづらさは異常だって気付けない人が使う言葉だと思ってる。私たちを中二病だって決めつける人たちには自分のこと理解してもらおうなんて到底思えない。リスカが自殺未遂ってことになってるのも経験者として許せなかった

  • 中二病!読んでてイライラする。
    作者の思惑通りなのかな~?
    自分にはこんな時あったのかと思ってしまったけど、あったんだろうなぁ…だからイライラしたんだろうか。
    しかし良くかけるな、こんな時期のこと。それ考えると凄いんだろうな。

全149件中 1 - 10件を表示

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)に関連するまとめ

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)の作品紹介

「私を殺してほしいの」中学2年生の美少女・小林アンは、同じクラスの「昆虫系」男子・徳川にそう依頼する。ふたりは被害者と加害者として「特別な存在」となる計画を進めるが…。(解説/大槻ケンヂ)

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)のKindle版

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)の単行本

ツイートする