オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)

  • 1251人登録
  • 3.83評価
    • (98)
    • (160)
    • (120)
    • (15)
    • (5)
  • 137レビュー
著者 : 辻村深月
  • 集英社 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087453133

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • まず、タイトルがいい。
    この中ニ病感丸出しな、これ、中ニ病な話ですから!!と全力で出してくるこのタイトルがとっても好きだ。
    そしてこの本を中ニ病を終えたあの時よりかは大人になった今の自分で読めたことが良かったと思う。
    きっと中学生の時に読んでも自分は響かなかったと思う…色々屈折した時季を自分なりに乗り換えて折り合いをつけ、色んなものから卒業した今だからこそ心に響く物があるのだと思う。
    学校が人生のすべての様に毎日を占めた中で、何かを心の拠り所に必死にやり過ごす気持ちは凄く分かる。屈折した日々を乗り越えて見える清々しい終わりが最高だと感じた。

  • 人間っていうのはどういった形であれ「異常」を持っているんじゃないかな、と思った。

  • 子供と呼ばれるには分別も狡さも身についている。
    けれど、大人の呼ばれるほどには賢くもなく周囲と折り合いをつけて生きていく器用さもない。
    思い出してみる。
    あの頃は何て狭い世界で生きていたんだろうと。
    学校という閉ざされた空間で、笑いふざけあいながら、時に息継ぎをどこかでしなければ苦しくなるような不思議な時代。
    自分のことでいっぱいいっぱいで、他人の感情にまで考えをめぐらす余裕なんてない。
    いつだって自分が大切で、いつだって目立つことを嫌っていた。
    出る杭は打たれる・・・本能的にそのことは知っていたし、だからこそその他大勢の存在に隠れるほうが楽だった。
    アンが惹かれた世界は、閉塞感に押しつぶされそうな思いが見せた幻なのかもしれない。
    きっと「事件」が現実となっても、何も変わらない。
    傷痕ひとつ残せずに消えていくだけのことかもしれない。
    生きていくことが辛いときもある。
    死んだほうがマシだと思えるときもある。
    でも、やっぱりどんなに苦しくても生きていればこそ起こる奇跡だってあるような気がする。

    辻村さんの物語はいつも何かの痕跡を残してくれる。
    懐かしい痛みを思い返すこともあれば、物語に絡んで切なかった場面を思い出すこともある。
    過ぎてこそわかる・・・そんな時代もあるのだと教えてくれる。
    アンと徳川が共に過ごした1年間。
    彼らにとってどんな意味があったと思い返されるのだろうか。
    無意味なことなどひとつもない。
    すべてが、ほんの些細な出来事さえも意味があるのだと、きっといつかは気づくのだろう。
    未来はいつだって不確定だ。
    ちょっとしたきっかけや、勢いや、衝動で変わってしまう。
    失われたかもしれない命、変わってしまったかもしれない未来。
    生きていくって簡単じゃない。複雑なんだとあらためて思う物語だった。

  • 面白かった
    恐ろしく読後感がよかった
    中二の殺る気スイッチの押し方、押され方

    中途半端に大人で子供な時期にありがちなメンドくささ全開のアンと徳川くんとそのクラスメイトのお話

    女子はめんどくさいんだよー、グループとかさー
    自分のいやなことも思い出して苦々しく思いつつ
    どんどんのめり込んこんで、結果一気読みしましたが、一気読みがスッキリでオススメ

    アンの視点で進むお話だったので
    徳川くんに
    「いいよ」って言ったとき、何考えてたの?
    って聞いてみたい

  • 辻村深月ファンとしては、物足りなかった
    想像通りに進んでいくストーリーと
    イマイチ入り込めない青春群像劇
    いつもはもっと入り込めるのに
    もちろん、平均的な小説に比べれば面白いんだけど

  • 入り込みにくいままズルズル読み進めるうちにやって来た、最後のまばゆさは良かったです。

  • 中学二年生という恐らく人生で最も不安定な時期を舞台に、自分は特別でありたいという自意識、女子特有の「グループ行動」、死と破壊への憧れなどをじっくりと描いた作品。
    女性にしか書けない内容であり、辻村氏の実力が発揮されている力作だとは思うものの、こういう自己陶酔的な主人公の一人称作品は好みではなかった。

  • 厨二病、思春期特有の不安定な精神状態かつ人生経験が未熟な世代が陥りがちな、自己中心で繊細で衝動的な心理状態と行動を現した用語。俺はこの言葉、自分の黒歴史と黒歴史を刻んできた人たちや今刻んでいる若者を小馬鹿にしているようで、あんまし好きじゃない。でもこの小説は「厨二病」真っ盛りの女の子を主人公に据えた、厨二病物語である。

    命をないがしろにしない程度に厨二病をしっかり病んでおくのはいいことだと思う。「あれはカッコ悪いことだった」と身にしみるぐらいしっかり経験しておかないと、エエ大人になっても病の発作が現れる。そのカッコ悪さ、みじめさときたら、どうしようもない。エラそうに言うが、これ実は経験談である(反省)

    これを思春期のヤツに言ってしまっては身も蓋もないが、青春時代なんて大人が言うほど美しくもエエもんでもない。青春時代を美化した類の文章や歌やテレビやなんやかやは、彼が苦しまないように「君ら、今楽しいねんで」と情報操作している餌みたいな部分もある。でもそうやってだましだましでも思春期を乗り越えないと、こじらせてしまうと大変なことになるので…

    こじらせてしまう前の思春期も、こじらせてしまった大人も、一度この本読んで厨二な自分を恥ずかしがっておこう。読んでる最中尻がむずむずしたり、走り出したくなるくらい恥ずかしかったりするかも知れないけど、その症状が出たら薬効?が出ている証拠である。

  • 女ってわかんないな
    仲間外れにしたり、仲間外れにされたりしながらも結局ずーっと友達を続けてるなんて歪んでる

    友達の有無やヒエラルキーが世界の全てな思春期
    下手すると大人になっても続く習慣

    この主人公は本当に死にたいって最初から思ってない
    徳川はイライラしないのかな
    好きだから趣味が合うから付き合えるのかな
    僕だったらイライラする
    だいたい殺してってなんだ
    死ぬ責任を他人に押し付けるなんてはじめから死にたくないじゃん
    僕は死にたい死にたいと言う奴らが大嫌いだ
    死にたいって言う奴らの大半は現状に不満があって、だけど不満を解決する努力もなくその中で生活することをよしとしてる連中だ
    もちろん虐待とかそういうのは違うし全てが全てそうではないけど、大半が努力してない
    だから嫌い

    僕がそうだった
    死にたかった
    努力はしてるつもりだったけど、いつも誰かに依存してた
    努力はしてたんだ
    でも死ぬことと天秤にかけられるほどの熱意があったか
    努力の方向も間違えてた気がする

    死にたかったときもメンタル弱い奴らは嫌いだったけど
    今はもっと嫌い
    みんな何もしないで愚痴ばっかりだ

    死にたいくらい嫌ならその場所から逃げたらいいとも思う
    中学生は無理かもしれないが高校からは選択に入ってくる
    なのにみんな考えないんだ
    大人になっても考えない奴らばかりだ

    思春期は色々ある
    女は面倒くさい
    思春期の女の鬱屈が詰まってる作品だ

  • あるある中2ネタで始まったかと思ったけど、思いがけぬ終わり方だた。ああ、そうなの?初耳って、一部ついてけないけど。
    中学生らしいあるある。だけで終わらないのがよかった。
    所々もう少し感情の起因を知りたい箇所があった。

  • 面白かった!

    クラスの地味な男子たち、昆虫系男子。
    自分以外はこんなこと考えてもみないだろうと思ってしまう中二病思考。
    女子たちのスクールカースト。

    一気読みしてしまう展開と、読後感の良さが◎

  • 辻村サンはホントに女の子のドロドロしたのを描くのが上手い。
    自分の中学の頃を思い出して嫌な気分になった。
    きっといつの時代もあの頃の女子はああなんだろう。。
    芹香と倖にムカムカしてたからアンには事件をやり遂げて欲しいと思った。
    でも青春小説だし、そうはならならないと思ってたのでラストがとても気になった。
    辻村サンの作品の中では好きじゃないタイプの話だなーって思いながら読んでたけど、ラストまで読んでストンと心に落ちた。
    やっぱり辻村サン好きだ。

  • 中学2年という思春期真っ只中の二人の男女が主人公の物語。単純で可愛い恋愛ものではなく、彼らの所属する家庭、学校、クラブなどが彼らの世界のすべてではないことに気付かず、教室内のヒエラルキーにもがき苦しむ日々。そこから脱出して他人と違う自分を見出すためそれまで同じクラスにも関わらず口もきかなかった同級生に「私を殺して」と依頼する少女。少年の方もそんな依頼に慄くこともなく「いいよ。いつにする?」と軽やかに請け負う。そうして二人の「殺人の記憶」が1冊のノートを埋めつくす。
    いわれのない中傷やつらいばかりの毎日を終わらせるために彼らが迷い込んだ世界は死をもって昇華できるのか?
    読み始めたら物語に引き込まれ、あっという間に読み終えてしまう。そしてその後にいろいろ考え込んでしまう深い深いテーマをもった小説だ。

  • 途中チヨダコーキが一瞬話題に上る。

    ザ中二病的な恋愛小説。
    死にたい、殺してほしいって、中高時代は本当によく思ってたので、苦々しい気持ちで当時を思い出しながら読んだ。

  • 主人公の思想に似た厨二を生きた私はまるで自分の黒歴史を見せられた気分で、重ぐるしい空気までありありと感じました。息苦しさに読み終えたら即売ろう、と思っていたら結末の美しさに心を奪われました。してやられてしまった。 大人になっても学生時代と変わらぬ人間関係の世界に思い悩むんだと今の自分が体現しているように、彼女は今を「余生」と言えない毎日を一歩ずつ、しかし十代のころよりずっと早いスピードで生きていくのだろうと思うとまたさらに感慨深い。ノートの余白、旅立ちと再会。とても夢があった。 解説がオーケンさんなのがすき。

  • 解説にある "中二病どうしの恋はかくもまわりくどい" が言い得て妙。

  • つらすぎて、途中で放棄

  • オーダーメイド殺人クラブ
    辻村深月


    いつものようにブックカバー付きで貸してくれたので、あらすじもジャンルもノーチェックでとりあえず読んでみよう、って一枚ページを捲ったら、

    冒頭、
    「これは、悲劇の記憶である。」
    なんて書いてあるから、

    あ、ミステリーね。
    なんて思って読み進めて、からの衝撃ラスト。
    月並みですがいい意味で裏切られました。
    勝手に胸くそ系かと思っていたので。

    このレビューすらイタイ気がして気がひけるけど、とりあえず、久しぶりの読書再開記念ということで。

  • 2016.5.1読了

    まさに字の如く、中2のアンの中二病のお話。

    大人になった今、ああイタイなーって思いながら読み進めた。けれど、自分が中学生だった頃も同じように、学校と家の狭い世界が全てで、他人からの目が気になりすぎて息苦くて、逃げ出したくてたまらなかった。この年齢特有の不安定さと自意識過剰なところ、他人事とは思えなかった。

    全部読み終わった後に、好きな人に殺して欲しいと頼まれた徳川は、どんな気持ちだったんだろうと思った。死にたがるアンを止めたくて、死ぬってこんなに残酷なんだキレイなものじゃないんだって事を伝えたかったのかな。自分も辛いのに甘えるなって気持ちもあったのかもしれない。何でもいいからアンと繋がっていたかったのかも。
    それにしても、河瀬の事嫌いと言った徳川、愛おしすぎる。

    痛々しくて、臆病で、必死にもがいている登場人物たち、みんな抱きしめたい。
    最後には色んなものが昇華して清々しい気持ちになった。さすが辻村さん。

    チヨダコーキがチラっと出てきて、めちゃテンションあがりました 笑

  • ツラいなー。中学生という時代は、中二という立場は、14歳という時間は、斯くもツラいものだったか。読み進めるごとに、状況は違えど当時の自分にとっての「世界」を思い出す。しかし、さらに女子はこんなにも過酷な世界に生きていたのか?もちろん小説だから誇張はあるのだろうが、ワシでも直面するには厳しい環境の変化に唸ってしまう。そして本作は、そんな中を、死ぬために生きていく青春小説だ。今なら「逃げる」という手段を知った大人が、その手段を取れなかった時期に改めて触れることで、周囲や子供への接し方が変わるかも。

全137件中 1 - 25件を表示

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)に関連するまとめ

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)はこんな本です

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)のKindle版

オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)の単行本

ツイートする