ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

  • 1232人登録
  • 3.82評価
    • (80)
    • (148)
    • (108)
    • (14)
    • (3)
  • 115レビュー
著者 : 原田マハ
  • 集英社 (2015年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087453270

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 巨匠と呼ばれる画家達を、身近な人からの目線で語ったお話。

    絵画の素養のないせいで、画家の名前が挙げられてもどんな絵を描く人なのか分からず、絵の名前が出て来てもどんな絵か分からなくてグーグルで検索する始末…
    天才と呼ばれる画家達も、普通の人のように悩み苦しんで、家族と揉めたりしながら制作をしてたってところは良かったのですが、「そうやって描かれた絵があれなのか」などと思い描けない分なんとなく楽しみ切れなかった気がします。

  • おもしろかった。世界的作品にまつわるストーリーが、とてもリアルに感じられて入り込むことができました。ただ、楽園のキャンバスを期待して読んだので、少し入り込みがわるかったかな。
    でも、よかったです。

  • 流し読み。登場人物は外国人ばかりなのに外国人らしさをまるで感じられなかった。キャラの価値観がおしなべて画一的。文体も退屈で好みではなかった。
    ラストページの参考資料欄にあるような引用元の画家の書籍関連を直接読んだ方がおもしろそう。

  • マティス、ドガ、セザンヌ、モネにまつわるそれぞれの物語。しかもその人の出てくるものもあれば、本人はまったく登場しないのに、その人の輪郭の見える作品もアリ。ステキ過ぎる。アートがさらに好きになる。

  • マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、モネ…印象派の画家たちを、使用人や友人、知人(ゴッホの絵で知られるタンギー爺さんの娘とか)、家族など近くにいた人たちを通して描く短編集。
    モノローグだったり書簡集だったり普通の小説風だったりと、形式もいろいろで面白く読めました。

    「冬の日だまりと夏の真昼ほどに違うふたりの芸術家」、マティスとピカソ。対照的なふたりの交流の描写がとても味わい深い『うつくしい墓』。
    繊細で美しい絵を描くモネが意外なほど逞しく男性的に描かれていて、時系列をぴょんぴょんと往き来しながら進むストーリーに少しドキドキする表題作『ジヴェルニーの食卓』。
    このふたつが特によかったです。

    それぞれの短編に違った雰囲気があって、読んだ後にしっかり余韻が残る感じがありました。
    これを読む前に『本日はお日柄もよく』を読みましたが、断然こちらが好き。さすがマハさんだなと思いました。

  • マティス、ドガ、ゴッホ、セザンヌ、モネ。印象派の画家達に寄り添った人々が画家達と過ごした、困難を伴いつつも、追憶の中で煌めく日々。絵や画家達を愛おしむ著者自身の気持ちも託された読み心地のよい良書である。豊かで、切なく、しみじみ。また、元キュレーターであった原田マハのこの系列の本が読みたい。

  • マティスがいなければ、ピカソがピカソにならなかった。
    それほど、影響力があったマティス。
    長生きだったマティス。
    マグノリアのマリア。マグノリアと一緒にもらわれてしまう。
    マティスのまわりで働いているヒトは、みんなマティスが好きなのだ。
    マティスの日常生活が 美意識によって、支えられている。
    マティスは 切り絵に 到達して、
    切り絵によって 表現しようとする。

    エドガードガ。
    踊り子が 有名である。
    どんな風に 踊り子をとらえるのか?
    2次元で 動 を表現しようとした。
    そのために、14歳の踊り子を 裸にして
    その動きを とらえようとする。
    それまでの 絵は 静止したものを表現したにすぎない。
    ドガは 大きく変えたが 評価されなかった。

    タンギーおじさん
    ゴッホのタンギーおじさんは見たことがあった。
    そのころの セザンヌへの タンギーおじさんの娘からの手紙。
    赤貧洗うが如しだったのだ。
    絵が好きで、なによりも若い画家たちが好きだった。
    それにしても、その頃に 日本の浮世絵が
    若い画家たちに、影響力があったのが 嬉しい。

    モネ
    睡蓮を描き続けたモネ。
    大きな食卓で みんなで食べることが好きだった。
    アトリエは 青空と草原。
    自然をこよなく愛する。

    4人の画家のニンゲンが 浮かび出てくる。
    なんと言う、筆力となんと言う 調査能力。
    人間像を うまく つくりあげていく。
    いやはや。原田マハのすごさよ。

  • マティス、ドガ、セザンヌ、モネの史実に基づいたフィクションとありましたが、どこまでがフィクションなのか分からず、もっと知りたくなりました。ただ、どれもストーリーに大きな動きがないので、3人目から疲れてきてしまいました。。。もう少し余裕があるときに再読しようと思います。

  • この作品はフィクションである。
    フィクションでありながら、私は久方ぶりに本の中のリアルを味わった。
    夏の溢れる日差し、花の香り、美味しそうに焼けたチキンの香り、指先が凍りそうな真冬の空気……あぁ、本の中に入れたら!
    よく知っていた筈の画家たちの、見たことのない一面が、まるで目の前に居るみたいに描写されている。
    また読み返したい。

  • 色がみえる
    光がみえる

    異国の、時代も知らないその場所がみえる


    しがらみも理性も無視して、
    惹かれるがままに。

    自分で選ぶことが、すべての赦しなのかな。
    そんな作品。

  • 4つの物語からなる芸術家たちの短編集。フィクションだがフィクションとは思えないような、リアリティーのある人物描写。今まで全く知ることのなかった、画家たちの作品への情熱、葛藤、人々との関わり、心の温かみを感じることができ新鮮だった。

  • 印象派の画家たちを描いた短編集。
    どの話もいいけど、やはりモネはいい。

  • ピカソ、ドガ、セザンヌ、モネと
    4人の画家が登場する短編集。

    もちろんフィクションである。

    しかし、あながち全てが作り話とは思えない。そんな信憑性があるんだよ。そう、これが原田マジックなんだな(笑)

    ノンフィクションを読んでる気分になる。ほんまかーー!って感じにね。

    思わず、絵画に興味が湧くね(^-^)/

  • 原田マハさんの作品は軽いタッチの文章でとても読みやすいのだけど、内容は濃いし、いろいろと勉強になる。
    マティスのお話に始まり、ドガ、セザンヌ、マネ! 好きな作家ばっかり~。たまらんね、こりゃ。
    マティス:部屋の調度品の置き方や角度にまで気を配る人であったとは。修道院、ロザリオの礼拝堂…ああ、どんなところなのだろう。
    ドガ:14歳の少女の等身大の彫像…
    セザンヌ:タンギー爺さんの娘がセザンヌ宛に書く手紙で構成される。エミール・ゾラの「制作」という本が出て来るけど、フィクションじゃないんだね、ほんとなんだね。調べたら岩波文庫から出てた。
    モネ:複雑な家族事情があったのですね。知らなかった。

    最初のマティスのお話が面白くて、読み終えたとき、終わってしまって残念!と思ったのだけど、次のお話も、また次のお話も…
    結局どれもとても面白くて、興味深くて、たっぷり堪能できました。

  • いま、私やあなたが見た、あの絵画の物語。時代、日常、空気。情熱、執念、衝動。それがもし、目にできていたとしたら。絵の感動に言葉はいらなくても、この本の言葉は、あの絵を見た感動を一層高揚させてくれる。眩く暖かく少し懐かしく。

  • 芸術家たちは、いとも簡単に独自の表現にたどり着いたように錯覚してしまう。
    しかし、実際には、独自の表現というのは並大抵の気持ちでは会得することはできない。とくに、絵とはこういうもんだとフィルタのかかった状態出いればいるほど、新しい表現は生まれない。
    様々な批判もあったろうし、金銭面でも苦労して来た人もいる。誰かの手を借りなくては完成できなかった絵もある。
    ひとつの絵を描くためにも相当なエネルギーが必要だ。巨匠たちの苦難と情熱がこの作品を通して感じられた。

    モネ、ドガ、マティス、セザンヌといった、印象派の巨匠たち。
    どうしてこんな絵が描けるのだろうと思わせるものばかりを残しているが、彼らを第三者の目からみた短編集が本書。
    絵は好きだけど、描いている人のことはあまり知らなかったので、どれくらい事実が入っているかなどは判断できないが、「絵が描けない」といった時期があったり、周囲から奇異の目で見られたりと、巨匠たちも人間だと知らしめるお話しが多かった。

    個人的にはメアリー・カサットの視点から見たドガを描いた「エトワール」が好き。
    「瞬間」を描くというドガが深い関心を向けていたバレエダンサーをめぐる話。かなり妖しくてドキドキする場面もあった。

  • 絵画を見るとき、この人は何を想って描いたのかなって思う気持ちがずっとあって
    きっとこの作者も同じ気持ちだったんじゃないかなって。

  • マティスの絵は初めてみた時は衝撃だった。
    (何せ若かったし、だいたい観るもの聴くもの簡単に衝撃を受けてたけど)
    これがフォーヴィスム!ふぁああ〜なんて感じで。
    そして20代にオランジュリー美術館でみた
    モネの睡蓮の作品の大きさと数にも圧倒され、
    睡蓮すいれん〜ステキ!!となってた。
    若い頃と違って最近は
    美術や音楽や読書であの時のように作品自体に
    ただただ感動することがなくなったように思うけど、
    この本を読んで、
    作品の中のモノや作家の人間性や生活、時代背景など
    また違った思いを感じて
    観れるんじゃないかと思った。
    「タンギー爺さん」なんて「タンギー爺さん」って人なんだなって
    しか思ってなかったし
    「タンギー爺さん」が画家とどういう関係
    だったか知るだけで「タンギー爺さん」の表情も違って見える。
    踊り子の裏暗い感じや
    マグノリアの花瓶や
    とにかく全体の一部として
    さらりとみていたものが
    愛おしくなった。
    なぜセザンヌの静物がセザンヌの絵にしか見えないのか、とかも
    わかった気がする。

  • 現物の絵を見たくなった。人に対して進めたい一冊

  • ハズレがない原田マハ作品。
    今回も印象派の画家4人の物語だが、ただの伝記ではなく、近くにいた人をベースにした面白い切り口の作品。

    彼らの作品を見たときには、また違った目線で見てみたい。

  • 鮮やかで、美しい風景。
    この小説自体が、美しい絵画を観ているような気分にさせてくれる。

    芸術やなんかには疎い私でも知っている4人の画家の、近くにいた人物の目線で語られる話たち。
    切なかったり、暖かかったりするんだけど、どの話もなんとなく優しくて、それは、登場人物が「巨匠」たちを見守る眼差しが優しいからなんだろうな。

  • 美しい墓 グッド!
    マティスとピカソ、ふたりの芸術家の対比の描写が素晴らしい
    ふたりが立て続けに死んでしまうあたりもかなしくてよい
    最後はちょっと希望の差す終わりかた。
    幸福の箱とかマグノリアの花とか……
    芸術家ってなんなんでしょう、という台詞に共感した
    マグノリアの花って、木蓮とかコブシの総称なんだと初めて知った。

    どの短編も素晴らしかったです。芸術家への憧れに溢れていて、ちょっとものかなしい。
    美術ファンなら楽しめるはず。

  • マティス、ドガ、セザンヌ、モネ。
    「印象派の巨匠」とよばれた4人の画家。
    彼らにそれぞれ1編ずつストーリーが与えられる。
    ストーリーの語り手は、巨匠たちをいちばん近くで見つめつづけた人物たちで、その眼差しはいずれも愛情に満ち、どこまでも優しい。

    彼らから語られる巨匠たちは、偉大な芸術家である前に、ひとりの愛すべき人間として描かれていて魅力的。

    小説なのでフィクションだけど、史実がおりまざっているからそことの境界が曖昧で、それもまた物語にリアリティーを生み出している。
    美術に造詣の深いマハさんだからなせる技。

    本を閉じたあと、心にぽわっとやわらかな光が灯る、そんな小説。

  • 2016.8.12読了
    印象派の画家がどういった暮らしぶりをし、何を考えてカンヴァスに向かっていたのか。孤独だったのか仲間に慕われていたのか。
    これまで作品を観るだけで満足していたけれど、画家の人となりが描かれていて興味深く読めた。

  • 単調なく短編も見られたが、タイトルにもなっているジヴェルニーの食卓は素晴らしい。
    現在と過去が交互に出るストーリー、現在と過去での調子の反比例、最後に未来に収束していく展開は、綺麗にまとまっており、原田マハの知識も遺憾なく発揮されている。
    間延びした短編もあったため星3つ。

全115件中 1 - 25件を表示

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)の単行本

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)のKindle版

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする