ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)

  • 203人登録
  • 2.76評価
    • (2)
    • (10)
    • (23)
    • (20)
    • (4)
  • 24レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 集英社 (2016年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087454208

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろんな処に書いているので、繰り返しになるけど、宮部みゆきと私は同い年です。そういう縁と、根っからのSF、ファンタジー、時代モノ、推理小説ファンとして、彼女の書いた作品で、文庫になったモノは片っ端から読むというのを、私の人生ルールとして来ました。彼女との好みはいろんな処で共通しているのだけど、当然のことながら、違う部分もあります。私は考古学が大好きで、平和運動にも入れ込んでいるけど、彼女は政治を描くのは苦手です。そして私がやったことが無い★★★が大好きと来ている。それでも、ファンタジーに模してその経験を活かした作品や、その世界観にヒントをもらいながらも本格SFになった作品は、楽しんで読ませてもらいました。何が言いたいかと云うとごめんなさい、このシリーズ、あと四冊あるのは知っているけど、ここで打ち止めとさせていただきます。こんなことをわざわざレビューに書くのは、マナー違反だとの意見は承知の上です。「よくないね」をたくさん押してもらっても仕方ありません。でも★★★の舞台裏小説は、当然のことながら★★★のことを少しでも知っておかないと、どうしてもその世界に入り込めないんです。最後まで乗れませんでした。このペースのまま読むのは苦痛である、と判断しました。いろんな処に散りばめられている「楽屋落ち」描写は当然面白かったですよ。だから、★★★をたくさんやって来た、この読者の(推定)9割の人たちは愉しめること間違いないです、ハイ。

  • パッケージ買いした本

    ミステリー小説のイメージが強い宮部みゆきさんの作品でしたが
    「あぁ、この人ゲーム好きなんだな」とすごく感じる作品です

    ゲームやら洋画のネタがわんさか出ます

    ラノベ感覚で読めたので、小説をあまり読まない方でもすぐ読めちゃうと思いました

    早く続き買おう・・・(´・ω・`)

  • 作品雰囲気が面白そうだったので購入
    文章のノリでちょっと失敗だったかなぁと後悔
    自分自身ゲームが好きだし知ってるネタがあれば少し嬉しくもなるけど
    最後までこんな感じで他作や作者が闖入してくるのかぁと思うと…w
    さすがにこの作風はボツでは…と思った辺りで、
    もしやこんな感情を抱かせることこそが作者の思惑なのでは?!と思い始めた

  • いつもはシリーズを読みきってから纏めてレビューを書くけど、これは一冊づつ書いてみようと思う。

    作者がノリノリで書きたいものを書きたいように書いている、その楽しい気分が伝わって、読んでいるこちらも楽しくなる。
    幸い、私もゲームをする人間なので散りばめられたネタに、とりあえずは楽しく付いていく事ができる。
    今後、物語がどう展開していくのか、非常に楽しみ。

    ただ、所々、情景描写が脳内で上手く出来ないことがあって、宮部作品ではあまり無いことなので珍しいなと思った。

  • 良くも悪くも読みやすい。
    そんなに本気になって読むものではないけど、気楽に読めるから時間潰しには良いかも。

  • 宮部みゆきはゲーマー(いや、ただのゲーム好きかな?この本の帯には「ゲーム女」って書いてありますね)です。それだけではなく、ゲームの原作「ブレイブ・ストーリー」(読了していますし、ゲームもクリアしています)や、ゲームのノベライズ「ICO-霧の城-」(読んだことがありませんが、ゲームはクリアしています)のような作品もあります。

    そんな作者の「NEWファンタジーシリーズ」(表紙裏です)ですから、みんな期待したのではないでしょうか。また、「ブレイブ・ストーリー」みたいな作品が読める、って。

    でも、扉でいきなりひっくり返されます。「・本作品は、確実にこの世界ではない世界を舞台にしていますが、ほぼ確実に正統派のハイ・ファンタジーにはなりません。ご了承ください。」なんて書いてあります。

    肩の力を抜いて読めってことだな、と読み進むと、地の文や、あまつさえキャラクター達の会話にも、ちょくちょく「作者」が顔を出します。宮部みゆきにしては珍しいけど、もしかしたらラノベを書いてみたかったのかな、なんて思いながらさらに読み進むと、地の文の作者が暴走を始めて、自分のゲーム体験を語り始めます。

    もしかしてもしかしたら、作者はゲームに関するエッセイを書きたかったのかななんて思いました。
    宮部みゆきって、エッセイとか随筆とかの作品はあんまりありませんものね。正面からゲームを語るのはちょっと気恥ずかしいので、ファンタジーの体裁を借りたとか…。そんなつもりがあったかどうかはともかく、いまのところそんな風に読めてしまいます。

    で、残念なことに、作品としても冗長、エッセイとしても冗長です。作品としてはちょいちょい入る作者の自分語りが、そしてエッセイとしてはファンタジー部分が、不要じゃないかななんて思ってしまいます。

    作者は「ボツネタを集めただけって最初に言ったじゃん」って開き直っちゃうのかもしれませんけれどね。

  • ゆるーく読める。宮部さんがこんなの書くとは驚き。

  • 初読。「私的三浦しをんフェア」が終わったので、積読本にとりかかろうと手に取った。多少の危惧はもちろんありましたよ。でも、予想以上にダメでした。私には無理。宮部さんは書いていて楽しいんでしょうが、ここまでの崩しについていけない。このまま続けて読むのはダメージが大きいので、とりあえず他に逃げて、また回復してから2巻にいきます。

  • まさにボツコニアンだった!宮部みゆきさんの作品の中でちょっと退屈な作品でした。

全24件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)に関連する談話室の質問

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ここはボツコニアン 1 (集英社文庫)の作品紹介

〈ボツネタ〉が集まってできた、できそこないの世界〈ボツコニアン〉。そこをより良い世界に変えるため、双子の「長靴の戦士」ピノとピピが立ち上がる! 宮部みゆきのNEWファンタジーシリーズ開幕!

ツイートする