オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)

  • 331人登録
  • 4.05評価
    • (31)
    • (50)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 小路幸也
  • 集英社 (2016年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087454307

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青の映画がいよいよ公開されることに。東京下町の古書店〈東亰バンドワゴン〉には、本日も訳ありのお客がやってくる。ある作家の棚の前で涙をこぼしていた女性。実は高校生のときに学校の焼却炉で何冊もの本を黙々と処分していた少女だという。いったい彼女に何があったのか、気になる堀田家の面々。「LOVEだねぇ」が沁みわたる、やさしさと温かいおせっかいに満ちた、人気シリーズ第9弾!

  • 安定の、堀田家の面々の優しさ
    安心して読んで入られます
    この本、まだ続いているけど、ずっと読み続けるんだろうな

  • 第9巻もこれまでの登場人物が再登場し、
    新しい登場人物も入り乱れて相変わらずにぎやか。
    (そろそろ一から読み返さないと
     曖昧になってきた部分あり…。)

    食卓の風景はかんなと鈴花の自我も芽生えて
    雰囲気がマイナーチェンジ。

    かんなと鈴花の遊び相手が登場、
    木島さんも腰を落ち着けられそうで
    文化文明に直接かかわらない諸問題も含めて
    滞りなく解決していく。

    一見、予定調和で都合よさげに書かれてはいるけど、
    大家族であるからこそ色んな世代の問題の
    受け入れ体制を作られるんだよってことを
    具体例交えて上手く書かれている。

  • 古書店を営む家族の話。9作目。

    おチビちゃんたちよりも花陽ちゃんと研人くんの大人ぶりに驚く。
    もはや親戚のおばちゃんな感覚。

    小路さんの本はいつでも温かくさせてくれる。
    しあわせな家族はいいな。

  • 円熟味が増してきた。
    ミステリー寄りから人情話に。
    見事な起承転結。

  • 小路幸也著「東京バンドワゴン オール・ユー・ニード・イズ・ラブ」
    いつもの通りの人情ミステリー(なんて単語は無いでしょうが)。
    古本を売ってお菓子を買おうとする小学生の少女、父親の著作本を燃やす女性、我南人の幼馴染が認知症?高校にはいかずロンドンで音楽の修行をしたいと言い出す研人。相変わらず堀田家に降りかかるゴタゴタ。しかしいつもの通りそれぞれに心温まる解決策が待っていた。

  • 東京バントワゴンシリーズ。
    相変わらず登場人物いっぱいで思い出すのに苦労する。
    子供たちが大きくなっててビックリ。
    このシリーズ読むと、やっぱり古本屋開きたくなるなぁ。

  • シリーズ9作目

    これの前に読んでたのが土橋真二郎で気分が殺伐としていたので、ギャップでなおさらほのぼの感を感じる

    うちの娘が今4歳なので、かんなちゃんと鈴花ちゃんの様子が容易に思い浮かぶ
    最初に知ったのはドラマなので、他の登場人物はドラマのキャストに影響された想像をしてしまうけど、ドラマに登場しなかった人はどんな想像をしようが自由だ
    それに花陽ちゃんも研人くんも成長しているので、そのギャップを埋める必要もあるしね

    安定のマンネリとして今後も楽しみです

  • 安定の面白さとブレなさ。
    早くも第9冊目。

    面白いとか以前に、もはや年に一度読まなくてはならない風物詩的な感じ。
    登場人物やエピソードに忘れている部分も多いため、どこかのタイミングで1冊目から読み直したいと思う。

  • 近所に住みたい。大好きな家族。

全33件中 1 - 10件を表示

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)のその他の作品

小路幸也の作品

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)に関連するまとめ

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)はこんな本です

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)の作品紹介

青が出演した古書店が舞台の映画が公開に。中学3年生の研人はイギリスに行きたいと言いだした──。相変わらず賑やかな堀田家。10周年を迎えた第9弾!(解説/ときわ書房本店 宇田川拓也)

ツイートする