家康の母お大 (集英社文庫)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 植松三十里
  • 集英社 (2016年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087454840

家康の母お大 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙に惹かれて読んでみました。

    武士というのはめんどくさい。
    という言葉で片付けてしまってはあれですが
    武士、家、血筋、
    下らないとしか思えません。
    …ってその時代の作品に言ってもどうしようもない感想ですが;

    たったひとつの言葉で未来が変わるかもしれないという
    スケールの大きな話でした。
    言葉が人を殺す、言葉は凶器という言葉はよく聞くものですが
    言葉が人の人生を決めて未来を拓く…
    もし親が、大人が、子供にそんな力のある言葉を贈る事が出来たらこの国はどうなるだろう、と思いました。
    言葉だけでなく状況、その時の感情にもよるでしょうが。
    人生の指針になるような言葉を贈れたら素晴らしいだろうな、と思いました。逆に贈られていたら違った人生になったかも?(笑)

  • 天下人 家康の母 お大。
    水野忠政の娘お大は、14歳で、岡崎城主 松平弘忠ヘ嫁ぐ。
    仲睦まじく、竹千代を授かり、幸せだったのに、水野の実家が、織田方へと寝返り、お大は、涙を呑んで、竹千代とも別離し、実家へと戻る。
    家康の人質の話は、よく本で、目にするが、母親のお大も然り。
    全国統一を、我が手収めようとする武士たちが、陣取り合戦の中、翻弄される女、子供たち。
    戦いの無い世の中へと願う気持ちを母と、幼くして別れた母の思いと願いを家康は戦乱の世の中を治めていく。
    確執のあった兄妹の信元とお大の仲も、雪が解けるように、相手の立場になって気持ちがくみ取れるようになる。
    お大と再婚相手の久松佐渡の守俊勝の情愛あふれたつながりも素敵だ。

    植松三十里(みどり)氏の本を読んだことが無かったが、歴史小説が、面白く感じたのは、人物造形の表現の豊かさであろうか?

  • 2016.10.24

全3件中 1 - 3件を表示

植松三十里の作品

家康の母お大 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

家康の母お大 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

家康の母お大 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家康の母お大 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

家康の母お大 (集英社文庫)の作品紹介

水野忠政の娘お大は、松平広忠に嫁ぎ家康を生むが、離縁され久松俊勝に再嫁。しかし、陰から家康を見守り、武士としての成長を支えた。家康を天下人にした慈母の波乱万丈の生涯。(解説/伊東 潤)

家康の母お大 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする