スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)

  • 188人登録
  • 3.65評価
    • (9)
    • (25)
    • (17)
    • (1)
    • (3)
  • 23レビュー
著者 : 友井羊
  • 集英社 (2016年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455052

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吃音のある主人公が、謎解きをしていく話。
    スイーツ男子(イケメン)、保健室女子(美人)、かわいい後輩(女子)など。
    どれも読みやすくて愛があり、面白かった。
    『スープ屋しずく』のようにこれもシリーズ化したらいいな。

  • スイーツに纏わる日常の謎。
    複雑ではないんですがミステリメインな印象。
    主人公の菓奈は引っ込み思案ではなく、かなり図太い感じに見えました。

  • 引っ込み思案で吃逆がある主人公が

  • 引っ込み思案の女子高生・菓奈が好意を寄せる
    真雪は、お菓子作りが得意なスイーツ男子。
    ある日、真雪が保健室登校を続ける悠姫子のために
    作ったチョコが紛失して…。青春ミステリー。

  • <スイーツ片手に推理をはじめよう>
    どの短編もおしそうなスイーツ続々,不思議な謎が続々.
    そして驚きの最終話.
    個人的には悠姫子さんにもっと秘密を...
    コンヴェルサシオン,食べてみたい.

  • お菓子の材料はちょっとした違いで化学反応が全然変わるから、なぜ失敗したかの原因追求=謎解きに結びつけやすい。お料理好きな人にはあるあるネタもあるのかな?甘いけど毒もあるかわいい青春もので面白かった。

  • タイトルと章の表紙が本当に美味しそうだった。アニメチックな表紙を何とかならないのかしら。

  • スイーツ×日常×ミステリが面白い

  • 【収録作品】チョコレートが出てこない/カトルカールが見つからない/シュークリームが膨らまない/フルーツゼリーが冷たくない/バースデイケーキが思い出せない/クッキーが開けられない/コンヴェルサシオンはなくならない/マカロンが待ちきれない 
     吃音があるため引っ込み思案の少女がお菓子づくりを通して理系の知識を活用し、謎を解く連作。謎解き自体はお菓子づくりに詳しくない者にはふーんとしか言いようがないが、常識の範囲で想像がつくものもある。対人関係に不器用な彼女たちを見守る視線が温かいがベタ甘ではないのがよい。

  • この著者は本当にお気に入り。
    今作も派手な大技はないけど、全編通してバランスよく気が利いてるという印象。おもしろくて優しかった。

    そして美味しそうだった(笑)

全23件中 1 - 10件を表示

友井羊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)の作品紹介

このミス大賞優秀賞受賞作家・友井羊が集英社文庫初登場! 吃音があって引っ込み思案の女子高生、菓奈が周囲の事件に絶妙の推理力を発揮。お菓子作りの科学を利用したミステリー。(解説/青柳碧人)

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)はこんな本です

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする