GO!GO!アリゲーターズ (集英社文庫)

  • 27人登録
  • 3.23評価
    • (0)
    • (3)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 山本幸久
  • 集英社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455243

GO!GO!アリゲーターズ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野球好きにはたまらない本ですね。
    本当に野球が好きな登場人物。
    野球ってこんなに良いものなのかな。

  • 私がお仕事小説好きになったきっかけは、この山本幸久さんです!
    読んでて楽しくなるし、大きな事件は起きないものの、主人公の悪戦苦闘さや個性豊かな仲間たちとのやり取りはいつもユーモアに溢れています。
    そして読み終わった後は清々しい気持ちに!
    今回は球団マスコットの中の人という読まずにいられない設定で楽しませてくれました!

  • 球団のマスコットアリーちゃんの中の人茜。
    球団アリゲーターズのメンバーがそれぞれに個性的で楽しい。
    ま、エロ監督&3老人だけは除く、だけど。
    ばついちの茜と子供の関係も微笑ましい。
    弱小アリゲーターズが、変わっていくのも嬉しい。
    元気になれる。

  • 書き下ろし短編を目当てに本編も再読。
    やはり野球好きにはぜひ読んでほしい作品。
    ただこの作者の作品全体に言えることだけど、どことなく無能な人を小馬鹿にしている描写が目立つなあと思う

  • 終始軽い文体で読みやすい作品でした。
    ただ芹沢の11球団も渡りあるいた設定は現実離れしすぎていると思うのですが、過去には実際にそういう選手もいたのでしょうか?
    全体的には面白く読めたので作者の他の作品も読もうと思います。

  • バツイチシングルマザーの主人公の仕事は弱小独立リーグの球団マスコット、ワニの「アリーちゃん」の「中の人」。
    個性的なチームの面々と主人公の成長していく姿が伝わってくるお仕事小説として楽しめる作品。
    実際の独立リーグの取材が綿密にされていることがわかる内容で楽しめる内容だった。

  • 山本さん=お仕事小説ですが。。
    一気に勢いで読ませてしまう。そんなノリが山本さんの持ち味だと思うのですが、今回はどうも乗り切れなません。
    例によって賑やかなキャラが周りにいて、色々としでかしてくれるのですが、どうも主人公が大人しい。自省的。そのせいで中心部だけ波風が治まって居るようで弾んで来ないのです。結果として、各節の終わりに置かれるいつものオチ的文章にも切れが感じられませんし。
    まあ、悪くはないのですが。

全7件中 1 - 7件を表示

山本幸久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 幸久
有効な右矢印 無効な右矢印

GO!GO!アリゲーターズ (集英社文庫)の作品紹介

離婚後、地元の弱小球団アリゲーターズで働きだしたシングルマザーの茜。球団マスコットキャラの「中の人」として、個性的すぎる選手たちと一緒に奔走し……。愛と勇気のお仕事小説。(解説/美奈川護)

GO!GO!アリゲーターズ (集英社文庫)はこんな本です

GO!GO!アリゲーターズ (集英社文庫)のKindle版

ツイートする