ブクログ大賞

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)

  • 192人登録
  • 3.90評価
    • (13)
    • (32)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 小路幸也
  • 集英社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455670

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 東京バンドワゴンシリーズ。家族だけではなく取り巻く登場人物もますます増えて、にぎやかに楽しく。

  • 東京バンドワゴン 10冊目

  • 毎年の恒例、東京バンドワゴンシリーズ。
    いつも前巻の内容をうろ覚えで登場人物紹介だけでも把握するのに時間がかかる。
    内容はいつもの通りほっこり人情もの。お約束を破らずに安定の雰囲気を出し続けるのも傑作の条件。
    マンネリを感じなくもないが、それを言うのは野暮と思わせる作品。

  • テンポ良く楽しい会話文と読みやすい内容ですいすいと読める。
    お馴染みのキャラの成長も楽しく、人情味あふれる物語が暖かい。
    躓いてしまった人への救済が優しくて、もう一度と頑張る力になるのが分かる。

  • 明治時代から続く古本屋を舞台にした〈東京バンドワゴン〉シリーズは、皆様に愛されてついに第十巻目!さて、今回のお話は、真夏の幽霊騒動、そっと店に置き去りにされた謎の本をめぐる珍事、そして突如湧き起こる我南人引退危機!?や研人の高校受験の顚末など、笑いと涙の全四編。堀田家恒例の全員勢揃いの騒々しい朝食シーンや、初公開の堀田家の正月もお楽しみ。結局、「LOVEだねぇ」!

  • 201704/毎回楽しみなシリーズ。一話目とか強引な話運びもあるけど、この世界はこれでいい。四季の移ろいと、歳を重ねていく登場人物達。去っていくもの新たに来たもの、まだまだこの世界にお邪魔していきたい。

  • 小路幸也のヒア・カムズ・ザ・サンを読みました。
    古き良き時代のホームドラマ東京バンドワゴンシリーズの10作目でした。

    もともとは日常の謎をテーマにしたシリーズでしたが、各巻で登場した人たちもエピソードに顔を出して近況が説明されるので、本当にホームドラマと言った風情の物語になってきました。
    マンネリ化してきているところもありますが、登場人物たちのこれからが楽しみなので、続編が文庫化されたら読んでいくことになると思います。

  • 古書店を営む家族の話。10作目。

    哀しい別れもあったけど 新しい出会いと嬉しい再会があった1年。
    堀田家ほどの大家族にはなれなくても 温かさは近づけるようになりたいな。

  • もう10作目となった東京バンドワゴンシリーズ
    以前の事件はすっかり忘れていることの方が多いけど
    なんだか、堀田家の子供たちの成長を読んでいるみたい
    まあ、安定して毎年読む本なのかな

  • 東京バンドワゴンシリーズも10作目ですよ。お馴染みの面々が繰り広げる安定の物語という感じが強くなりましたね。読んでいて居心地がよく、いつまでもこの世界に身を置いていたいという想いに包まれます。
    しかし安定が故に物足りなくなるのも事実。特にどんどん登場人物が増えるので、それぞれの人物の年月に応じたできごとを追っていくだけで物語が終わってしまう印象も強いのです。でも研人の受験の顛末は、今までの積み重ねがあったからこその感慨深さはありましたけどね。それは花陽と研人のふたりがお気に入りだからというのもあるのかも。何だかふたりを小さい頃から見てきた、近所のおじさんの心持ちなのですよ。だから花陽がバシッと決めたシーンにも拍手喝采なのです。
    また最近はホームドラマ要素が強くなり(いや、はじめからそうなのですが)ミステリ部分に物足りなさも感じているのです。今回久し振りに大きな謎が動くのか! と期待したのですが、その方面はちょいと肩透かし。
    物足りない部分もあれど、やはり面白く続きを楽しみにしているのです。文庫で追っているのであと2冊は確実に楽しめると喜んでいます。

  • シリーズ10作目。第1作が出てから十年以上経つシリーズ。
    一冊の中で、毎作、四季が廻るので、その中で登場人物が着実に年齢を重ねて成長して行く、大家族。シリーズ一作目では、幼稚園小学生だった子が中高生になったりと、いきなりすっ飛んで十年後ではなく、一作毎に、家族が増え、そしてまた死に行く者もいる。

    このシリーズは毎回ほっこりさせられる。
    禍福は糾える縄の如しなんて言うけども、そういった人生というか、日常の、人が生きていく上で誰しもが経験する浮き沈みなんかの事柄が物語なんだけども、自然とすんなり入ってくる描写。

    穿った見方をすると青臭いのかもしれなけども、とても前向きで温かな作品。

    今回も良かったです。

  • おじいちゃんは能天気なLOVE野郎。子猫飼いたくなるなぁ。

  • 今年もこの季節が来た。

    今回は研人が高校受験。
    ついこの間中学を卒業したと思ったのにな~。
    かんなちゃんも、これから楽しみだし。
    紺だけじゃなく、3人で話を締めることも出てくるのかな。

  • 毎年、この季節に発売される定期便。東京バンドワゴンシリーズの第10作。
    登場人物は少しずつ増え、皆1歳ずつ歳を取り、小さかった子どもも成長するが、お話の運びやテイストは揺るぎなく変わらず。
    この大家族とそれを取り巻く人々、下町の平凡な近所付き合いに見えながら、いわくある蔵や伝説のロッカーや有名女優や作家や絵描きやIT会社の社長など、実は大層な話にするネタに事欠かずで、今回もご多分に漏れずだが、その割に落とし方やお話の中身があまり面白くない。
    歳を取って人情噺に付け込まれてしまうところもありはするが、全体的に名人芸とも言えるそのマンネリ感に多少辟易。この感じが続くとすれば、このシリーズ、もういいかという感じ。

  • いつもどおりのサチさんの語り(^^)♪そして事件!(゜゜;)さらに我南人の「LOVEだねぇ」(*´∇`*)があり、最後は事件解決\(^o^)/の安心パターン(^-^)今回も登場人物が増えたり(^^)減ったり(T-T)しているけれど、自分の親戚よりは把握している!(^^;)花陽ちゃんの啖呵に天晴れ!(^o^)v

  • なんだかひとつひとつの話がアッサリとサクッと終わってしまったような感じがしないでもないけど、やっぱりこのシリーズは大好きだ。
    最後の勘一のサチに伝える姿勢が良かったなー。

  • 堀田家シリーズ10作目。研人も高校受験の年となり、幼かった二人も成長。ペットたちにも変化が。時の移り変わりがあるから面白くて、次の1年を早く読みたくなります。高校生になった研人は、どうなっていくんでしょうね。

全19件中 1 - 19件を表示

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)に関連するまとめ

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)の作品紹介

高校受験をひかえた研人。はたして無事に彼女の芽莉衣ちゃんと同じ高校へ進学できるのか? また、我南人の「ラブタイマー」の活動があらためて活発に。愛され続けて第10弾!(解説/根岸裕子)


ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)のKindle版

ツイートする