ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)

  • 81人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小路幸也
  • 集英社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455670

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今年もこの季節が来た。

    今回は研人が高校受験。
    ついこの間中学を卒業したと思ったのにな~。
    かんなちゃんも、これから楽しみだし。
    紺だけじゃなく、3人で話を締めることも出てくるのかな。

  • 毎年、この季節に発売される定期便。東京バンドワゴンシリーズの第10作。
    登場人物は少しずつ増え、皆1歳ずつ歳を取り、小さかった子どもも成長するが、お話の運びやテイストは揺るぎなく変わらず。
    この大家族とそれを取り巻く人々、下町の平凡な近所付き合いに見えながら、いわくある蔵や伝説のロッカーや有名女優や作家や絵描きやIT会社の社長など、実は大層な話にするネタに事欠かずで、今回もご多分に漏れずだが、その割に落とし方やお話の中身があまり面白くない。
    歳を取って人情噺に付け込まれてしまうところもありはするが、全体的に名人芸とも言えるそのマンネリ感に多少辟易。この感じが続くとすれば、このシリーズ、もういいかという感じ。

  • いつもどおりのサチさんの語り(^^)♪そして事件!(゜゜;)さらに我南人の「LOVEだねぇ」(*´∇`*)があり、最後は事件解決\(^o^)/の安心パターン(^-^)今回も登場人物が増えたり(^^)減ったり(T-T)しているけれど、自分の親戚よりは把握している!(^^;)花陽ちゃんの啖呵に天晴れ!(^o^)v

  • なんだかひとつひとつの話がアッサリとサクッと終わってしまったような感じがしないでもないけど、やっぱりこのシリーズは大好きだ。
    最後の勘一のサチに伝える姿勢が良かったなー。

  • 堀田家シリーズ10作目。研人も高校受験の年となり、幼かった二人も成長。ペットたちにも変化が。時の移り変わりがあるから面白くて、次の1年を早く読みたくなります。高校生になった研人は、どうなっていくんでしょうね。

全5件中 1 - 5件を表示

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン (集英社文庫)はこんな本です

ツイートする