ブクログ大賞

にじいろガーデン (集英社文庫)

  • 109人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小川糸
  • 集英社 (2017年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455823

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
朝井 リョウ
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

にじいろガーデン (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 気軽に読み始めたら、テーマが重くてびっくりしました。
    でも、逆境や苦難をものともせず突き進んでいく「愛の力」に引っ張られるように、読み進めました。

    家族になるのに、理屈も常識もいらない。
    でも、法的に認められている関係というのも確かに大事で。

    幸せの形は本当に人それぞれだけれど、茨の道であっても笑って乗り越えていけるような、そんな強さを持ちたいと感じました。

  • 帯に愛と再生の物語、と書いてあったのが気になって買った。

    まず、構成が面白かった。
    ちょっとずつ時間がずれていって、それぞれの視点があって、
    読み進めていくとだんだん種明かしがされていくような気持ちになった。

    息子くんと娘ちゃん、両名とも好きです。
    性格の違いがとてもいい。

    読後感は「切ない」かな。
    悲しくはなかったですし、感動とも違う。

    最後はもっと幸せな展開があるのかな?と思ったけど、そうでも無かったのがちょっと誤算でした。
    でも、そこが楽しめた。

  • この作品では、つるかめ助産院の時ほどの作者の共感を読み取れなかった。

    当然、読んでいる側も設定に入り込めず。

    展開も急すぎて非現実的に感じたし
    遠慮せずに物を言えば「作り話」感が強かった。

    それでも性的マイノリティの課題には正面から向き合いたいと思っているし、勉強になったところもある。

    のめりこむような楽しさの読後感は得られませんでした。

全3件中 1 - 3件を表示

にじいろガーデン (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

にじいろガーデン (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

にじいろガーデン (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

にじいろガーデン (集英社文庫)の作品紹介

夫との関係に苦しむ泉はある日、電車のホームで思い悩む女子高生と知り合う。互いの悩みを相談するうち二人は惹かれ合い、共に暮らす決意をする──。新たな家族の形と幸せを問う感動長編。


にじいろガーデン (集英社文庫)はこんな本です

ツイートする