岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)

  • 46人登録
  • 3.92評価
    • (2)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 北方謙三
  • 集英社 (2017年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087456455

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東では、梁山泊水軍が動き出す。李俊はここからの一連の働きで舞台から降りるのだろうか?
    南では、岳飛と秦容が北に向けて動き出す。
    北では、金の国主が代わり、戦が近づく。
    一斉に状況が動き出す。その先には何がある?
    それぞれの志が、時代を動かす。

  • 浪子燕青が亡くなった。おそらく、大水滸伝シリーズを通じて(楊令は試してないので除く)素手では最強の使い手だったのだと思う。それでも、70歳という歳には勝てなかった。最後は自分の心の赴くままに李師師の元に赴き、劉正を道連れにして笛を吹いて終わった。最愛の出来すぎた妻も居るのに、男は最後は、悪女だけど片想いの女の処に行くのだろうか。女にはわからないだろう。男としても、彼ほどの男になってみないとわからない。


    梁山泊側も他に孟康、喬じょうなどを失ったが、南宋も韓世忠や南征軍の有力武将を亡くした。死者が多くなって来て居る。彼らを斬る李俊、秦容の強さは圧倒的だ。燕青ではないが「ほんとうになさなければならないものを、持っているか持っていないか」の違いだったのかもしれない。

    17.11読了

  • 今回は特にこれと行った新たな展開無し。次に期待。

  • いよいよクライマックスが見えてくる段になって、静かに盛り上がってまいりました。今頃気付くなよ、って話かもしれないけど、梁山泊を彩った漢たちに、それぞれの死に場所を与える物語なんだな、ってことが改めて実感された巻。今回は、だいぶ頑張ったモウコウ(カッコ悪い失敗が目立った晩年だったけど)、とうとう逝くのかっていうエンセイ(しかし最後の最後まで圧倒的に強かった)。リシュンやコウジュウにも死地が与えられそうな予感だし、残るは最後の巨頭シシンをどうするか、ですね。
    あと、ここにきてやっと(?)カンセイチュウが戦死しました。何巻越しに書き続けたんだろ、これ。史実だとこのあたりで死ぬから、ある程度は予想は付くだろう、ってことで先走って述べたのかもしらんけど、そもそも完全にオリジナルストーリーなんだから、ひょっとしたら生き延びて大成するかもしらんがな。物語終了後ならいざ知らず、続刊している途中の巻末解説なんだから、ネタバレに関しては最大限の注意を払うべきじゃないか、といまだ思ってしまうけど、これはアリなのか?まあ、やっと決着がついたし、今回まででこれについて触れるのは止めにするけど。

全4件中 1 - 4件を表示

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)のその他の作品

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)はこんな本です

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫)の作品紹介

海上で韓世忠と李俊が激突。物流を一時停止した蕭げん材が金国上層部から呼び出される。南方では岳飛と秦容が北進を決意──。国と人の関係が年月を経て、鳴動し始める第十二巻。(解説/西上心太)

ツイートする