時限捜査 (集英社文庫)

  • 75人登録
  • 3.45評価
    • (0)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 集英社 (2017年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087456714

時限捜査 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やはり警察シリーズは鉄板。愛着のある登場人物が出ると、安心感がある。それでいて前作を読まずにいてもスッと入ってくる自然な感じ。ボリュームはそれなりにあるが複雑すぎず読みやすい作品。

  • シリーズ第4弾。
    最初の「検証捜査」から何年経っているか、よく分からないが、今作の主人公は大阪府警の島村。梅田署の署長になり、あと1日で警察学校へ異動と言う日に大阪でドローンを使った連続テロが発生する。ドローンの複数襲撃で麻痺している大阪府警を嘲笑うかのように、次は大阪駅の立てこもり事件が起こり、管轄署の署長である島村が仕切ることに。
    一方、警視庁の神谷は下赤塚で起きた殺人事件の被害者が、以前大阪府警がテロリストとして追い込めなかった人物であることから、独自で捜査を始める。
    大阪と東京。2つの事件がどう絡んでいくのか?シリーズで一番の力作に500ページ超えを思わず一気読み!
    堂場作品には珍しいタイプの劇場型事件で、いろいろ他の作家さんの作品と比べてしまうと、話に緊張感が足りない気もするけど、ま、許せる範囲として。残るは北海道警のみ。神谷と凛の関係も決着がつくことを期待!

  • 大阪が舞台で風景が浮かぶ。でも伏線が長くちょっとダレる。

全3件中 1 - 3件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

時限捜査 (集英社文庫)はこんな本です

時限捜査 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

時限捜査 (集英社文庫)の作品紹介

大阪で連続爆破事件発生。犯人は大阪駅で人質をとり、現金十億円と逃走用ヘリを要求。梅田署署長島村は24時間以内の解決のため、狙撃を画策し……。巧妙な犯罪に挑む捜査チームの活躍。(解説/内片 輝)

ツイートする