うずら大名 (集英社文庫)

  • 85人登録
  • 3.90評価
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 畠中恵
  • 集英社 (2017年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087456721

うずら大名 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鶉飼いの大名と豪農が幕府を揺るがす悪事に挑む。

    畠中恵氏の読みやすさ、事件解決へのユーモアさ、時代背景のリアルさを求めていたけれど、登場人物の個性が主役以外印象付けられず、展開もボンヤリ後の肩透かし感…

    けれど最後にしんみり感と共感が残ったのは畠中恵氏らしさがあってよかった。



    『(偽榎本)さんは、それでも何かを変えようとしたよね。』
    しかし、『己を大切にしなくなった』

  • 序/一 うずら大名/二 御吉兆聞こえず/三 大根一万本/四 書き付けの数字/五 佐久夜の初泳ぎ/六 江戸の合戦

    うずら大名?? 何のこと?と思いながら読み始める。
    江戸の時代、長男より後に生まれた男たちの物語。吉也も二人のお武家もその他大勢それぞれに想いがあって、毎日が何の変化もなく過ぎているようで少しずつ違う明日になっていく。時には自分で自分に「ごきっちょー!」と言ってみよう (・∀・)ウン!!

  • 2018年1月5日購入。

全3件中 1 - 3件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

うずら大名 (集英社文庫)はこんな本です

うずら大名 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うずら大名 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うずら大名 (集英社文庫)の作品紹介

正体不明の“自称"大名、有月と、泣き虫の村名主、吉之助。そして有月が飼っている勇猛果敢な鶉の佐久夜。二人と一羽が江戸を揺るがす事件に挑む。人気作家・畠中恵、集英社文庫初登場。(解説/ミムラ)

ツイートする