永遠の出口 (集英社文庫(日本))

  • 4263人登録
  • 3.60評価
    • (333)
    • (549)
    • (846)
    • (82)
    • (19)
  • 489レビュー
著者 : 森絵都
  • 集英社 (2006年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087460117

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

永遠の出口 (集英社文庫(日本))の感想・レビュー・書評

  • 冒頭───

    私は、<永遠>という響きにめっぽう弱い子供だった。
     たとえば、とある休日。家族四人でくりだしたデパートで、母に手を引かれた私がおもちゃ売り場に釘づけになっている隙に、父と姉が二人で家具売り場をぶらついてきたとする。
    「あーあ、紀ちゃん、かわいそう」
     と、そんなとき、姉は得意げに顎を突きあげて言うのだ。
    「紀ちゃんがいないあいだにあたしたち、すっごく素敵なランプを見たのに。かわいいお人形がついてるフランス製のランプ。店員さんが奥から出してくれたんだけど、紀ちゃんはあれ、もう永遠に見ることがないんだね。あんな素敵なのに、一生、見れないんだ」
     永遠に───。
     この一言をきくなり、私は息苦しいほどの焦りに駆られて、そのランプはどこだ、店員はどこだ、と父にすがりついた。おもちゃに夢中だった紀子が悪いと言われても、見るまでは帰らないと半泣きになって訴えた。

    1970年代、ぼくはおそらく一般的に“思春期“から”青春”と言われる時期の真っただ中にいた。
    中学、高校、そして大学時代。
    それが、ぼくの70年代だった。
    未来に何の不安もなく、真っ直ぐに輝いていた日々。
    そんな毎日をぼくは送っていた。
    もちろん、悩みや葛藤や苦しみも、他の人たちと同じように味わうことはあったが、概ね、今振り返っても楽しい日々のほうが思い浮かぶ。
    70年代は、遥か昔の、切なく、ほろ苦く、甘酸っぱい記憶のなかで、ぼくがあの頃に戻りたいと心の底から切望する時代だ。
    でも悲しいことに、その時代には二度と戻れない。
    心の中で振り返るだけにとどめて、明日に向かって歩き出すだけだ。

    この作品は、1970年代から80年代へかけて、主人公紀子の小学校から中学生、高校生へと少しずつ大人になっていく姿が描かれている。
    小学校時代の親友との永遠の別れ。
    危うくドロップアウトしそうになった中学時代。
    勘違いで無残に散った高校時代の初恋。

    淡々とした日常の中で起こるちょっとした出来事。
    両親の離婚問題は、その中でもいちばん大きな問題だったろうか。
    多かれ少なかれ、人はこんな経験をして成長していくのかもしれない。
    森絵都はそんな少女紀子に優しく寄り添って描く。

    最後に書かれたエピソードも秀逸だ。
    ───生きれば生きるほど人生は込み入って、子供の頃に描いた「大人」とは似ても似つかない自分が手探りしているし、一寸先も見えない毎日の中でのんきに<永遠>へ思いを馳せている暇もない。
     だけど、私は元気だ。まだ先へ進めるし、燃料も尽きていない。あいかわらずつまずいてばかりだけれど、そのつまずきを今は恐れずに笑える。
     生きれば生きるだけ、なにはさておき、人は図太くもなっていくのだろう。
     どうかみんなもそうでありますように。
     あの青々とした時代をともにくぐりぬけたみんなが、元気で、燃料を残して、たとえ尽きてもどこかで補充して、つまずいても笑っていますように───。
     急に一人になった薄曇りの放課後みたいな、あの懐かしい風の匂いが鼻をかすめるたび、私は少しだけ足を止め、そしてまた歩き出す。(348P)

    森絵都は児童文学出身だけあって、主人公を奈落の底に突き落とすようなことはしない。
    常に、明日があるのだからどんな時でも希望を持って、と語りかける。
    明日が、未来が、ある限り、ぼくたちはそれが明るいものだと信じて歩き出す。

  • どこにでもいる普通の少女、紀子が小学3年生から高校3年生までに経験した様々なこと―誕生日会をめぐる小さな事件、黒魔女のように恐ろしい担任との闘い、不良といわれる仲間とつるんだ中学時代、家庭崩壊の危機を救った温泉旅行、高校での初恋―と共に紀子の成長を描いた短編集。

    大人になってから振り返ると愚かで羞恥に満ちているが、小さな世界の中で子供なりに精一杯生きていた日々。紀子が一生懸命になればなるほど、くすぐったいような、苦笑いしたいような気分になってくる。それは誰もが何かしら紀子と似たような経験を経て大人になってきたからかもしれない。それを大人の目線で冷静に見つめることができるようになったからこそ、このほろ苦さを感じるのだろう。

    「大人」は別の生き物のように感じていたあの頃から、時間だけは過ぎていってしまった。今の自分はあの頃思い描いていた「大人」とはほど遠い、むしろあの頃の延長でしかないけれど、結局「大人」ってそういうものなのかな、とやっと解った。違う生き物になれる訳はなくて、あの頃から続く今の自分と折り合いをつけながら、これからも生きていくのだろう。この物語を読んで改めて思った。

  • とある少女の駆け抜けた時間のお話p(^_^)q 。
    物語の中の少女と一緒に悩んだり、「どうしてこんな考えになっちゃうのかな?」とうまく物事を運ぶことができないもどかしい場面には、ため息をついてしまい(´Д` )。
    なんだか家族や友達のような感覚で最後まで楽しむことができた本でした♪( ´θ`)ノ。

  • 主人公の紀子の、小学生から高校卒業までを綴った連作短編集。
    面白くてどんどん読み進んだけど、同時に読んでて胸が苦しくもなった。青い10代を生きて大人になった人なら、誰しもが思い当たるエピソードが満載で。
    今まで忘れていたことでも、そういえばこんなこと私にもあったなぁ、なんて色々と思い出したりした。小学生時代のお誕生会とか、女子同士のあれこれとか、仲良くても卒業してバラバラになると疎遠になっちゃう感じとか。

    この主人公は反抗期がやや行きすぎた感じになったのだけど、私の周りにいたいわゆるグレてた子も、元々はきっと普通の子で、ほんの些細なきっかけでそっち側にいって、でも少し大人になってまた元に戻ってみたり、純粋だからこそ染まりやすく揺れやすい、そういう思春期の描き方が本当に秀逸。
    森さんは元々児童文学のジャンルの作家さんだから、というのもあるかもしれないけれど、大人になって読んで自分のことを振り返って少し胸が疼くような、懐かしくてちょっと笑っちゃうような、青さが恥ずかしくて思わずジタバタしちゃうような(笑)、たくさんの感覚を与えてくれた小説だった。

    10代の頃から目標を明確に持って5年先10年先のビジョンを描けていた人もいるかもしれないけれど、全く描けないまま何も決められないまま高校を卒業してしまった私のような人間からすると、「未来は全然分からなかったけれど、自分次第でどんな風にも変えていけた」と30代になってから気づいた瞬間の、諦めとも後悔とも誇らしさともつかぬ複雑な感覚が正しく描かれすぎているこの小説が、大好きだけどちょっと怖い、と思ってしまうのかもしれない。はっきりと自信が勝っているなら、そうはならないのかもしれないけれど。

  • この話は私世代の話だと思うんだけど、私の世代ってこんなにはじけてたかな。
    私が田舎っぺだから知らなかっただけなのかな…。
    第6章からはすごく面白くなった。特に第8章の「恋」はいい。

  • 勝手な想像だけれど、森絵都さんは紀子のような少女時代を過ごしたのかなあ、と思った。それくらい、そのときそのときの少女のリアルな感情が、格好つけずに書かれている。
    わたしはひとつのことを鬱々を悩んでしまう性格だけれど、典子のように信念をあっさり捨てて万引きをしたり、勘違いから恋をしたり、流れやそのときの感情に任せて生きる人には、きっと死ぬまで面白い展開が待っているのだろうな。
    万引きはもちろんするつもりはないけれど、わたしももっと気楽に生きてみようかな、と思う。

  • 途中 破天荒な行動もあるけど小学生から高校生を経て、社会人になった今もずっと出口に向かって歩く女性。つまづくことも多いけどまだまだ元気に先に進み続けるし燃料も尽きてない。←見習います(笑)

  • *「私は、“永遠”という響きにめっぽう弱い子供だった。」誕生日会をめぐる小さな事件。黒魔女のように恐ろしい担任との闘い。ぐれかかった中学時代。バイト料で買った苺のケーキ。こてんぱんにくだけちった高校での初恋…。どこにでもいる普通の少女、紀子。小学三年から高校三年までの九年間を、七十年代、八十年代のエッセンスをちりばめて描いたベストセラー*

    10年ぶりくらいの再読なれど、懐かしくて恥ずかしくて切なくて微笑ましくて…得も言われぬ温かな読後感はそのままでした。誰もが通る道で、それを後ろに従えて進む明日。そんな日々がより愛おしく思える、素敵な一冊。

  • 劇的な事件が起きるわけでもなく、主人公はどこにでもいる普通の女の子。彼女がおとなになるまでの、成長の物語。

    だけど。だからこそ。

    彼女の辿る青春の日々は、彼女がそこで感じること、考えたことは、誰もが経験した想いなのではないか、と思うのです。

    少なくとも私は、紀子は私だ、と思う瞬間があった。
    今思えば、どーでもいいじゃんそんなん、って思えることを、この世の終わりのように感じてた時期が確かにあった。
    こんな風に考えて、こんな風に苦しんだ時が私にも確かにあった。

    懐かしく、みずみずしい匂いのする一冊でした。

  • あいたたたー、という痛い子ども時代を執拗に描き切って、これは痛いなー、と思いつつも、自分がもっと年を取った時に同じくらいの痛さを持っていたんではないか、と思うにつけ、更にぐさぐさくるような、でも読まずにはいられない、的な。恐ろしさよ。でもまぁそんなこんなで大人になる。大人になるって年を取るだけじゃなくて、つまんない間違いとか勘違いとかいっぱいやっとかなきゃなんだよなー。それを中学生とか高校生で体験できるなら幸せじゃないか。
    とりあえず高校は男子校じゃなくて共学が良かったよな、やっぱり、と思わずにはいられない。そしたらちょっとした間違いとかあったんじゃないか、と期待するけど、まぁそれもひっくるめて今があるんだな、と納得する。

  • 少女の青春時代がぎゅっと詰まった作品。
    反抗期の苦い思い出も、浮き立った初恋も。
    初々しさが読んでいてほっこりする。
    もう、一生あんなことできないんだ〜、って悔やむこと沢山あるけど、
    それよりも、これからもっともっとそれよりも楽しいことが悲しいこともあると思うけど、たくさんあるかもしれないって
    小学生から高校生までの少女の成長をみてると思えてくる。あの頃、すっごく辛かったことも今思い返すとなんてことないなあ、って。
    もっと楽しいことがたくさんあとにあったなあ、って。

  • あるある。こういう気持ちってこういうことだったのかー!!!と
    懐かしくも、背を押されてる気分に。

    どんな未来も怖れずに、今あることを楽しんで。
    どうにかなるんだから。
    そんなメッセージが詰まってる気がした。

  • 子ども時代を経ておとなになった人なら誰にでも、「ああ、あったね。そういうこと。」っていう部分がきっと見つかる。

    子どものころを振り返ると顔から火なんていくらでも出せるけど、その時その時は必死だった自分を愛おしいと今なら思えるかもしれない。

    歩いて、または自転車で行ける範囲が自分の世界の限界で、たった数十人のクラスメイトと家族くらいが世界の住人で、だからこそ猛烈に嬉しかったり悔しかったり悲しかったりと感情の振れ幅が大きくて、そんな毎日が永遠に続くと思っていたあの頃。
    ふわんと思いだしては懐かしむことは簡単だけど、この作品の臨場感たらないね。
    なんでこんなにくっきりと覚えていられるんだろう。この人は。

    友だちの誕生日プレゼントを選ぶことの責任の重さ。
    担任の先生によって全く変わってしまうクラスの雰囲気。
    かみ合わない親との会話。
    バイトを通して見る、大人のどろどろした人間関係。

    本当に。
    なんでこんなにくっきりと覚えていられるんだろう。森絵都は。

    だけどこれは、後ろを見て懐かしむ話ではない。
    永遠だったはずの世界から、前を見て一歩踏み出す。
    なんにでもなれたかもしれない世界から、何かになるために。

    紀子の性格が、また、いいのね。
    いい子というのではなく、普通の子。
    一生懸命空気を読んで、周りに気を使って、使い方間違えて空回りしてしまうタイプ。
    こんなことを言いたいんじゃない、したいんじゃないと思いながら、自分で自分を止められない感じが、切羽詰まってなくて、少し空気の抜けたようなぽやんとした気の張りかたが、なんともいい。

    少年少女が読んでも、少年少女を卒業したての人が読んでも、遠い昔に少年少女だった人が読んでも、それぞれの立場で共感できる本なのではないかと思う。

  • ごくごく普通の女の子(そこそこの反抗期を経るものの)の人生の一部を切り取ったお話。

    だけど、森絵都の筆力できっちり読ませる物語になってる。
    どんな人間のどんなに起伏のない人生でも、この作者なら素敵なストーリーに仕上げることができるんだろうなぁ。

    かといって、あと数冊いろんな違う本を読むと記憶から消えてしまう気もする。

  • 10代の頃の私は、毎日何を思い、何を考え、過ごしていたんだろう。と、今回、この作品を読んだ後、10代の私についていろいろ思い返してみたんですが、あまり思い出せません。
    もう昔のことすぎて。

    だけど、この物語の主人公・紀子は、多分、私と生きてきた時代が一緒のようなので、紀子が10代の自分の記憶をたどるたびに、「あー、そうそう。そうだったなー」なんていう、共感できる感情は、多々浮かび上がってきます。

    特に、黒魔女のような恐ろしい担任との闘いを描いた『黒い魔法とコッペパン』は、私もほんとに同じような経験があるので、あの時の、何とも言えないような思いが蘇って、胸がしくしく痛みました。

    小学生の頃。なんて言うものは、自分が今そこに立っている場所が「世界」の全てで、その場所は、とてつもなく広くて大きな世界だ。って思ってました。

    中学生になると、その世界がもっと広がったような気になって、高校生になると、もっともっと広がって、自分自身もなんだかいっぱしの大人になったような気がするんですが、でも、実際、本当に大人になってしまうと、自分がいるこの場所は、なんてちっぽけなんだ。なんて思ったりして、疑うことを知らず、純粋に生きて、いろんなものから守られていた「あの時」の自分は、きっと幸せだったんだろうな。なんて思ったりしました。

    私は、紀子のように、中学生の頃グレたりすることはなかったけど、あ、妹はグレたけど、でも、やっぱり「親」という存在は、ウザくてめんどくさくて、「私のことなんかほっといてよ。」なんて思ってたりしてて、でも、自分が親になると、やっぱり、ほっとくことなんてできなくて、だけど、多分、親が思ってるよりは子供って、意外とたくましく生きてるんだよな。って思います。

    それでも、やっぱり、心配なのだよ。かあちゃんはね。

    主人公の紀子は、本当にいたって普通の女の子で、紀子が過ごしてきた10代の記憶は、多分、同じ世代に生まれた女の人たちには、共感しどころ満載だと思います。

  • 児童文学作家として名を馳せている森絵都ですが、これは一般小説との中間にあるような作品でした。
    主人公、紀子が小学四年生から高校三年生になるまでの軌跡をたどったお話です。
    はっきりとした起承転結があるわけでもなく、本当に彼女の成長を順に描いているだけなのですが、そのドラマの一つ一つがキラキラと光を放っていてかけがえのない宝物を触っているかのようでした。

    私のこの時期は、ただ日々をやり過ごし、くだらないことに一喜一憂したり、そんな無味な毎日で何にも青春なんて無かったと思っていました。
    けれど今気付いたのは、ここで紀子が感受性豊かに経験してきたことは、まさに私も経験してきたことばかりだった、ということです。
    あぁ思い返すと私にもこんなに生き生きとして活力みなぎっていた頃があったな、とかつての幼い自分を愛しく感じずにはいられません。
    どうしてあんなに些細でしょうもないことが楽しくて仕方なかったんだろう。
    青春の真っ只中にいると全てが素晴らしく、世界は自分を中心にまわっているのだと疑わないあの力強さを、久しぶりに思い出すことができました。
    今ではすっかり忘れてしまっていたあの頃の記憶を、ここまで鮮やかに蘇らせてくれる圧倒的な筆力には感服します。

    青春の真っ只中にいる、あのときに読みたかったという悔いもあるけれど、大人になってしまった今だからこそ分かる良さもありました。
    紀子の両親のいざこざをめぐる章も、しぐれもみじの情景と一緒に深く心に沁みてきます。

    なつかしくて、しんみりして、おかしくて、明日からまた頑張ろうと思える最高の読後感です。

  • 前回、「つきのふね」を読んだ時にこの作者さんは思春期の子を描くのが上手だなと思っていたが、この「永遠の出口」を読み終えて、思春期を描くプロなんだと考えを改めた。
    私としては小学生時代の紀子がピークで、誕生会ひとつにあれだけ熱くなったり、子供らしい怒りにまかせて報復したり、何故だか気持ちがよく分かる。トリは登場してすぐに好きになった。だから、トリと春子が仲良くなったと聞いた時は、私も紀子と一緒に遠いどこかで恋を落とした。中学生辺りは、校則をはみ出さない面白くない生徒だったので、グレた紀子の気持ちはちょっと分からなかった。高校の紀子の猪突猛進ぶり。そりゃ振られるわ、と思うくらい周りも何もかもが見えてなかった年頃。保田くんはよく耐えたと思う。
    私は大きくなったトリと紀子の、少女漫画的な再会をひたすら念じてやまなかったが、とうとう実現はしなかった。とっても残念。そして大きくなった紀子の人生が不倫という背徳的な言葉で飾られていたのも残念だった。それでもどの話も「永遠」というタイトルにもなったテーマをかすかに匂わす構造をしている。思春期は成長段階だから、まだ飽和状態ではないからその時はとても有限で、刹那的で、もしかすると、永遠と刹那とは意外と近い位置関係にあるのかもしれない。自分の青春時代を振り返らせてくれる本、ではなく、育ち盛りの、今とは全く異なった感覚をもっていた頃のみずみずしい感性を蘇らせてくれる本だと思う。
    料理でいうところのメインの時期を描いたこの作品は、読み終わった後、自分も一枚肉厚になれた気がする。

  • 「今のこの,十一才のエネルギーを将来のために温存しておくことなんてできはしない。十一才のエネルギーは,十一才のうちに使い切るからこそ価値を持って輝くのだ」
    「トリに限らず,男子というのは私たち女子のうかがいしれないところで何かを決意し,長い眠りに入ったりする生き物だった気がする」
    「宇宙って知れば知るほど広いし,膨大だよなあ。でもさ,だからって人間がちっぽけとか,俺,そんなふうには思わねーんだよな。宇宙が広ければ広いほど,人間ひとりあたまの持分も増えるっていうか,担当範囲が広がるわけだからさ。とりあえず今んとこ,人間以外の知的生物は発見されてないわけだし。よし,がんばろうぜって,燃えてくるぜ」
    「でも,心配すんなよ。就職組や受験組が来年はどっか遠くにいるみたいに,俺たちも来年は必ずどっかにいるんだから。今は何にも決まって亡くても,いやでも,どっか遠くにいるんだからさ」「遠くに?」「だって,宇宙は膨脹してるんだぜ」

    森絵都って感じで良かった。やっぱこの人の文章の感じ好き。

  • 自分の過去を振り返るような感覚を覚えた。
    恥ずかしい事も、まるで自分が体験したかのように(本当に体験したかもしれないが)書ける作者は素晴らしい。
    自分が40歳になって、若い頃のつまらない悩みは素晴らしいと思う。当時は本当に無知ゆえに一生懸命だったと思う。既に忘れかけていた感情がありありと思い出せた。なんで、こんな具体的に感情を覚えていたんだろ作者さん。すごい。

  • 大人になるにつれ、どんどん忘れていく気持ちが
    大事に大事にこの本に保存されている。

    同じ経験をしたわけでもないのに、
    完全に共感できる“あの頃”の切なさが沢山潜んでいるから、本当に驚いた。

  • きゅっと唇を結びながら読んだ。
    誕生日パーティーのくだりは思い出しても苦しくなる。

  • じぶんの「女の子」としてのこれまでの人生をおもいだして、いろいろあったな、これからもいろいろあるんだろうな、としみじみおもえた作品。
    男の人が読んだらどうおもうんだろうか。

    巻末解説にもあったけど、この人のエピソードを介した人物描写力すばらしいですね。

  • 2009年01月17日 16:11

    この人の「カラフル」が好き。
    って同年代が山ほどいて、天邪鬼の私は一回も好きって言えなかった。

    本当は、からっとした文体も、登場人物がいい意味で浅いのも結構好きでした。

    でも今この年で読む本ではない。

    序盤・小学生時代の章を読んでいらっとするような人は、もう森絵都を卒業しないとだめだと思います。

    昔はもうちょっと凝ってて、こんな子供っぽくなかったのにな・・・
    と、物足りなく思うあなたがひねくれて年を取ったんです。

    ということで私はもうだいぶ前に森絵都とはさよならの時期だったということを、やっとわからせてくれた本でした。

  • 主人公紀子は「私自身だ」と思った読者は多かっただろうと思う。
    細かい描写はどうだか分からないがこれは著者の森絵都さん自身の懐かしい思い出でもあるように感じる。
    内容としては紀子の小学生時代から社会人となるまでのとりとめのない日記のようなお話なんだけど、
    懐かしいアルバムや大事なものをしまっておいた宝箱を久しぶりに開けてみた感覚に似ている。
    パティ&ジミーやリトルツインスターズなどのファンシー文具への執着や恋愛事に淡い感心を持ち始め
    とりあえず好きな人を「設定」しといたりした小学生時代、ちょっとした大人や友人の発言に傷ついたり、
    自分のやっていることに何の意味があるのかと感じて悩んだ中学、高校時代。
    無謀だったり繊細だったり色んな自分が見え隠れした甘酸っぱい時が一気に蘇ってきて楽しく読めた。

  • あの頃、一日は早いのに重たくて、一年がとても長くて一年の差は果てしなくて、世界が狭いから、その中で一生懸命で、未来は無限で贅沢に使ってて、先の見えない世界に色んなものを詰め込むことが出来た。

    物分りなんて良くないから、だからとても大切でバカで一生懸命でいれたとき。

    その時があるから今がある。

    戻れないから、それが「永遠」

    一日はとても早くて、一年はものすごく早く、物分り良くある程度折り合いをつけた、常識的で見え透いた未来を見ている今、この本に出会えて良かった。

全489件中 1 - 25件を表示

永遠の出口 (集英社文庫(日本))に関連する談話室の質問

永遠の出口 (集英社文庫(日本))に関連するまとめ

永遠の出口 (集英社文庫(日本))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

永遠の出口 (集英社文庫(日本))のKindle版

永遠の出口 (集英社文庫(日本))の単行本

ツイートする