ZOO〈1〉 (集英社文庫)

  • 10054人登録
  • 3.64評価
    • (1062)
    • (1228)
    • (2308)
    • (171)
    • (48)
  • 1137レビュー
著者 : 乙一
  • 集英社 (2006年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087460377

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ZOO〈1〉 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • これは確かにジャンル分けできない。
    ホラーでもあるけれど、中にはほっこりする温かいものもあって、とにかく乙一ワールドにすっかり飲み込まれてしまいました。

    「カザリとヨーコ」
    一卵性双生児のカザリとヨーコ。
    でも母は双子を完全に差別して育ててきた。姉のヨーコは部屋もごはんも与えられず、台所の隅で妹の食べ残しで生きる日々。

    乙一さん、家族には全く救いを用意していなかったな。
    虐待されている現実をそのまま受け止めているヨーコが痛ましい。
    でも優しいおばあちゃんに出会えて、ヨーコにも幸せの兆しが見えたと思ったのに…。
    ところで二人に姉のヨーコはふつうの名前だけど、妹のカザリはどこからきているのかな…?お飾りのカザリ?

    「SEVEN ROOMS」
    気づいたらひとつの部屋に監禁されていた姉と弟。
    部屋の真ん中には溝があり、澱んだ水が左から右へと流れている。
    身体の小さな弟は、溝を通って左右の部屋へと行き、ほかにも監禁されている女性がいること、監禁されている女性たちの末路を知る…。

    他にも言及されている方がたくさんいるけれど、この話が一番衝撃的。
    そのまま次の話に進めない、くらくらしてしまうような読後感だった。
    私も弟を持つ身なので、姉の選択と決断が何だかすごく切なくもあり。
    私がこの姉のように行動できるとは思えないけれど、こういう緊急の場面になったらきっと、弟は助けないといけないと、母性ならぬ「姉性」が少なからず疼く気がする。
    はぁ、でも読んでるだけで背筋が凍るほど怖かった…
    ほんま乙一さん嫌やわ~~…。

    「陽だまりの詩」
    病原菌により人が死に、廃墟となった世界。
    ロボットの少女は、男の死をみとるためだけに作られた。しかし彼女には「死」というものがわからない。

    この話は、題名のごとく、5編の中でも陽だまりのような短編。
    彼女が死を理解し、男の死を受け止める、最後のシーンにじーん。
    短編集の最後に、乙一さんと、映画化の際に脚本やキャラデザをした古屋さんとの対談がある。
    対談を読んでからもう一度読むと、情景がさらにクリアに浮かび上がる。
    映画の1シーンを見たのだけど、イメージ通りですごいなぁと思いました。

    表題作の「ZOO」はちょっとイマイチだったなぁ。おかしい人の頭の中に入っちゃった感じ。

    さて、元気を出してZOO2に進まなければ。

  • 別名、中田永一さんの作品は読んだ事ありましたが、乙一さん初読みになります。

    乙一なんて名前なので、勝手に甘いファンタジー系な作品を書く作家さんだとばかり想像してました。だって明らかにペンネームだし、乙という字から乙女という言葉しか連想できなくて…。浅はかではありますが(照)

    だけど、いい意味で裏切られびっくりです。

    映像化された5編を集めた短編集でしたが、どれもストーリーの完成度が高い!
    残酷でありながらスカッとするような、でも切ない読後感。好きです。

    余談ですが、乙一さんは’78年福岡生まれ。(わー、同い年で出身も同じ)
    そして久留米高専に在学しておられたとの事(きゃー、高専つながりじゃん。)
    と、勝手に親近感をもっちゃいました。

    カザリとヨーコ/SEVEN ROOM/SO-farそ・ふぁー/陽だまりの詩/ZOO

  • 陽だまりの詩がダントツで好きです。
    ゾゾっとする他の作品ももちろん大好きなんですが、こんな優しい物語アリですか??と思って泣けました。

  • カザリとヨーコとSEVEN ROOMSはページをめくるのが怖いって思いました。
    ドキドキとかではなく話が怖くてっではなくページをめくるのが怖い。
    いや、話自体も怖いんですが。
    でも、気になるからめくっちゃう。

    陽だまりの詩が切なくてとても好きです。


    余談ですが、初めて読むと思って手に取ったのですが、SEVEN ROOMSを読んでる最中に、これ読んだ事あるなあ…と気付きました。
    結末とかを覚えていた訳じゃないですが。
    すっかり忘れていましたが、そういえば昔乙一好きの友人に借りて読んだ事ありました。
    乙一の他の作品は読んだ記憶があるんですが、なんでこれは忘れていたのだろう…。

  • なんだこれは。
    私が文庫を買ったとき、帯にそう書いてありましたが、まさしくその通りの本であり、決してそうじゃないとも言える本です。

    ホラー短編集です。ホラーって言葉で簡単にまとめたくないけども。
    ホラーって言われると、幽霊とかオバケとか、目に見えない怖さがあると思います。
    ですがこの短編集、目に見えるから怖い。見えなければ、知らなければ、こんなに怖くなかったのに。知ってしまったからこそ怖い。そんなホラー小説は私にとって初めてで、ものすごく印象に残る話ばかりです。

    ちょっとグロテスクな内容が多いので、そこだけは注意です。

  • どっとする重い話あり。
    ぐっとくる情感あふれる話あり。
    ぞっとする話あり。

    バラエティに富んだ一冊。
    「陽だまりの詩」はアニメになっているそうだが
    実写で観たい作品。

  • どれも読みやすかった。
    グロいんだけどちょっとだけ救われる、って感じかな?
    イチバン「陽だまりの詩」がよかったな。「SEVEN ROOMS」は最後、ウルッときたな〜。

  • 陽だまりの詩が好き

  • 一話一話に強烈なインパクトがある不思議な短編集。

    一番印象に残ったのは「SEVEN ROOM」ゾクゾクしながら読んで、読んだ後は暗い気持ちになってしまいました。それなのに、何度も反芻してしまいました。

    また他にも、切ない話かと思ったらラストでどんでん返される「So far」や、死を認識する心の変化を描いた「陽だまりの詩」が特に良かったです。

  • 陽だまりの詩だけで星5つ。

  • 初っ端は「カザリとヨーコ」。境遇が全く違う双子姉妹の物語。展開が全く予想できないので、ドキドキしながら読み進めた。結末はあまりにも意外!

    2作目は「SEVEN ROOMS」。何者かに理由もなく監禁された姉と弟の物語。迫りくる死の恐怖はめっちゃ怖かった。

    3作目以降は、上記2作品と比べると少々退屈だった。独特の世界観は随所に散らばっているものの、ふーん変わった世界、って感じるぐらいだ。

    首がごろんと落ちたり、血が噴出したりしている描写ではあまり恐怖は感じなかった。

    僕にとって恐怖とは目に見えない方が実感するかも!

  • 乙一さんの作品はストーリー設定が新鮮でおもしろく、
    読者をぐいぐい惹きつける魅力があります。

    ただこの短編集もそうなのですが、話の展開が唐突で違和感を感じるときがしばしばあります。
    起承転結の転の部分で文字通りずっこけているような感覚です。

  • 作者に騙されっぱなしの作品です。悲しくなったり、笑ったり、グロすぎて顔を歪めたり…本当に心が踊らされます。

  • 「夏と花火と~」で乙一氏に興味を持ったので、まずは二部作のうちの一冊のみを購入。
    期待以上だった。とにかく台詞が印象深くて、語りが一人称であるところが、より一層魅力を引き立てていると思う。1番はじめに載っている「カザリとヨーコ」の、冒頭の一文から既に引き込まれていた気がした。2も買う。

  • 「世にも奇妙な物語」のような短編集。
    ちょっとグロテスクで気持ちの悪い話があったり、かと思うと温かく穏やかな物語があったり。
    全体的に読みやすいですが、文体が独特だなー。

  • 初めて読んだときは、衝撃的だった。どす黒いホラーの中に、白乙一が紛れ込んでいるのが面白い。「SEVEN ROOMS」が凄い。

  • この本は短編集。「sevenrooms」という短編を高校時代に何かのアンソロジーで読んで、泣いて、ずっと記憶に残っていて。
    大人になってから検索してみたら「乙一」と言う人の短編だったとわかり、買ってみました。

    久しぶりに読み直してもやっぱり泣いた。びっくりだ。

    世にも奇妙な物語の「不思議系」「怖い系」みたいな話が好きなら絶対に気に要ると思うんだけれどどうでしょう。
    ちょっとグロイ描写もあるんだけれど、それ以上に読み終わってから「うぉ」ってなる話が多くて、読み終わっても何分か「(゚Д゚)」としてしまいます。何だったんだろうで終わるミステリーより、こういう「ほほう」って唸らされちゃうミステリーの方が好きです

  • 「SEVEN ROOMS」「カザリとヨーコ」で忍び寄るような、せまっくるような恐怖感にぞくぞくとしたかと思えば、「陽だまりの詩」ではガラリと変わって、安堵するような、切なくなるような。いろんな表情を見せる短編集。まさにZOO。

  • ジャンル分け不能な5篇からなる短編集。あっと言う間に世界観に入り込み楽しめた黒乙一。中でも『SEVEN ROOMS』めちゃくちゃ怖い。コンクリートの部屋に閉じ込められた姉弟。7つの部屋と謎。最後どうなるのかヒヤヒヤしながら読んでしまった。

  • 170819読了。
    陽だまりの詩は今の僕の心境とすごくマッチしてしまった。愛が深まれば深まるほど、、喪失感が増す。
    いっそ愛さなければよかった、なんて。

  • セブンルームズを思い出すと、悔しくて悔しくて眠れなくなる。
    あと、カザリとヨーコも忘れられない。

  • 乙一だーーー!!!すごい乙一でした
    最初の作品とか衝撃的すぎて、次のも映像されてるのが衝撃的すぎ。でも4作目の乙一感ね、大好きだ、、、
    長編以上に短編の方がグロテスクめだね、、、そこには驚いた、、、

  • SEVEN ROOMSを電車の中で読んでいて、頭がクラクラしたのを思い出す。

  • なかなかの闇でした。

    あっという間の読了!

    映画が観たくなる(^-^)/

全1137件中 1 - 25件を表示

ZOO〈1〉 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ZOO〈1〉 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ZOO〈1〉 (集英社文庫)の作品紹介

何なんだこれは!天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され…(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。

ZOO〈1〉 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする