真夜中のマーチ (集英社文庫)

  • 2917人登録
  • 3.44評価
    • (143)
    • (399)
    • (670)
    • (88)
    • (11)
  • 346レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 集英社 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087460957

真夜中のマーチ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 追いかけっこ小説。登場人物がみんなちょっと悪くてちょっと優しい。ミタゾウのその後が気になる。

  • 裏世界に片足つっこんでるイベント会社の経営者と、一流企業の会社員、お金持ちのお嬢様が手を組んで大金を得ようとする話。

    アクション映画を見てるたのようなスリルとスピード感を感じました。
    こういう雰囲気の小説はあんまり読んだことなかったので新鮮でした。

    この本を貸してくれた上司は大の勝負(ギャンブル)好き。あぁ、なるほどなぁ…と思いました。

  • 2017.10.3

  • 2016.12/1〜7。安定の読みやすさと軽快さはさすが奥田英朗。目指すは10億円。ライトにさらっと読める一冊。

  • 映画みなくちゃ。

  • 面白かった!
    初めて読む作家さんやったけど…『ナオミとカナコ』書いてる人やったんや!?ドラマしか観てなくて原作も読んでみたいと思ってた作家さんやから更に興味津々!他にも読みたい本がいっぱいあった!

  • H29.03.10 読了。

    奥田英朗さんの作品は今までに、「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」を読んだことがある。
    同じようなコメディ全開かと思っていたら、全然違う!のに面白い!!

    まず、この人の文章って、すごく読みやすいと思った。
    さくさく読んでいける。
    また、ストーリーも面白いので、どんどん読み進めてしまう。

    現代モノって、ある程度リアルな話でないと、
    ありえない展開が出てくると一気に冷めてしまう。
    この作品も、フィクションならでは、な話ではあるけれども、世界観が崩れるような程ではなく、ちょうど良い感じ。

    映画化とかされてないのかな?
    あれば観てみたい。

  • 奥田先生の人物描写はホントに面白いなー!
    それにしてもお金に厳しい人はやることも抜け目ないですね。ミスをチャンスに変える姿勢は見習おうと思いました。

  • 奥田さんはやはりスゴイ。幅が広い、作風の!
    3人の男女が10億円を狙うクライムノベル。そのキャラ設定がまた、実在したらイライラするやろなーっていう、ちゃらんぽらんと、頭だけいいエロ男と、自分に自信満々の女。しかしこれが組めばいいコンビなんだな。
    とにかくスラスラ読める。そして終わり方が好き。

  • 面白かった!クライムサスペンスとはどんなものかと思ったが、誰も傷つくことなく。でも3人の織りなすドタバタ劇が読み応えがあった。10億円強奪ストーリー☆

全346件中 1 - 10件を表示

奥田英朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

真夜中のマーチ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

真夜中のマーチ (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夜中のマーチ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中のマーチ (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真夜中のマーチ (集英社文庫)の作品紹介

自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで三田総一郎と出会う。財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のダメ社員だったミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに邪魔されてしまう。それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、美術詐欺のアガリ、10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が…!?直木賞作家が放つ、痛快クライム・ノベルの傑作。

真夜中のマーチ (集英社文庫)の単行本

真夜中のマーチ (集英社文庫)のKindle版

ツイートする