ショートソング (集英社文庫)

  • 1702人登録
  • 3.50評価
    • (159)
    • (253)
    • (409)
    • (72)
    • (22)
  • 344レビュー
著者 : 枡野浩一
  • 集英社 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087460971

ショートソング (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話が薄っぺらい。
    結局話がよくわからない。。
    どーもね。
    言葉の選び方も今ひとつ。

  • 枡野さんについて全く知らず、書店で何気なく手に取ったんですが、面白かったです。とっても開けっ広げな主人公たちのセリフと短歌って新しいって思わせるところが好き。短歌に全く興味がない人も、ストーリー展開に合わせて紹介される短歌に違和感なく溶け込めると思います。まぁ、内容は軽薄なもて男の再生ともてないハーフの成長というよくありがちな内容ですが。吉祥寺の実際にあるカフェとか、メニューが上手に紹介してあって、私も東京へ行きたくなりました。この地図も発行されているようです。

  • 何度読んだかわからない。

    国友くんより、舞子先輩より、瞳さんよりも
    伊賀さんが素敵で、人間くさいんだなあ。

    また読むだろう。まだ読むだろう。

  • めっちゃ面白い
    何回か読んだ

  • 著者は歌人で、「ショートソング」とは短歌。主人公はチェリーボーイとプレイボーイ。前者の両親は日本人とカナダ人で、どハーフ顔のイケメンであるにもかかわらず、英語はまったくしゃべれません。シャイな彼はカノジョなく、2つ上の憧れの先輩から声をかけられていそいそ出かけたところ、それは先輩の所属する歌会。後者はその歌会のメンバーである歌人でモテ男。そんなふたりがかわりばんこに語る構成。下ネタ満載ながらやらしさなし、青春を感じながら面白く読みました。いっぱい登場する短歌も笑えます。「馬鹿中の馬鹿に向かって馬鹿馬鹿と怒った俺は馬鹿以下の馬鹿」。

  • 知り合いに言われて初めて手に取った短歌がメインで進むお話
    感想は素晴らしいの一言でふとした時にまた手に取りたい
    短歌から想像できれば面白いできないならば駄作に変わる
    あくまでも短歌がメインのストーリー知って読まねば期待外れに
    本書にて掲載された首の中で私の好みをいくつか示そう
    ・焼きたてのパンを5月の日だまりの中で食べてるようなほほえみ
    ・かわききるくちのなかまでしみとおるゆうきさえないのがプレゼント
    ・さっきからずっと出ている虹だからまだ見てるのは私だけかも
    ・遠くまで行く必要はなくなった 遠くに行ける そんな気がした
    ・靴音で笑いあえたらなって 蹴る くつくつくつ石畳みどきどき
    凄くない?どんな感性していたらこんなセンスを剥き出せるのか
    本を閉じ想いに耽った午前2時久方ぶりの幸せな味

  • ストーリーは正直そこまで引き込まれるものではなかったけど、引用されている短歌が洗練されていて面白かった。

  • 私はこういう小説もありかな〜チェリーボーイとプレイボーイ2人の立場から話が進む、面白可笑しい痛快ラブストーリー
    少し内容が薄い感は否めなかったけれど、短歌の世界を垣間見ることができておもしろいと感じた。伊賀さん憎めない笑こういう人いるなぁ〜って思ってしまった。そして、吉祥寺のカフェに行きたくなっちゃった!

    傷つけた
    そんなことさえ
    気づかない
    POPな男は
    まじたち悪い

  • ショートソング=短歌

    読んでると 吉祥寺の街 目に浮かぶ
    とりあえず次 あのカフェ行こう

    短歌のよしあしは正直わからないけど
    青春ぽくておもしろい本だった

  • 短歌を交えて進んでいく小説。
    最近短歌に興味が出てきて読んでみました。

    物語の中に出てくる短歌は、この物語のために作られたのではないようですが、
    自然に盛り込まれていて楽しめました。

    物語の中に短歌が出てくるのって、現代の小説だと珍しい形式な感じがしますが、
    源氏物語とか古典にはそういうスタイルがあるので、その手法を現代小説に持ち込んだって感じなんですかね。
    短歌がそれぞれのキャラクターらしくて、いい味を出していると思います。

    手法も含めて面白い小説でした!

全344件中 1 - 10件を表示

枡野浩一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ショートソング (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ショートソング (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする