1ポンドの悲しみ (集英社文庫)

  • 4051人登録
  • 3.33評価
    • (167)
    • (389)
    • (942)
    • (117)
    • (33)
  • 408レビュー
著者 : 石田衣良
  • 集英社 (2007年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087461565

1ポンドの悲しみ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アラサー恋愛短編集。劇的ではない、ほんのりハッピーなお話が多いので爽やかに読めます。寝る前に一編ずつ読むのにも良さそう。
    『ふたりの名前』なんにでも所有権を明記する同棲カップルが猫を飼うはなし。
    『誰かのウェディング』退屈な結婚式で出逢ったプランナーの恋。
    『十一月のつぼみ』花屋で交わされる視線、乾いた日常に潤いを与える存在、捨てることのできない現実の価値。良くも悪くも転びきらない切なさがリアル。
    『声を探しに』ポップな印象だけど、琴線に触れる言葉もあった。かわいいカップル。
    『昔のボーイフレンド』元サヤに戻る話。
    『スローガール』ほんとうの嘘でも、似たのがあったな、文脈を読めない美人のはなし。今回は会話がスローな純真美女とプレイボーイとのハートフルラブ。
    『1ポンドの悲しみ』遠恋カップルの一月ぶりの逢瀬。この人の書くセックスはかなり官能的だけど不愉快にならないのは男性目線のエゴや押し付けがましさを見せないからかな。
    『デートは本屋で』本好き女子とコピー機営業の初デート
    『秋の終わりの二週間』愛情溢れる歳の差カップル。
    『スターティング・オーバー』元仕事仲間たち三人が月日を経て成長させた恋愛観を交換する。

  • 石田衣良さんの作品は初めてでしたが、とても読みやすいオムニバス形式の恋愛小説で、私は3番目の『十一月のつぼみ』が一番胸にキました。

  • まったく柄にもなく恋愛短編集を読んでしまった。
    元々恋愛ものも、短編集も好きではないので、感想も難しいが、「デートは本屋で」は良かった。
    大きな本屋って、飽きないし、カフェもあったりして、本好きがデートするにはいいところだな、と。
    だらだらと1日いれる感じ。

  • 悲しい結末が待ち受けている小説なのかと思いきや、どれも幸せを予感させる終わり方だった。

    あとがきに、「『普通』が一番おもしろいんだ。劇的な恋なんて、つまらない。普通の女性が、普通の男性に心かたむく一瞬の動きのほうが、僕の小説にはずっといいのです」とあったけれど、納得。
    劇的な恋に憧れはするけれど、結局のところ人は、さり気ない日常の出来事に幸せを感じてしまうものだから...

    「ふたりの名前」と「昔のボーイフレンド」と「十一月のつぼみ」がお気に入り。

  • 表皮が「大阪のあの場所!」と思い読みました。
    タイトルから、
    悲しいストーリーばかりで泣き続けるのかしらと心配していましたが、まったく。
    ハッピーエンドというか
    みんな頑張ってる。
    嫌な気持ちになる話はまったくなく。
    アラサー女子、独身にオススメ。

  • アラサーの恋愛短編集。

    片思い、遠距離、同棲、年の差、腐れ縁。
    いろんな形の恋愛が詰まってて、共感ポイントが多々。
    ほっこりして、恋がしたくなります。

  • 20代の僕には早かったかな、、、
    「デートは本屋で」は素敵だなと思いました。

  • ロマンチックな性欲の数々

  • どの作品もキレイにまとまっている。
    穏やかなハッピーエンド。
    私自身もアラサーであり、憧れとして読むにはあまりにも近い。
    自分が落ち着いてからでないと、うまく感情移入が出来ないな、と感じた。
    私なりのハッピーエンドを迎えたら、また読み返したい物語。

  • 私は、いつもはあまり読まない恋愛小説の 石田衣良さんの作品であり、⒑話の恋愛短編集が、掲載されている。

    題名の「1ポンドの悲しみ」と、書かれていたのだ、たった450gぐらいの悲しみなのか?と、思ってしまったが、シェークスピアの「ベニスの商人」の話の肉1ポンドをたとえながら、心臓部分に近い1ポンドの肉の重さを言っていた。
    少しこの作品は官能小説的で、今までのホンワカした話と、違って違和感を覚えてしまった。

    「誰かのウエディング」や、「11月のつぼみ」のような話が、好きである。

全408件中 1 - 10件を表示

1ポンドの悲しみ (集英社文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

1ポンドの悲しみ (集英社文庫)に関連する談話室の質問

1ポンドの悲しみ (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

1ポンドの悲しみ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1ポンドの悲しみ (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする