蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)

  • 4754人登録
  • 3.71評価
    • (376)
    • (683)
    • (728)
    • (80)
    • (12)
  • 452レビュー
著者 : 恩田陸
  • 集英社 (2008年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087462944

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 光の帝国の1話目に出てきたしまう一家のことが気になっていたから、蒲公英〜でしっかり出てきてどういう能力がある人達かわかってすっきりした。
    聡子と峰子の関係にほっこりした。最期は切なかったけど、聡子は100%生き抜いたことは素晴らしい人生といえると思った。

  • 常野シリーズらしい、切なさのただよう長篇。
    戦争に突入していく時代、その設定に既に単純なハッピーエンドではないことを予感させる。
    これは、常野の春田家の物語であり、遠目の聡子の物語であるけれど、峰子の少女時代とのわかれを描いたものであり、少ないページ数で強烈な個性を放つ槙村に住む人々の話。異能が軸にありながらも、それがストーリーの主題ではなく、聡子と峰子を中心にさまざまな登場人物たちの気持ちが語られる。時には聡子の目線で読んだり、峰子の目線で読んだり、さまざまな立場で読み、その度に感情を揺さぶられる。

  • 常野物語第二弾。

    不思議な力を持つ一族が、運命を受け止めながら、静かに、時に毅然と、受け継がれた役割を果たして生きていく。

    "自分は『見えない』存在。自分のことを自分の目で見られる人はいない…"という、登場人物のことばが印象に残りました。
    そして、一見変わり者にしか見えない常野の人たちを、自然に受け入れ、彼らの力を大切に守ろうとする、『槇村』の人々の、寛容さと謙虚さに溢れた生き方の美しさも。

    爽やかな読後感。

  • 常野物語シリーズの第二弾です。
    第一段と違い今度は長編小説だったので読みやすかった♪

    がしかし、前作で広げた風呂敷が大きそうな気がしていたので、想像よりもスケールの小さいお話だったな、というのが第一印象。。
    常野一族ってもっと大きなものと向き合っていたのではないの??
    それともそれは単純に私の期待値の高さだったのだろうか・・・

    まあ、そういうことを考えずに読めば、懐かしさを感じる美しい原風景に囲まれた村で、聡明な人々が活躍するどこかおとぎ話のような美しいストーリーだと思います。
    そして、クライマックスシーンは感動して涙が出ました。

    ・・・が、人の死を使うあたりに安直さを感じたし、ストーリーも聡子さまのことも含め予定調和的に感じて。
    読みやすかったし感動したし、実際泣いたけど、なーんか素直に褒めきれない作品でした。
    うーん、ターゲット層がもっと若いのかもしれません。

    でもでも、大惨事のときにしまえる能力を持つ人がいてくれたら、これ以上の供養はないし、残された者も救われますよね・・・そういう意味では夢があるお話です。

  • 前作「光の帝国」で描いて欲しかった部分が詰め込まれていて、嬉しい一冊だった。

    「光の帝国」よりも昔の話。
    とある農村に住む旧家槙村家の娘、聡子様と、医者の娘峰子の話。
    ……かと思いきや、そこにあの春田一家が現れたときから物語はどんどん展開してゆく。

    聡子様がどうなるかは、物語の早い段階で気付く。
    けれど、仏師の永慶がとある夫婦の行く末を知ったことから「仏を見出せなくなる」エピソード。
    池端先生が自動兵士に込める思いの真意。
    西洋画と日本画の、捉え方の違い。
    などなど、一人一人のスポットがとても濃くて、読んでいる側も「しまって」いるような感じがする。

    そうした愛着が生まれてからの結末は。。。

    上手く編まれた一冊。堪能しました。

  • 後半まで、非常に良かった。
    特に、西洋の絵と日本の絵の違いを言い表した場面は印象的だった。
    ただ、ハッピーエンド厨の僕としてはバッドエンドだったのがかなりのマイナス点であった。

  • 2016.10.1(土)¥150(-2割引き)+税。
    2016.11.5(土)。

  • 「聡子様」を中心とする槙村家にまつわる少女時代の思い出を語った、美しい物語。
    槙村家の客分である画家の椎名馨、仏師の永慶、発明家の池端先生などが登場し、日露戦争へ向かっていく時代が多面的に浮かび上がる。
    あまりにも美しすぎるので、少し面映ゆくなるくらいだが、「破滅の日」に、すべてを失った老女の語りであるためか、白々しくはならなかった。

    『光の帝国』を読んでいたので、常野物語?と思いながら読んでいたが、春田家の親子四人が現れて、やっとつながった。

  • もっかい読みたい!
    暖かくて不思議で怖くて、、
    大好き。出てくる人柄が魅力的すぎて、中二の頃に、6年前よんだけど、今も大好きな本。

    これもっかい読む!

  • 古き良き田舎の風景が目の前に広がって切なくなる。淡々としていて起伏が少ないので好みは分かれそう。
    現代を生きる私たちは忘れてしまっただけで、常野一族はまだ何処かにいるのかもしれない。

  • ラストの聡子様の件は泣いてしまった。
    廣隆様とはどうにもならなかったのだなぁ。
    ちょっと期待してしまったのだけど。
    昔の人は早くから大人だよなぁ。

  • 前作に比べスピリチュアルで淡々と物語が進んでいく。
    小学生だった主人公の成長していく視点は読みやすいが、物語の大半は多くの登場人物の説明と背景の説明ばかり。読み終わっても大きな山がなかったよね? とぼんやりとした感想しか出てこなかったのに、なんだか頭の中に残る。
    唯一の心残りとすれば、好ましい相手に犬のシロをけしかけたりカエルを投げつけていた廣隆と結ばれることがなかった点。
    ありといえば、こういう結末もアリだけど、どうせなから結ばれて欲しかったなー、なんて。

    色々恩田陸さんの作品は読んできたけど、これは俗に言う良い恩田陸作品。オススメ。

  • 自分が幸せであった時期は、その時にはわかりません。
    こうして振り返ってみて初めて、ああ、あの時がそうだったのだと気づくものです。
    人生は夥しい石ころを拾い、背負っていくようなものです。数え切れぬほど多くの季節を経た後で、疲れた手で籠を下ろし、これまでに拾った石ころを掘り起こしていると、拾ったい石ころのうちの幾つかが小さな宝石のように輝いているのを発見するのです。


    小さな子どもは他人だけを見て生活しています。
    なかなか自分という存在に気づかないし、自分がどんな顔をしているのかも知らないし、自分と同じように他人が感情や考えを持っていることがなかなか理解できない。
    僕たちは成長するにつれて、文字通り自分を発見していくわけです。自分の姿を長い時間を掛けて見つけ出していく。
    僕は、このことが人間を人間たらしめている気がするんですよ。


    物語も素晴らしいが、この表現に感服。。。

  • とてもスピリチュアルなお話。
    不思議な感じだけど(自分は何も見えないけれど)私は結構スピリチュアルな事に興味もあるので、興味深かった。

    そして最後の方は涙涙。
    年を取ると涙もろくなる(笑)

    世界大戦以前の古き良き日本の風景も読み取れるほのぼのとしが気分にもなれました。
    やっぱり戦争はしてはいけない!

    常野物語、まだ他にもシリーズがあるようなので、機会があれば他2冊も読みたいと思う。

  • 光の帝国を改めて読み直したので、常野物語第2弾も読み直し。
    読み始めは少し飽きてしまうんじゃないかと不安になるような”ゆるさ”だが、読み終わってしまうと嵐の前の静けさだったといった印象。大きな事件のようなものは最後の最後まで起きず、冒頭の3/4はそのための人物紹介や背景の説明といった内容。
    このように書くとあまり面白そうに聞こえないが、静かな文章に想像を掻き立てられるような面白さがある。おだやかの流れの中に切ない結末を予感させる不思議な物語。

    恩田陸の小説は当たり外れが多く、ストーリーの流れ、文体共に奇抜なことが多いが、今回は日記で語り口調というのがとても静かで読みやすいと思う。

    心残りとしては廣隆様と結ばれなかったこと。

    登場人物が非常に多く、それぞれがその時代を象徴するような思想を持っているため、それぞれの人物に注目しながら読みすすめるとまた違った物語が見える気がする。

  • 恩田陸さんは、凡人と違う一人を描くのが得意なのだなと思った。嫌味なく本当に凄いということを登場人物の心情、描写で示していき読者にそう思わせられるが凄いなと。
    聡子が西洋画と日本画の違いを語る部分が最も印象的。

  • シリーズ化しているんだが、やっぱり1が一番面白かったかなぁ。感動はしたけど、、、

    不思議な力を持つ人間たちのヒューマンストーリー。

    割と切ない感じの昔話のような内容です(*^^*)
    綺麗な綺麗な昔話。恋愛、友情、家族、そんな愛の綺麗ごと。みたいなね。

    日記のような語り口調で終始一貫しており、一人称で語られ続けるところに飽きがくるのかなぁ。

    もしくは、切ないヒューマンストーリーを私が今、欲していないのかわかりませんが、うーーーーん。な一冊でした。

  • あったかい気持ちになった。人とは違う力を持ってたり、外の世界を知り責任を知ったり、戦争で家族を失ったり、それぞれの運命を抱えながら必死で生きてる人々。ハッピーエンドではないのかもしれないけど、幸せだった日々を語った一冊。

  • 常野シリーズ第二弾。
    なぜこんなに文章だけで透明感が出るのでしょう。
    本当に辺り一面蒲公英でいっぱいのような
    夢心地の一冊。

    美しい日本の田舎の風景
    可憐な二人の少女
    そこにふんわり存在する春田一家
    読み終えるのが惜しいと思えるくらいに
    しみじみと美しい世界です

    そしてじんわりと哀しい読後感。
    哀しさの理由はいろいろありますが
    何より少女が少女のままでいられないことが
    一番自分ではリアルに哀しいです

    わたしも時々夢で学生の頃に戻ります
    自分も若く、友達もあの頃のまま。
    そして目が覚めると、あの頃の私はいなくて
    家事や仕事でキリキリした生活に目を向けなくては
    いけない…
    若いころには思いもしなかった哀しさです

    そして…最後の問いかけ(=読者への問いかけ)
    なんだか心が痛くなってしまう一文でした

    最後の新井素子さんの解説が秀逸

  • 光の帝国のあとがきで書いてあったように、今回は春田一家の話でした。しかし、春田一家を中心に話が進められているわけではなく、常野一族の在り方の通り、春田一家は物語の中心とはし離れた不思議な存在でした。
    春田一家だけでなく登場人物たちは、何処かにいそうな、しかも清々しい人たちばかりであり、憧れの世界でした。

  • 二十世紀初頭の黄金色のたんぽぽを額縁に丘の上に佇むお屋敷
    そこに暮らす村に代々続く槙村のご家族
    村を優しく見守るお屋敷の中で起こる少し不思議で穏やかなお話
    無限の可能性を信じてやまず、明るい未来をただ信じていた時代のお話。

  • 再読。常野シリーズ第2作。農村の自然の風景が色鮮やかに描かれ、どの場面も一枚の絵のようにくっきりと浮かび上がってくる。そしてその美しく懐かしい景色の中に、それぞれの登場人物がふわりと溶け込んでいる。魅力的な人々が、ラストに戦争という嵐の中でどんな結末を迎えてたかが淡々と触れられていて、それがより虚しさを感じさせる。泣きました。「この国をつくっていくことができるのか、それだけの価値のある国なのか」という主人公の終戦直後の問いかけを、現在再び投げかけてみれば、どんな答えが返ってくるのだろうか。

全452件中 1 - 25件を表示

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)に関連するまとめ

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)の単行本

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする