そうだったのか!現代史〈パート2〉 (集英社文庫)

  • 1171人登録
  • 3.95評価
    • (87)
    • (128)
    • (98)
    • (3)
    • (0)
  • 71レビュー
著者 : 池上彰
  • 集英社 (2008年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087463125

そうだったのか!現代史〈パート2〉 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イラク、アフガニスタン、北朝鮮など今起こっている世界のニュースが本質は何か、が良く理解できた。だからこれからどうなるだろうかも読めてくる。

  • パート1からさらに時代をくだり、80年代後半から00年代前半にかけて起きた世界の重大事件を解説。北朝鮮という国の異様な仕組みやアウンサンスーチーvsミャンマー政権の対立、お上の甘い認識が悲劇を生んだチェルノブイリ原発事故など、現在も頻繁にニュースに登場する事柄の、根本を知ることができる。 前作もそうだが、世界各地では今でも多くの血が流されており、それに比べ、どれだけ日本という国が平和であるかを再認識させられた。そしてその平和は、今すぐにも崩れてしまいそうな危ういものだということも。

  • 17

  • 様々なニュースを紐解いている本。戦争における 敵と味方は 複雑に見えるが、紐解いていくと、米ソ対立か 宗教の違い の延長線であることが わかる。アフガニスタン問題が 同時多発テロに至った経緯がよくわかった。

    「アフガニスタン」
    ソ連侵攻→アメリカとパキスタンがゲリラ支援→ソ連撤退→アフガニスタン政権崩壊→内戦→タリバン政権(パキスタン支援)→ビンラディン同時多発テロ→アメリカによりタリバン崩壊

    「パレスチナ」
    パレスチナ(ユダヤ国家)→イスラエル建国→中東戦争→パレスチナ難民→PLO→オスロ合意→イスラエル一部撤退

  • 前作と重なるところもあってか積読。もしくは世界の歴史の重さを受け止めきれずに積読。

  • ジャーナリストになりたいと思わせる一冊。三国志も読んでると権力者による経済的論理や既得権維持思想が被支配層をいいように操ろうとする意識は通底していてオモシロイ。

  • (2015.8.8)
    (428P)

  • 独裁政権の下で、政治の腐敗と国民の虐待が繰り返し起こっている。あまりにもパターン化しすぎていて、怖いくらい。人間という生き物の本性を見る思いがする。また、欧米先進国の場当たり的なご都合主義が中東などで起こっている民族紛争の遠因なっているというのも何だか情けない。結局、近代史から学びとれる事は、私利私欲や不安心理の下で紛争は永遠に無くならないということか。
    第8章チェルノブイリは、旧ソ連の杜撰な管理体質が生々しかった。東日本大震災を経験した身にとっては、他人事とは思えない。著者が今チェルノブイリを書くとしたら、どう描くのだろうか。

  • 資料ID:98150062
    請求記号:080||S||2
    配置場所:工枚普通図書

  • 4/5

全71件中 1 - 10件を表示

そうだったのか!現代史〈パート2〉 (集英社文庫)のその他の作品

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島 由紀夫
デール カーネギ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

そうだったのか!現代史〈パート2〉 (集英社文庫)はこんな本です

そうだったのか!現代史〈パート2〉 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そうだったのか!現代史〈パート2〉 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする