そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)

  • 1225人登録
  • 3.94評価
    • (82)
    • (169)
    • (85)
    • (6)
    • (2)
  • 88レビュー
著者 : 池上彰
  • 集英社 (2008年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087463859

そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生運動、三池闘争、公害問題…、聞いたことはあったけど実際深くは知らなかったので、日本の戦後もかなり重要な局面が多々あって、それこそ戦争と同じくらい、もっと学ばれるべきではないかと思う。
    同時に、現在だって問題だらけなのに、当時のような闘うエネルギーがなく(過激な行動がいい訳ではないけど)一部の人しか声をあげてないのではないか、自分はこのまま毎日ニュースが過ぎ去っていくのを見てるだけでいいのか、不安にも思う…。

  • 戦後復興からバブル崩壊までの日本現代史を整理した本。安保、自衛隊、韓国、沖縄の問題から 政治や経済の動きまで。今も続いている問題が多く、戦争のツケを 今も払い続けている感じ。政治家同士の争いは 現代史のテーマとしては 面白くなかった

  • * 読了日20170803
    * 購入日20170712
    * Amazonで購入した。

  • 戦後から2000年初頭までテーマごとによくまとまっていて面白かった。新興宗教に関しての項目もあれば完璧だった。

  • 曖昧だった日本の近代史を詳しく知れて勉強になった。若干古いけど大人の教養としてお勧め。

  • 三池争議がとても興味深かった。知らなかった。「共産主義」が現実味をもった勢力としてとらえられていた時代。いまの若者が知らない「時代の雰囲気」があったのだろうな、と思った。

  • 知っているようで知らない事が要領よくまとめられている。またリアルタイムで知っていても、断片的でしかなかった歴史的事件がストーリーとして立ち上ってくる手法は、あり変わらず見事。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    自衛隊の設立、「五五年体制」、東西冷戦が日本国内に反映した日米安保、戦後の廃墟からの高度経済成長、その歪みである公害問題。第二次大戦後の日本の歴史について、これからの歴史を刻んでいくわたしたちはどれだけのことを知っているだろうか。『そうだったのか!現代史』読者の熱いリクエストで生まれた池上彰版「日本現代史」、激動の時代を読むための一冊がシリーズ文庫化第三弾に登場。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・社会・日本史・政治



    ++1

  • 子供の頃、ニュースを通して耳にした様々な出来事、それが一体どういうことだっのか、本書を読んでよく分かった。
    そうだったのか現代史(1)(2)の読後だったこともあり、戦後日本は色々あったけどやはり平和なんだなぁ、と強く思った。今後も平和が続いてくれるといいのだが…。

  • 2/19

全88件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
村上 春樹
三島 由紀夫
湊 かなえ
デール カーネギ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)に関連する談話室の質問

そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)のKindle版

そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)の単行本

ツイートする