エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)

  • 3741人登録
  • 3.28評価
    • (138)
    • (354)
    • (592)
    • (181)
    • (39)
  • 334レビュー
著者 : 恩田陸
  • 集英社 (2009年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 半分は電車内、半分は長時間OKな喫茶店で。
    そんな読み方をしたせいか、ラストに「ん?んん?どゆこと?」となってしまって、後半を何度も読み返しましたが、やっぱりよくわからない。また自宅で集中して読みたい。

    ただ火浦と時子が会ったときからちょっときゅんときていたので、恋人みたいに過ごしはじめたときはもう興奮しました。…裏があるとはいえ。

    理由はわからないけれど、ここが妙に好き。

    『そうか、子供の頃は気がつかなかったけど、ジャングル・ジムというのはマッチ棒でできていたのか。』

  • 常野物語第一作『光の帝国』収録の「オセロ・ゲーム」の続編。
    「裏返す」「裏返される」とややこしく、話が2度も3度もひっくり返るので、二回目の読破にしてようやく理解できたという印象。

    SF的な要素がメインだけれど、夫・父親が失踪した哀しみを抱える母と娘、2人の女性の新しい恋物語、家族の再生の物語としても読みごたえがある。

    常野シリーズは、“不思議な力がある”という特徴以上に、丁寧に家族を描いているシリーズだと実感。

    欲を言えば「洗濯屋」である火浦の生い立ちや過去についてもっと描いてほしかった。
    それは次回作に期待!ということで。
    てか、早くシリーズの続きが読みたい。

  •  光の帝国、蒲公英草紙 は、ほっこり、ウルっと、ゾクっとする。で最高に楽しめのに対して本作は終始「???」だった。
     世界観がまったく掴めない。
     章毎の時系列が前後してるのは良いとして、章内で更に時系列がバラバラで把握しにくい。
     能力面の表現を掘り下げすぎた結果、内面世界、象徴世界、心理世界などの濫用。ここらへんの表現があまりにも抽象化されてて、「比喩になってるのか、意味はあるのか」すらわからない。
     なんだったら記実子、亜希子、美耶子、篤あたりの「希望の続編」を早く読みたい。

  • 何が本当で、何が作られたものなのか。

    登場人物だけは同じで、繰り返し語られる、微妙に違う世界。違う結末。彼女の作品には、ミステリーのような文章の運びと「藪の中」形式のストーリーが繰り返しでてくる。

    「光の帝国」の続編?スピンアウト作品?拝島母娘の孤独な戦いに終止符が打たれる。でも、本当に終止符なのか。

    ちょうど読み終わったポール・オースターの「リヴァイアサン」もそう。同じ人物。語られる違う物語。

    重複する物語に作家が、私が、魅かれるのは、私達の世界もそうだからなのか。重なり合う物語から見えるもの。

    何が本当で、何が作られたものなのか。

  • 短編集『光の帝国』に入っていたオセロ・ゲームの続編。常野一族の中でもいまいちイメージが湧きにくい「裏返す」「裏返される」といった能力について。なので当然入り込みづらい。それがなんとも言えないゾッとする感覚を生み出す狙いを得ているのかもしれないが…
    著者自身も難しさを覚えた第三作。攻めてきたなぁ、というのはわかるものの個人的にはいまひとつ。

  • 常野物語第3段・・・前作までの作品が良かったので手にとってみたものの、後半は無理やり感が否めず消化不良だった。種明かしもあり納得できたところもあるが、正直評価は分かれるところか?

    そのため評価は星3つ!!
    どうやら続きもあるようなので次回作に期待。

  • 前巻までとあまりにも雰囲気の違うものだったけれど、かなり引き込まれた。
    おもしろかった(^^)

  • サスペンスじゃないのこれ…

    着地点が非常に残念でした。お前とかよ、って思わずにはいられなかった。

    常野物語はやっぱ鶴先生がいてこそだよな。

  • 常野の一族、シリーズ3作目。
    文庫のあとがきにもあるけど、“二元論では語れない”とあるだけあって、時空を越えて話が進みスピード感についていくのに頭をフル稼動する必要があった〜(笑)
    またキーワード「あれ」「裏返され」「ボウリングのピン」「包む」「洗濯屋」これらもまた頭を悩ませる。
    味方なのかどうなのか、すべての人まして本人の意識さえがどうかわからないところも、ドキドキさせられながら読みました。
    さらに不思議さが増していて面白かった!!
    小説のシリーズもいいなと想いつつ、常野(とこの)物語読みかえそう♪

  • こういう結末もあり・・・かなあ!
    無理やり、この話をつくらなくても・・と思ってしまった。
    まさか、「常野物語」はこれで終わりじゃないですよね。

  • 『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。
    『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。
    『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。
    そして今、母が倒れた。ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。
    親切な言葉をかける老婦人は味方なのか?『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?
    緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾。


    第1弾の『光の帝国』と比べるとどうしても暗い感じの本だった。
    常野一族の中でもこの家族は負の部分が主だったような・・・。

    能力用語の意味もようやくこの作品で解明し、
    読み返してみるには良いかもって思った。

    恩田陸作品では好きな方です。

  • 作者:恩田陸

    常野物語シリーズ3作目。

    「光の帝国」「蒲公英草紙」と続けて読破。
    特殊な能力をもつ常野一族の話。。。

    4作目も、あるといいなぁ~。

  • 常野物語シリーズはすごい面白い!
    エンドゲームは不思議で不気味で、
    読み終わった後もずっとドキドキしてた。ちょっと難しかったところもあったけど すごく引き込まれた作品だった。
    火浦さん好きだな〜!

  • 好きなシリーズ。
    常野物語の3作目。
    登場人物は限られているが、理解をしようとすると今までより少し難しく感じた。
    いろいろと分かったような、分からないような…。
    希望ある終わり方は嬉しい。

  • 常野物語シリーズの第3弾です。

    今流行の恩田陸さんの作品を読んでみたいと思い、常野シリーズを3冊読んでみました。
    1作目は次作に期待できそうな予感がし、2作目は意外にスケールは小さかったけどそこそこ感動し、という状況だったので最後はどうなるのかと思ったら、本作はいいとこなしで一番面白くなかったです。

    今回はファンタジーというよりはSFでした。
    まあそれはよいのだけど、裏返す、裏返される、洗う、包むなど、抽象的なコトバがたくさん出てきて、それが最後までイメージしにくく、結局なんだかよくわからないまま終わってしまった感じです。
    大体、敵が「あれ」だもの。
    読みが浅いのは重々承知していますが、こんな漠然としたものが敵で、なのに実は元から敵などいなかった、母の記憶は改ざんされてた、とかで。
    こんな展開だから言っちゃうけど、そもそも今回の能力者の能力自体が無意味に思えるんですよね。
    例えば、一族最強の父の力を受け継いだ娘、が、結局力を発揮する機会はない。洗濯やも、外的には存在意義が不明。
    常野一族ってもっと神々しい、人を見守る能力者集団じゃなかったの?と、一作目からのテーマのズレが気になってしまいました。


    話題の蜂蜜~、直木賞本屋大賞と2冠に輝いてますが本当に面白いのだろうか・・・
    図書館で現在160番待ちくらいでーす。

  • あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。そして今、母が倒れた。ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。親切な言葉をかける老婦人は味方なのか?『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾。

  • もうっ!曖昧!!わからない!!(良い意味で)あと関係ないけど、異常と異状を使い分けてて勉強になりました。

  • 「裏返す」とか、草とか、一体何なのだ?
    『光の帝国』を読んだとき、気になって仕方なかった。
    最近のサスペンス小説って、謎解きされないまま放り出されるものなのだろうか、と釈然としなかったけれど。

    常野物語シリーズ第三作の本作で、そのあたりのモヤモヤは何とか解消する。

    それにしても、これって、ポストモダンな小説だなあ、と思った。
    拝島瑛子、時子母子が「裏返す」力を持ったきっかけが恐怖体験であり、それをずっと抑圧している。
    この辺りはむしろ古典的な(フロイト的な)精神分析的解釈を物語にしたもののように感じた。
    しかし、物語終盤になって、離散した家族それぞれが異なる物語を、自分自身さえ信じていないまま生きているというあたりまで来ると、それこそ境目が曖昧になったポストモダン的様相を示している気がする。

    そして、最後に提示される聖家族のイメージ。
    ポストモダンも行きつくところまで行くと、物語に回帰するということなのだろうか。
    いや、物語にはなりえず、イメージだけということか?

    ともあれ、面白く読んだ。

  • 「裏返す」さもなければ「裏返される」
    常野物語というシリーズの常野一族の物語です。

    世界観はとても好きだけど、終わり方はモヤっとする方が多いかも。
    本当に愛があってこの終わりならまだ良かったのか…


    「洗って、叩いて、白くする」
    このフレーズが読んだあとも頭から抜けませんでした(笑

  • あぁ~・・・そうか、こういう終わり方するのか。。。
    元の親子的・夫婦的なハッピーエンドを予想してたのだが。
    火浦が家族の一員になるとは。
    常野3作の中では一番ピンと来てないかもなぁ。
    不思議過ぎた。

  • 『月の裏側』とエヴァを思い出す。。。

    前作、前前作とは全く違う切り口でこうきたか、と。
    恩田氏の頭の中はどうなっているのだろう。。

    人数も増えて、時代もたって
    色々な考え方をするようになるだろうが
    こういう結論にもっていこうという火浦氏を理解するのは
    難しいけれど。。

  • 自分がバカなのか
    物語が難解すぎて、良く解らなかった・・・

    世界がぶっ飛びすぎてて
    ついて行くのが必死
    猛スピードで突っ走るストーリーに
    置いてけぼり感満載

    小説に負けた気がした1冊

  • 常野シリーズ第一弾、第二弾が面白かったので第三弾を購入。
    内容は第一弾の「光の帝国」にある「オセロゲーム」の続編です。

    前二巻がよかった分、がっかり。
    嫌いな恩田陸の特徴が出ており、訳の分からないストーリー。
    前半はまだよかったものの、後半になるにつれ理解不能になり、読み終わりもなんだかがっかり。
    途中からは「とりあえず読み始めたし読み終えるか…」と投げやりな感じになってしまいました。

    常野シリーズ好きにこそおすすめしない一作となってます。

全334件中 1 - 25件を表示

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)に関連するまとめ

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)のKindle版

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)の単行本

ツイートする