新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

  • 913人登録
  • 4.44評価
    • (201)
    • (107)
    • (43)
    • (1)
    • (0)
  • 145レビュー
著者 : 木内昇
  • 集英社 (2009年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (569ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087465174

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • いやぁ、おもしろかった!
    とにかく誰かにオススメしたくなります!!


    500ページを超える分厚い本を手に取ったとき、おもしろそうだと思いながらも気後れしたのが、うそのよう。
    読み始めたら、とにかく面白い。
    芹沢鴨の一件が絡んでくるあたりから展開が加速して、山南敬助が追い詰められ脱走するところまでくると、本を閉じることができなくなる。

    新撰組やその周りの人々、一人ひとりスポットライトをあてながら、彼らの目線でそれぞれの出来事が語られ、物語が紡がれていく。細かく語り手が変わることで見えている側面がくるりと変わって、ミステリーを読んでいるようでもある。
    物事を表面的に見ていたり、良い面だけを見て満足していたり、欺いていたり、欺かれていたり。とにかく次が知りたくなって、目が離せない。


    今まで新撰組に対して関心を持ったことは無かったように思う。
    大河ドラマ「八重の桜」を見ていて、悲劇的な印象ばかりが残る戊辰戦争の中で、斉藤一を演じていた役者の鋭いまなざしと寂しげな瞳の中の光が妙に気になり、新撰組に興味を持った。
    配役によるイメージや脚本での描かれ方、人物に対する解釈によって、歴史上の人物への理解はずいぶん違ったものになるのでは、と予想していたけれど、この本の中の斎藤一は当初のイメージが重なる部分が多かった。

    土方さんの参謀ぶり、沖田さんの天真爛漫さ、永倉さんの正義感が強くまっすぐなところなど、それぞれが持つ魅力が存分に描かれ、新撰組は「ただ乱暴な人切り集団だったのでは?」という私の先入観をあっさりと覆してくれた。新撰組初心者にもキャラクターの造詣がわかりやすくて、助かる。

    近藤勇は、「リーダーとしての統率力に秀でた人」というより単純で素朴で表裏のない人で、思っていたよりずいぶん表面的なものに囚われている人に映った。だからこそ、感情をストレートに表現できない土方さんにとって、全力で支える価値のある大切な人。そこに魅力を感じた人たちは彼だけではなかったようで。

    土方さんは最初に登場したときの何者にもなれない焦燥感にじりじりする様子と中盤のぶれなさの対比が興味深い。許しがたい部分も持ち合わせ、多くの人たちから恐れられているのに、一本筋の通ったところが彼の本質を知る人を魅了し、信頼を得る。彼の信じるものは、頭でっかちな『学』ではなくて、経験と観察に裏打ちされた事実のみ。
    ナイーブで優しい性格を素直に表せない人。正直、近くにいたら面倒くさい人だと思うけど、本で読むとすごくまっすぐな人。周りが立ち位置を変えるからよくない評価を受けているけれど、本当は彼が絶対的な立ち位置にいる。そのことを知っている人が彼について好意的に語るシーンがとてもいい。

    ひょうひょうとしていて相手を油断させるほどでありながら、物事の本質をさりげなく見極めている沖田さん。

    三谷さんの「新撰組!」を見ていないので、詳しくないんだけれど
    山南さんは確か堺雅人さんが演じていたはず。う~ん、納得!
    本書だと若干浅い感じも漂うし弱さも隠せないんだけど、堺さんの瞳の奥がすーっと深い感じにぴったりだったのではないかと思います。

    こうやって書いてくるとずいぶん息苦しそうな話に思えるけど、時折ニヤリとさせる場面もあり飽きさせない。
    ままならなさ。せつなさ。
    『幕末の青嵐』というだけあって、いっときも留まっていられない時代の流れの中で、精一杯生きて、自分たちの存在を必死で肯定した青春群像劇なのである。


    「俺は人物が並みだから、こんな仕事ばかりお鉢が回ってくる」と永倉はつい呟いた。傍らで聞いていた斎藤は(中略)独り言のように言った。「普通でいられる奴が、一番強い。・・・(中略)生き残るには、普通でいることだ」(P171)
    ... 続きを読む

  • 一カ月以上かかって、じっくりと読みました。
    今まで読んだ新撰組ものの中で一番好きかも。

    各隊士にまんべんなくスポットライトが当てられ
    心情なども丁寧に描かれていて、読んでいてハラハラ、ドキドキ
    くすくす、そして涙と盛りだくさんで感動しました♪

    芹沢鴨から始まり、維新まで各章で視点が変わり新鮮。
    慣れるまで時間がかかったけど、慣れると一気に加速した。

    自分も隊士になって一緒に時代を駆け抜けたかのように
    感じることができました。

    クライマックスは山南さんの切腹と
    藤堂平助の油小路の変では涙が。。。
    (この二人は悲劇の主役だなぁ…)

    新撰組のお話は、何を読んでも
    いつ読んでも読み終えると切なくって・・・たまらない気持になる。

    そして読み終えるともっと知りたいと思うし
    ますます好きだな、と思う。

    この本で個人的に、ピカいちだと思ったのが永倉と斎藤。
    生き残っただけある強運と生き抜くという信念が
    半端なく、カッコ良かった。
    土方さんの描かれ方も芯と筋が通っていて感動した。

    あとがきがまた良くって、「茗荷谷の猫」も読みたくなってしまう。

  • 初の木内昇作品です。
    資料に基づく安定したベースの上で展開する文章の巧みさにすっかり虜になってしまいました。

    新選組の結成から最後までを描いた物語。
    新選組隊士や幕府関係者の個人の目線で物語が展開していくのですが、それぞれの想いや周囲の人物に対する感情が鮮やかに描かれているため、彼らがどんどん身近な存在に感じられてきました。
    あとがきで、木内さんは「描く時代に自然と同化してしまう、そういう巫女的な才能の持ち主であるようだ」と評されていますが、まさに新選組の面々が著者に憑依したかのように思えてくるのです。

    登場人物1人1人がとても魅力的なのです!
    怜悧の裏に情に厚い自分を隠している者。
    天真爛漫に、感覚のままに生きている者。
    学問や思想に重きを置き、その実現を目指す者。
    同じ組織に属していても、不満を抱えたり、反発したりしつつ、それぞれの生き方を追い求めていった若者たちの姿に姿勢を正されることたびたびでした。
    動乱の時代をもがきながら生きた若者たちによって語られる言葉だからこそ、読者の胸に迫るものが強かったのかもしれません。

  • ブクログお友達の魅力的なレビューが無かったら全く知らなかったし手に取ることもなかっただろう作品。出会えて良かった。

    初めての著者、初めての新選組。
    新選組に詳しくなかった私には、細かく視点が変わるスタイルも、時間軸通りに進んで行く流れも、とてもわかりやすくて良かった。

    新選組という組織全体に対する印象は、読み終わってからもあまり変わらず、私の中で特に美化されたわけではない。
    しかし個々の登場人物に関しては、これは著者の描いた架空の性格や行動であるのだと思いつつも、沖田、永倉、山南、土方、斎藤が良かった!

    武田の狡猾さを描いたところでは、現代にもこういう人間いるよなあと思わず笑ってしまい、藤堂の最期では泣いた。
    その藤堂の最期あたりから、彼らが怒涛の政変にのみ込まれていく様は、もう目が離せない。

    その片時も目が離せない段階を電車内で読みつつ、今日は習い事へでかけた。
    レッスンが始まるギリギリまで読んでいたから、周りの皆さんから「何読んでるの?」と声がかかる。
    「新選組です。今鳥羽伏見の戦いなもんで」と私が答えると、誰しも「ああそりゃ佳境だ、大変だ」って反応になるのが面白かった。

    本書を読みながら、色々調べまくり、書きまくり、私の中でやっとこの時代の点と点が繋がって線になった。
    面白かった!

  • 司馬さん以外の歴史小説を読んだのは初めてで、個人的にはこれは画期的なこと。読まず嫌いだっただけだが、司馬さんほど楽しめなかったらどうしようという贅沢な恐怖があったからだ。
    母に薦められた『茗荷谷の猫』が面白かったので他の作品も…と思って出会ったのが本作品。本当はもう一つの無名隊士に焦点を当てた新選組モノのほうに興味を持ったのだが、司馬『燃えよ剣』の内容もすっかり忘れてしまったことだし、メインストリームから攻めることにした。
    隊士及び関係者たちが、短い章ごとに代わる代わる主格となって語っていくスタイルで、とても読み易い。テンポも良い。悪役っぽい芹沢鴨や伊東甲子太郎も含めて、それぞれ頑張ってるな、という群像劇らしい感じになっていて、どの人物もきちんと印象に残る。(それは大河ドラマの『新撰組!』を見たあとだからかもしれないけど…。)
    多摩時代からの仲間同士のつながりを重く描いているのも、大河ドラマにちょっと似てるかなあ。うろ覚えながら、『燃えよ剣』では流山で歳三と勇が袂を分かつシーンは、人と人とが同じ考えで同じ方向を向いて歩き続けて行くことはできないんだな…という思いで読んだ気がするが、大河も本作品もそういう描き方ではなかった。歳三の勇への思いと、勇の歳三への信頼と、それが通じ合って結果勇は官軍の元に行く。

    大河がバーモント甘口、燃えよ剣がジャワカレー辛口とすれば、木内昇の本作品は、バーモント辛口かなあ(笑)

  • 本作は現代風の言葉で綴られているので読みやすいですが、
    ある程度、新選組の動きを知っていた方がいいとは思います。
    新選組の上洛前からの話をそれぞれの章に区切って
    隊士や主に幕府側の人物によって語られてますが、
    章によって、目線が変わるところが面白いんです。
    語り手の隊士などの心の呟きやら、目線から
    その隊士だけでなく、他の隊士の輪郭がハッキリしてくる。
    作品によって、描かれ方は色々なんだろうけど
    その隙間を埋めたり、印象が少し変わったりと
    別の意味でも楽しめました。

  • 面白かった!!!

    新選組本は何冊か読んできましたが、
    その中でも特にお気に入りの一冊になりました!

    まだ薬売りをしていた土方さんが、天然理心流と出会う所から、
    やがて新選組として名を馳せ、はるか北の地にて果てるまで。
    次々と視点(語り手)が変わる所が面白いですね。

    同じ出来事でも、視点が変わればこんなにも違って見えるものなのか。
    主人公にはついつい肩入れしてしまう傾向があるので、
    彼らと敵対する人間からも描かれる物語は、とても新鮮でした。

    人一倍情に厚いのに、絶対にそれを表に出さない不器用な土方さん。
    子供のように明るく大らかで、でもどこか掴めない飄々とした沖田さん。
    一匹狼で決して自分を失わない斎藤さん、博学で優しい山南さん。

    皆が自分のイメージの中の隊士達そのままで、嬉しかったです。
    特に土方さんの恰好良さは異常(笑)

    山南さん切腹の場面や平助君の最期等は、涙なしには読めません。
    女性作家さんだからか、危ういシーンもなく綺麗で爽やかな印象。
    でも底流にはどっしりと芯の通った強さがあります。

    新選組好きなら必読です!!!

  • 同じ人物でも事柄でも見る人が違えば立っている立場が違えば印象も評価も変わる。
    視点が次々に変わるのでとても立体的で解りやすい。
    新選組に限らずだけど、史実と史実をもとにした小説はまた別物と思っているので、数ある説のひとつをとっているというところに特に個人のこだわりはないから、たとえば池田屋で沖田総司が喀血してもしなくても、竜馬暗殺が誰の手によるものであっても、別にいいんだ。
    それよりも隊士たちがみんなあの時代を生きて生き抜いたってとこがとても泣ける。

  • 読み始め…17.1.23
    読み終わり…17.1.25

    近藤勇・土方歳三・沖田総司
    山南敬助・藤堂平助・斎藤一
    長倉新八・原田左之助・井上源三郎
    芹沢鴨・そして.....

    幕末の新選組の志士たちの生きざまが
    清らかで勇ましく美しい....。
    一人一人の成し遂げたことは
    若者の純粋な心そのものといつも思います。

    これで最後...と知っていても
    命を絶たれる瞬間には身につまされる。

    新選組の主だった隊士たちそれぞれの
    モノローグで語られる幕末記。
    一人一人がどんな思いであったかが
    じっくりと語られている分
    読み手に伝わる気持ちもより深い。

    木内昇さんやっぱり好きです。

  • 読んで良かった~!!
    土方歳三、近藤勇、佐藤彦五郎、沖田総司、山南敬助、井上源三郎、斎藤一、等々複数の視点から描いた新選組。それぞれの矜持や思想が違っているのも面白いし、近藤への評価もいろいろなのが新鮮で興味深かったです。そういうこともあろのだろうなぁと思わせる書き方、それぞれの人物の個性も活きていて、その人物がよりリアルに感じられました。特に終盤は泣けました。副長好きの私ですが、沖田や山南、斎藤、永倉にもグッとくるものがあり、とても良かったです。
    お薦めです。

  • まず目次を見て驚く。16人の男たちが、入れ替わり立ち替わり、おのれを、人を、世を語るのだ。
    この構成だからこそ、読者はどっしりと広い視野で、激流となった時代の渦を体感することができるのだと思う。
    560頁にも及ぶ大作にもかかわらず、冗長や余計なものがなく、また、足りないものもない。
    新選組の帯びる磁力と、木内昇さんの技巧が渾然一体となった、まさに“読み応え”という言葉がふさわしい一冊。

  • 新選組の物語。章ごとに語り手が変わり、十六人がそれぞれ、己の見た新選組の組織・人・事件を語る。
    前章で胸中をつまびらかにしていた人を、次章で外側から見て語るようなこともあり面白かった。
    「武士になりたい」という夢を持った人、その人に憧れた人、その人たちについていくことに決めた人・迷う人たちの、夢・努力・葛藤を描いた力作。

  • 作者が別の作品で直木賞を受賞したときに平積みにされていたので、ものすっごく久しぶりに、新選組の「小説」を読みました。幕末に関しては、ある程度読みつくしたところで、作者の主観や妄想で隙間を埋めたある種の二次創作ともいえる「小説」より、まじりっけのない原液の「史実」のほうに興味がいってしまい、あまり小説を読まなくなっていたのですけども。そういう意味では、これはとても質の良い二次創作でした。名前のせいで男性作家かと思っていたら、女性なのですね。そのせいか否か、歴史モノというよりは青春群像的人物描写に重きをおいた描き方で、視点も細かい章ごとに次々変わり、色んなキャラクターの心情を丹念に追った作品になっていました。天真爛漫だけど何か欠落したような沖田さん、一匹狼で得体の知れないところがある斉藤さん、短気で短絡だけどわかりやすい原田さん、「最強の凡人」とでも呼びたくなる永倉さんなど、個々のキャラ解釈に目新しさはありあませんが、それぞれ上手く捉えてあって、とくに永倉さんのキャラの出し方は良かったと思います。

  • 試衛館時代から鳥羽伏見の戦いまでをさまざまな人物の視点を通して描いている。鳥羽伏見移行は日野まで落ちてきた鉄之助を迎えての彦五郎さんの昔語り、というか「記憶」。様々な人物の内面を窺えるというのはある意味、小説を読むことの醍醐味だと思う。

    この方は脇役的人物を描くのが巧い。とくに山崎さんが絶品。といっても本作ではあまり出てこなかったりするのだけれど。本作中では源さんがいい感じ。硬派な文体だけど、やたらと堅苦しいわけでもなく、落ちついた渋めの文章はわりと好み。

    史実重視なので、(必然的に)内容に目新しさはないのだけれども、玄人が読んでも面白いのではと思う。

  • 各章(?)ごとに主体を変えて、物語が進んでいくのですが、それぞれの視点での思惑や、人に対しての評価が異なるのが面白いです。
    読みやすく、不器用な彼らと、一つの時代を共に駆け抜けたような読後感です。

    本書の中では、特に斎藤が良かったです。特に最後の方での土方との場面はグッときました。

  • 十代から新撰組に興味を持っていました。きっかけは栗塚旭さんの「燃えよ剣」。司馬遼太郎さんの原作を読みました。続けざまに「新撰組血風録」「新撰組始末記」を読みました。テレビドラマの「新撰組始末記」大河ドラマの「新撰組」などなど。
    最近は少し飽きたなあと感じていたのですが、この作品は面白いです。切り口が斬新です。登場人物たちの主観でストーリーが展開して行きます。筆者が登場人物像を、しっかり持っており筆を進めています。当然、後半に進めば悲しくはなってくるんですが登場人物が、実際にその様に感じていたのではないかと思わせます。

  • 一つの歴史上の出来事を様々な人物の視点から描かれているのでとてもおもしろいです。ただの紙の上の文字が立体となり、自分の周りを回っているように感じました。新選組の小説でよく表現されている、近藤さんは素直で武士という夢に一直線、土方さんは目的のためなら手段を選ばない策士家、沖田さんは剣の腕は立つが、どこかふわふわしているというイメージの根本の部分がこの小説ではまるで本人の口から聞かされているようにわくわくしながら感じ取れました。
    初めて新選組の小説を読む方も、何冊も読んでいる方にもおすすめの一冊です。

  • 新選組の末路を重々承知していても山南の最期あたりからは泣けて泣けて仕方ない。視点が変わるからそれぞれの思いが垣間見える。特に永倉が語る油小路は読むのが辛いほど。実際に彼らが存在した時代があったのかと思うとなんとも切ない気持ちになるけど、みつの「それでも弟の生きた姿を、心の底から羨ましいと思っていた」って言葉に少し救われた気がする。

    はぁ、それにしても久々に徹夜して読んだ。木内さん、恐れ入りました。

  • 歴史小説と聞くと、読みづらいとか難しそうという印象を抱きがちだけど、この小説は軽やかな筆致でものすごく読みやすい。幕末という過激な時代でありながら、登場人物の考え方が現代人でも共感できるように描かれているからだと思う。新撰組について知りたい人がいたらまずこの本をオススメしたい。

  • 司馬遼太郎「新撰組血風録」がとても面白くて、新撰組にはまり、「燃えよ剣」を読んで、まだ読み足りなくて、ブクログの新撰組ものの中で、評価の高かったこちらを手に取りました。

    上記二作が、人物描写や人間関係においても、事実より、かなりフィクション寄り(実在しない人物も結構出てきます)に感じられたのに対し、こちらは、ドラマ性は減少するものの、より実在しそうな人間像を描いています。

    始めの方は、ちょっと地味なので、それほど興奮しませんでしたが、読むにつれて、引き込まれていきました。
    ある程度、新撰組の歴史と、メンバーの名前を知っている人向けかもしれません。

    そういう意味で、私の読んだ順は、自分にとっては正解だったと思います。

    特に面白かったのは、藤堂平助や、永倉新八、斉藤一、伊東甲子太郎の辺りでしょうか。もし現実にこういうことがあったのなら、すごいな、と感心します。

    「新撰組血風録」「燃えよ剣」と比較すると、かっこよさは、そこそこかもしれませんが、実在した人々の話だけに、大げさでなく、いくらか等身大な登場人物の「本当っぽいドラマ」に熱くなる書き味です。

    結局、実際の新撰組の存在が、歴史の大筋に関わりがあったのか、わからないくらいなのに、なぜこんなに惹かれるのか、不思議ですが。

  • そこにいたのは、どこにでもいる若者たち。

    新撰組の群像劇。それぞれの目から見た、新撰組の一連の流れが描かれている。土方、沖田、近藤、永倉、芹沢、井上、原田、藤堂、山南、斉藤、武田、伊東などメジャーどころだけじゃなくて、例えば土方の義理の兄である佐藤彦五郎や、浪士組を企画した側の清河八郎、幕府の山岡鉄太郎(後に江戸城無血開城に奔走する山岡鉄舟)とか間接的に新撰組に関わってくる人の視点もある。

    芹沢なんて大抵悪役だけど、芹沢視点だと、色々とくすぶっている不器用な乱暴者。お互いへの評価も面白い。創作だからできることではあるけれど、全面的に認めていたわけではなく、でも嫌いではなかったり、嫌いだと思っているのは自分の鏡だからだったり、親しく思っていたり、距離を感じていたり、そういうゼロと一の間の割り切れない気持ちが描かれているのがいい。歴史上の人物だって、現代の若者(であるわたしたち)と同様に、将来を思っていらだったりくすぶったり夢を見たりしていたのだと。

    だいたい、誰かが何か事件からひとつ自分の教訓(もしくは意志)を得る。しかし、次の登場人物はそれを否定する。たとえば、自分の力を使って役立ちたいと、そのためには清河についていこうと決意した山南が、清河に裏切られて消沈するのを、次の語り手の土方が冷ややかに評する。また、組織と個人の板挟みになった山岡が、学問や家柄や地位などに縛られない近藤たち新撰組を強いものと憧れを持てば、次の語り手である芹沢は、組織に属さず後ろ盾のない状態での自分の無力を嘆く。決して一枚岩でもなく、誰かの意志だけで好転しない、むしろ大きな世の中の流れに個人が飲み込まれていく様がよくわかる。だから、語り手がどんどん変わると、光の当たり方がどんどん変わって、次々と読まされてしまう。ただし、まったく知識なく読んだら何が起こったのかわかりにくいかもしれないが。

    惜しむらくは、それぞれのキャラクターに今までの下敷きが見えるところ。当たり前かもしれないけど、どこかで見た「新撰組」から外れていない。意外な人はいない。やはり司馬遼太郎の影響からは逃れられないのだろうか。

  • 新撰組モノの中でもかなりおもしろいという薦めもあって読み始めた。普段、新撰組モノは新撰組の成り立ちから終焉までを描いたり、一人の隊士に焦点をあてた物が多い。しかしこれは10ページ程度で、物語を語る主観者が入れ替わりながら話が進んでいく。知っている事件や物事も、見る視点が変わればこうもう変わってくるのかと、作者の書き分けのうまさに感心した。ひとりひとりがみんな主役になっていくことで、新撰組というものが色鮮やかに描かれていた。作者は男性だと思い込んでいたが、女性だというのにも驚かされた。

  • 初★歴史長編小説!
    そして私は日本史の知識どころか、新選組のこともよくわからない位だったので、読み進められるか不安だったけれど…

    読みやすい!登場人物の個性が楽しい!激動の時代展開!(前半は難しく感じたものの)
    すぐに引き込まれました。

    実に様々な隊士達の視点から物語が紡がれているのだけど、視点が変わる故の違和感、読みにくさはなく、むしろ面白い。男達それぞれが抱くその想い、その姿勢、その信念には本当に心を動かされました。(展開というより内面の描写が物語の主という印象)

    そして感情の描き方が素晴らしいです。
    ここまで登場人物の気持ちを生み出し、なり切る筆者の筆力に感服。とても自然だし…ホント、深いです。自分も一緒になっていろいろ考えさせられます。

    結末は切ないながらも爽やかな読後感で、
    良かった!

  • 新選組短編書籍の中で1番好き。文久〇年〇月…からプログラム式で始まるのではなく、ポイントとなる事柄に関わった隊士が語り手となってリレー形式で進んでいき、藩主やら縁人名がそこまで複雑に出てこないからとても読み易かったです。
    木内昇っていうからてっきりお年を召した男性かと思ってたらのぼりさんと読む女性作家さんなのですね。知らなかったー!!

  • 「燃えよ剣」「新選組!」と並び、新選組のマイバイブルに追加。

全145件中 1 - 25件を表示

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)に関連する談話室の質問

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)に関連するまとめ

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)の単行本

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする