家日和 (集英社文庫)

  • 4414人登録
  • 3.74評価
    • (288)
    • (741)
    • (575)
    • (62)
    • (9)
  • 583レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 集英社 (2010年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087465525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

家日和 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 6月-7。3.0点。
    家シリーズ第一弾。安定の面白さ。

  • どこにでもあるかのような夫婦あるいは家族の姿を、水彩画の様に点描した6短編。
    『サニーデイ』ネットオークションにのめりこんだ主婦の顛末をユーモラスに。
    『ここが青山』主夫業に生き甲斐を見出した失業男。
    『家においでよ』やはり、男の憧れ!
    『グレープフルーツ・モンスター』不倫小説に行ってしまうかと思いきや・・・
    『夫とカーテン』夫の事業と妻の才能発揮が、シーソーのような夫婦。
    『妻と玄米御飯』家族の健康を考える妻の深謀遠慮。
    いずれも、心がホッとし、読後に暖かな余韻に浸れる。

  • 短編集
    よくある(?)感じのいろんな家庭のシーン。
    人付き合いから産まれる困惑や
    社会・会社の影響
    家庭内の浮き沈み?

    軽い感じで読める

  • ほのぼの短編集。
    いい感じに力が抜けて 癒される。

    「家においでよ」が特によかった。

  • 一度図書館で借りて読んで、(忘れて)自分で文庫を買ってまた読んだ。よかった・・・んだよね。
    この後の『我が家の問題』もぜひ読みたい。

  • 6つの短編集。夫婦の日常にまつわる現実を、苦さと温もりとの丁度良い匙加減で教えてくれます。以下印象的な作品を簡単に。

    『サニーデイ』
    ネットオークション出品を通して自己肯定感を得る妻。あれもこれもと歯止めがきかなくなる気持ちに共感する人は多いはず。

    『ここが青山』
    突然の解雇で夫は主夫に。家族という味方。

    『家においでよ』
    別居した夫と妻のインテリアに対する価値観。妻側の気持ちが痛いほど伝わって切ない…。

    『妻と玄米御飯』
    ロハスな生活に傾倒し始めた妻と、それを内心うんざり感じる作家の夫。奥様の一人勝ちかな?笑

  • 奥田英朗の短編集は読めるんだよなあ〜〜。
    益田ミリがよかった。

  • 日常で何かに夢中になる心理と、その様子をそばで見守る心の内が夫目線・妻目線でどちらもうまく描かれていた。

  • それぞれ舞台も登場人物も違う短編集。
    とても共感できたエピソードと、全く意味不明だったエピソードと半々といったところ。

  • ドンドンころがっていくところを、最後は巧みに押さえる。ホッコリする短編集。転がり続けたい場合は、長編をどうぞといところか。

  • 3.2って感じです。
    ほのぼの面白いです。

  • 倒産して主夫になる、内職主婦、急に金持ちになった作家、オークションにはまる妻、妻との別居、夫が新規事業を始めたイラストレーターなどなど、ちょっとした危ない状況もプラス思考で乗り切っていく中年者の話。また同じ本を買ってしまった。

  • 2017.2.8
    「家」にまつわる短編集。奥田さんの作品はどんなストーリーでもユーモアがあって、登場人物を応援したくなる、そんな感じがだいすき!今回は、どこにでもありそうなそんな日常を描いていて、その中にやっぱりクスッとなる部分があって。すごくいいー。このセンス好きやなあ。

  • 日常でおきそうな出来事が エスカレートしていき、このまま いったら ヤバい という時に 家族が 歯止めになる物語集

  • ネットオークションに嵌る妻やロハスに嵌る妻、ご近所に居てもおかしくない家庭の中で起こるちょっとした出来事が面白おかしく書かれているので気軽に読めました。
    色々とトラブルはあるけれど不幸では終わらない話の展開は読んでいて安心できます。
    別居してインテリアや音響に凝り出す夫の話が特に良かったです。夫婦が離れて本来の自分を取り戻し、相手を見直す。なかなか起こることではないけれど有り得そうに思えるから文章の力は凄いな、と思いました。

  • すこし怖くなるくらい 事がどんどん進んでいって、読みながら
    「やばいやばい、それで大丈夫なの、何か起きちゃうんじゃないの、待って待って」
    と はらはらさせられるんだけど、
    最終的に誰も不幸にならない。

    日常生活の中に氾濫している人間の危うさを、まあるくやさしく片付けてくれる安心短編集。

    心配性の私にはリハビリになったか。

  • 優しい奥田英朗、ってな面がバシバシにでた短編集。すごくこう、良いです。
    こういう、ほっこりした小説を書きつつ、
    一方では、「最悪」とか「邪魔」とか「噂の女」とか、ごっつキッツい小説を書いちゃえるという振り幅の大きさ。うむうむ、奥田さん、やっぱ凄いなあ~と思う次第です。

    この小説は、ホンマ、優しいですね。
    人間の醜い一面を書いた家族の短編集みたいなんも、どれだけでも書けるだろうに、
    それでも、こんなに優しい、ホッとできる小説も提示できるんやな。凄いもんです、ホンマ。
    そういう意味では、やっぱ奥田さんの本質は、優しい人間なんだろうなあ~と、よく分からない感じの感想で、終わるのでした。

    でも、この短編集、ホンマ、良いです。
    ハナレグミの名曲「家族の風景」を、彷彿とさせますね。個人的には。

  • 「ここが青山」の夫婦関係、最高だなー。
    ジェンダー云々に振り回されるのって嫌い。
    別に「男が仕事、女が家事」っていう取り決めにしたがわなくてもいいんだし、そしてお互いが気にしなければ他者の見方なんてどうでもいいと思う。

    なんで奥田さんは女の人の気持ちを書くのがうまいんだろうか。

  • 人間に対する観察眼がすごい。 次々と仕事を変える夫。 でもそんな夫と自分の仕事が関連していることに気付いた妻の「夫とカーテン」 妻の小さなストレス発散でいうと、ネットオークションの出品にはまる「サニーデイ」 在宅ワーカーの妻が若い男に犯される夢を見る「グレープフルーツモンスター」 これも夢だけ。 この作品の中では誰も不幸にならないのがすごい。
    「ここが青山」 失業した夫が仕事より主夫が向いてると悟る話。 世の中まだまだジェンダーがあるのだが、楽しそうに家事と育児をする姿、それを短編でさらっと描ける力に、すごく羨ましくなった。 人間至る所青山あり(じんかんいたるところにせいざんあり)なのだなあと思った。

  • 【ブックオフ108円】6話からなる短編集。ちょっと頭の中をリラックスするには、うってつけの本。「ここが青山」「家においでよ」がお気に入り。特に「ここが青山」を読んでいるときは、去年仕事を辞めて無職状態になったので、他人事ではなかった。「家においでよ」は、世の中の男性が、別居したらやってみたいことではと思った。さっすが安定の奥田さん。

  • 今になって読み返すとひねりや毒の強さも普通だが、出版当初のインパクトはすごかった。

  • 様々な家族の風景を描いた短編集。知り合いの話でも不思議のない、ごく身近な、ちょっと笑える、だけど暖かい話。最終話に登場するロハスが苦手な小説家は、作家本人に違いない。
    巻末の解説は4コマ漫画で、全体的にゆるく楽しめる本である。

全583件中 1 - 25件を表示

家日和 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

家日和 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家日和 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家日和 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

家日和 (集英社文庫)の作品紹介

会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは…。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。

家日和 (集英社文庫)のKindle版

家日和 (集英社文庫)の単行本

家日和 (集英社文庫)のコミック

ツイートする