追想五断章 (集英社文庫)

  • 2801人登録
  • 3.71評価
    • (163)
    • (447)
    • (357)
    • (50)
    • (2)
  • 311レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 集英社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087468182

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

追想五断章 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 米澤穂信というミステリ作家は本当に面白いことを考える人だなぁ、と思う。そして果敢にチャレンジし、きちんと形に出来るすごい人だとも思う。

    伯父の古本屋に居候する青年、菅生芳光(すごうよしみつ)のもとに、死んだ父親が書いた五篇の小説を探してほしいとの依頼が舞い込む。存在するかもわからない小説の行方を調査するうちに...

    リドルストーリーとは『結末をあえて書かず読者に委ねるかたちで謎を提示する物語』という解釈で良いのだろうか。
    物語の中で探す目的となる小説の五篇全てが、その『リドルストーリー』となっているが、その『小説内小説』の出来がすばらしく、一つの読み物として楽しめる。また、結末のない物語という趣向が『追想五断章』という小説自体の仕掛けにもつながっていて、謎が解明されていく後半は唸らされた。

    ミステリの仕掛けの糸と物語の糸が有機的に絡み合い、また解きほぐされていく様はいつもながらに見事。
    全編を通しての胸の中を風が吹き抜けるような寂しさ、哀しさ、苦さは好みの分かれるところだろうが、僕は好きだ。

  • なんだろう?今思い返せば、「特にここが!」ってポイントは全くないのに、読んでる時はすげー怖かった。
    幽霊も殺人鬼も出てこないのに、真実を知るのって怖いのね。
    あれか。暗闇を懐中電灯一つで進んでいく感じか。先に何が潜んでるかわからない恐怖。

    そもそも話が全体的に暗い。というか、薄暗い。
    登場人物も口数が少ない上に何か影を抱えてるし、舞台は薄暗い古書店だし、話の本筋以外も全部どんより暗い。
    プラス、5つの短編を探し解読するに連れて、どんどん真相の、しかも良くないニュースのほうが集まってくる。

    リドル・ストーリーの最後の一行を入れ替えると、話の意味が変わってくるというオチは容易に予想ができるけど、まさか今まで以上に暗い結末に持っていくとは、予想の上を行かれた感じ。
    これ、米澤穂信の作風を知らない人が読んだら、さぞやがっかりする内容だと思う。救いがなさすぎて。

    と、否定的な感想を書いたけど、自分は好きでした。ホラー好きだし。
    「こんな恐怖もあったんだ!」という感動がありました。

  • 面白かった。
    あんまり期待せずに読んだのだけど、期待以上に面白かった。

    主人公は経済的な事情で大学を休学し、
    古書店を経営する叔父のところに居候しており、
    古書店を訪れた女性に依頼され、小説5篇を探していく
    というストーリー。

    殺人事件の容疑者が残した小説を探していく過程が
    うまくて引き込まれてしまう。

    人が次々と殺されていくミステリーのような
    切迫感・緊迫感が望めないはずの、
    小説5篇を探していくというだけのストーリーで
    ここまで読者を物語に引きずりこませるのはすごい。

    5篇の作中作も秀逸で、不思議な味わいがある。

    時代設定はバブル崩壊後の90年代初頭。
    日本が失われた10年という暗い時代に突入していく雰囲気と
    大学生でもない身分不定の居候アルバイトという
    何者でもない主人公の暗さが全編通して感じられる。

    「アントワープの銃声」という殺人事件も、
    海外で行われた妻殺しの疑惑ということで
    三浦和義の「ロス疑惑」を彷彿とさせるもので、
    暗い雰囲気が読後も心に残る作品だった。

  • 伯父が営む菅生書店に身を寄せる菅生芳光は、北里可南子という客から依頼を受け、父親の遺した五本の短編小説を探すことになる。
    五本の短編には共通点がある。それらはどれも、結末を読者に委ねるリドルストーリーであるということ。そして芳光は、それとは別の共通点と、作者北里参吾に関係する過去の事件を知ることになる。

    リドルストーリーにはやはり結末がないほうがいい(というか、結末を読んだらしっくりしてしまうような話は良質のリドルストーリーではない気がする)。
    伯父さんが本当はどう感じているのかや芳光がこのあとどういう人生を歩むのか、結局それもうまく見えてこない終わり方が、さりげなく気が利いている。すきです。

  • 面白かった!リドル・ストーリーと真実を繋ぐからくりが解けるにつれ、興奮で鼓動が早くなっていった。途中から、もしかしたらと思っていた事が当たっていて「やっぱり!」と思う感動と、まさかの種明かし。つまり、結論は予想できるものであっても、それに至る仮定が自分には思いもつかない流れで…。
    米澤作品はそういう面白さがあり、自分の波長に合っていて好きです。

  • 何とまあ鮮やかな展開か。筋立てが絶妙。良く思い付くものだ。

  • 地味で淡々としているのだけど、あっと驚くミステリーとは違った良さがあった。

    父親の娘に対する心情を想像できる余韻もよかった。

    夫婦間の感情は藪の中ってところも意外と好き。

  • 米澤穂信の『追想五断章』を読了。

    伯父の古書店に居候している主人公のもとに、ある女性から死んだ父親が書いた5篇のリドル・ストーリーを探してほしいとの依頼が入る。それを集める過程で、依頼主の父親はある事件の容疑者だったことが判明。

    リドル・ストーリーとは、結末を読者に委ねた物語のこと。作中に5篇出てくるが、なかなか凝った作りだと思った。

    さて、本来は結末のないリドル・ストーリーだが、作中に登場する5篇には結末がそれぞれ用意されている。しかし何れもたった1行のみ。この結末に作者(依頼主の父親)のある気持ちが込められている。

    リドル・ストーリーを集める過程や事件の真相、そして何よりプロットが個人的に新鮮だった。

    先に読んだ『儚い羊たちの祝宴』もそうだが、本作もまた米澤穂信の新境地であったことは間違いないだろう。

    数々のランキング上位に輝いたことで記憶に新しい『満願』も然り、これからも注目の作家である。

  • めちゃめちゃ面白かった!
    僕は、ミステリーを読んでも、トリックや謎に気付く事はめったにないんだけど、これは解っちゃった。
    ある一つの単語を目にした瞬間ピーンときちゃった。
    これは絶対アレだよな?と思いながら読んでまさにその通りだった時の快感は最高だね。

    でもそんな事がなくても物語の面白さにはかわりない。
    今まで読んだ米澤作品の中では最高の一冊。

    物語の舞台が平成5年であるというのも良い。
    ちょうど自分が大学生だった時期で、なんだか懐かしい感じがする。
    それにこの頃ってメールとかまだ一般的ではなかったから、連絡手段は必然的に手紙になる。
    やっぱりメールではあの味わいは出せないよ。
    手紙でのやり取りだからこそこんなに素晴らしい物語になったんだと思う。

  • 伯父の古書店でアルバイトをしている菅生芳光は、ある日やって来た若い女性客に、死んだ父親が書いた5編の小説探しを頼まれる。

    高額の報酬に惹かれ引き受けた彼は、調べを進めていくうちに彼女の父親が20年前にスイスで起きた事件の容疑者だったことがわかる。

    リドル・ミステリーである結末の無い小説を集めるうちに、彼が辿り着いた真実とは……。



    非常に良く練られた作品なのだと思いました。
    リドル・ミステリー=「結末の無い物話」という意味だそうで、勉強になります。
    この作品の場合、小説の中で出てくる5つの話は、最後の一文は依頼人の手元にあるため、最初から結末がわかっていて、内容を探すという倒置(?)的なリドル・ミステリーのようでした。

    そして終盤、見つかった4つの物語は5つの結末の中から2つ選択できるように読めるようになっていることが明らかにされていきます。

    この過程が謎解き部分であり、本作の醍醐味であると感じました。

    あと事件の真相、依頼主の父が妻である依頼主の母を殺したのか?という部分については少し読めたオチだったかな?と思わなくも無いですが、

    それ以上にそれぞれ面白い話だしつながっているし、なにより現実の事件への解答となっているという、構図が秀逸だと思いました。

    読み落としている点(伏線などなど)が多い気もしますが、一気に読み応えのある作品でした!

  • 米澤穂信さん一冊目。
    最近ミステリーを読み始めた初心者にも優しい作品、ということでお勧めされた。

    小遣い稼ぎに5つの断章(原稿)を見つけるという明確な目的のもと、断章の作者が伝えたかった真実は何かを主人公視点で探り当てていく感触がミステリー作品“っぽさ”を強く感じた。(=目の前は薄暗くてよく見えないけれど進むべき道はしっかり用意されている感覚)

    平成初期の時代背景やしょっぱなから疲れている主人公に少々読みづらさを感じたが、リドルストーリーを絡めた本格ミステリーとして高く評価したい作品。

  • オチは全然予想できなかった。
    というか予想する前に
    読み終わってしまったという感じ。
    それだけ先が気になったし
    サクサク読めました。

    言われてみれば単純な話なので
    特につまずくこともなく…。
    ただ最後だけちょっともやもや?
    でももやもやで良かったかもしれない。

    もう1回読みたいから
    今度は自分で買おうかな。

  •  5つのリドルストーリー(結末のない物語)を探すよう依頼された大学生の菅生芳光。その捜索から20年前の未解決事件の関連が浮かび上がってくる。

     リドルストーリーという設定がまず面白かったです。作中作としてそれぞれのストーリーが挿入されているのですが、どの話もショート・ショートの作品集に収録されていそうなくらい完成度も高かった気がします。またリドルストーリーということで最後の一行が章の終りまで明らかにされないのですが、その分ラスト一行がどれも効果的に自分の中に響いてきます。

     それでいながらパズラー的な要素もしっかりあってミステリとしての評価が高いのもうなずけます。主人公やその関係者たちの影をしっかりと描き切っているあたりも物語全体の冷ややかさを表現しているように思います。

     ミステリ的にはなかなかの良作だったと思うのですが、主人公やその伯父の問題については迫り切れていなかったようにも感じたのが少し残念だったかな、という印象でした。

    2010年版このミステリーがすごい!4位

  • バラバラのパズルが一つの絵になっていくお話。

    無名の作家が残した5つの結末の無い物語・リドルストーリーが、20年の時を経て一つの物語、一つの結末へと収束していく。

    収束先にある真実に驚き、その伏線が、大きすぎるその伏線に気付けず思わず「あああー!!」って、叫んでしまいました。

  • リドルストーリーという形式の使い方、また謎めいた作中作の趣向など、非常にテクニカルでうならせられる作品でした。
    ここまで作り込むのは流石です。
    何度も振り返りながら読んだせいか、中盤で結論の予想がついてしまったのが少し残念。

  • 人の人生なんて謎だらけ。
    結局誰の人生も、他人から見ればリドルストーリー。

  • 裏表紙のあらすじは若干ネタバレが過ぎるのでは…。読まずに読み始めてよかった。

    途中までは何だか平坦で退屈なお話だなぁとあくびをしながら読んでいたのだけど、2/3を過ぎたあたりから止まらなくなりつい夜更かしして読んでしまった。
    久々にミステリらしいミステリを味わった。
    やっぱり穂信は裏切らない。

  • 青春ミステリが得意な米澤さんにブラックな一面がある事は、
    「ボトルネック」や「儚い羊たちの祝宴」で既に確認済み。

    …ですが。今回は読む時期が悪かったかもしれません。
    とても後味が良いとは言えない作品で、少々気が滅入りました(笑)

    物語で提示された謎に、明確な答えを与えないリドル・ストーリー。
    この作品に登場する、五篇の作中作は思いの外面白かったです。
    こういうのを「儚い羊たち~」みたいに短編集にして欲しいな。

  • 著者の本を初めて読みました。
    古書店で日々を無為に過ごす青年店員に降ってきた文章探し。
    わくわくするミステリーかと思いきや、その文章は、かなりダークなもので、当初読み進められるかな~と思っていました。が、
    途中から探し主、探されている文章の作家の人生、等々が絡んできて、相当面白かったです。最後にすっかり忘れていた序章へ話は戻るんですね、ここがミソな部分ですね。

  • 仕掛けも面白かったし結末も目が離せなかったのだけど、目的に対する手段があまりにも非効率的、非効果的に感じられて、その違和感のために読後感はイマイチ。ただ、作者が好きなので贔屓目が強すぎるせいかもしれない

  • 物語の中の物語が最終的に絡んでくるんだろうと思いつつも
    あまり面白くなく感じ長し読みになってしまった。
    本編は結構面白かったと思う。だがあまり読み終わった後すっきりしなかった。
    いつもの米澤氏だった。

  • 文句なし。これは面白いし、すごい。
    プロットを練りに練って書かれたのだろう。もしそうでないのだとしたら、ミステリー作家を目指す人々はそのハードルの高さに心折られてしまう。

    物語のキーになるリドルストーリーの質も高く、そうしてそれが意味するものが明らかになったときの驚き。
    米澤穂信のなかで一番面白いと感じたかも。

  • かなり米澤氏「らしい」作品。
    この哀愁漂う雰囲気はとてもよくて、引き込まれる。
    所々に差し込まれるリドルストーリーも、そこで失速することなく読ませる力に感動した。
    「ミステリ」としての凄みはないが、「小説」としては好き。

  • 10/17 再読了。

  • リドル・ストーリーが好きだ。結末を読者に委ねるというこのジャンルに魅力を感じ始めたのはいつ頃だったか。子供の頃は「はっきりしない結末」が大嫌いだった記憶もあるのに、今となっては芥川で一番好きな作品を問われると「藪の中」を挙げるくらいになってしまった。
    この作品は「リドル・ストーリーを巡るミステリ」と聞いて手に取った。古書店のアルバイトである主人公が、父が遺したリドルストーリーを探したい、という女性の依頼を受けて調査するうちに、思いがけない真実に辿り着いてしまう、という話。実際に五篇のリドルストーリーを作中作として読むことが出来る。本好きとしてはやはり「本を巡る謎」という設定に心が躍り、あっと言う間に読み終えてしまった。
    この作家の作品に触れるのは「ボトルネック」以来二作目だが、今回もなかなか容赦ないなと思った。私がたまたま手に取ったのがそういう作品ばかりなのか、もしくはそういう作風なのか。話自体は面白いので、また機会があったら別作品を手に取ろう。

全311件中 1 - 25件を表示

追想五断章 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

追想五断章 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

追想五断章 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

追想五断章 (集英社文庫)の作品紹介

5つのリドルストーリーに秘められた物語
古書店アルバイトの芳光は、依頼を受け5つのリドルストーリーを探し始める。実はその著者は生前「アントワープの銃声」事件の被疑者だったことが明らかになり……。

追想五断章 (集英社文庫)の単行本

追想五断章 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする