宵山万華鏡 (集英社文庫)

  • 4948人登録
  • 3.71評価
    • (295)
    • (520)
    • (511)
    • (89)
    • (8)
  • 484レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 集英社 (2012年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087468458

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

宵山万華鏡 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 万華鏡の中から見た世界と
    万華鏡を覗いて見た世界
    外に出られないのはどちら

    宵山は万華鏡のよう

  • 最近、宵山の話づくしですごく気になっているくせに謎のままどんどん読んでしまっている。京都の祭りだってことはわかるけれど。しかし調べてしまうとなんか幻想が壊れそうでもったいない気がするのも確か。宵山、行ってみたい。でもこんな不思議体験などできず、イチ観客で人ごみに酔い、疲れ果てるだけなら行かない方がいいかなとも。アイドルは永遠にアイドルのままがいいように。さて話の中では壮大な冗談を命掛けで仕掛ける側の話と、まんまとひっかかってしまう人のいい男の話が面白かった。まず騙される側から始まったのがなんともオツだね。

  • 宵山をのなんとも言えぬ怖さをそれぞれの登場人物から描かれている。怖さがおもしろい。

  • 京都の祇園祭を舞台に宵山に翻弄される人々を描いた怪奇物語。宵山様を作り出した乙川、本当に存在した宵山様。連作短編小説になっており、気付けば宵山の謎に引き込まれていました。

  • 図書館で。
    なんだろう。こういう京都特有の雰囲気を書けるのってやっぱり京都に住んでいる人だからなのかなぁと思ったり。変な都だなぁ。そこが良いのかもしれないけど。

    ちょっと、やっぱりお姉ちゃん酷いね(笑)
    うん、そこは反省しないとイカンよね。

  • ちょっと怖いような、ミステリーのような要素も含んだ素敵なファンタジーだった。
    同時進行で読んでいる太陽の塔と、前に読んだ夜は短し歩けよ乙女に共通する人物がいて嬉しかった。
    読んでいて京都へ行きたくなった。

  • 初は「森見氏のこれまでの作風を混ぜ合わせた短篇集かな」と思いました。つまり、タイトルの万華鏡を「さまざまな森見ワールドが味わえる」という意味で捉えていました。
    読み終わるころには頭の中がぐるぐる回り始め、自分の思慮の浅さを反省するばかり。『なーる』確かに、万華鏡(テレイドスコープ)で宵山を覗いた風景です。

    祭りには賑やかさだけでなく、何かすべてをのみ込んでしまうような怖さがある。生粋の京都人を冷たく感じるのも、きっと何かを隠しているからではなかろうか。

    それにしても偽祇園祭をしてもらった藤田君は幸せ者だなあ。

  • 森見さんワールド全開でした。不思議世界でした。
    お祭りって楽しいはずなのに、そうでない雰囲気満載で。
    頭の中がついていかなくて、描写してある世界観を想像できていないような気もしましたが、一気に読みました。
    一度読んだあとで、もう一度読むといいような感じでした。

  • これほど面白い小説は久々でした。
    幻想的なお祭りの雰囲気が漂い、楽しげだけどちょっと怖い。
    そんな子どもの頃を思い出します。

    中盤のお話、藤田君と乙川君のお話は終始楽しげでワクワクしました。
    お二人はいいお友達ですね。

    あまりに素晴らしい小説すぎて、素晴らしい、面白いしか言葉が出てこない作品でした。

  • 作者の描く京都の幻想的な世界は、不思議なリアリティがある。本作は「宵山」を舞台に、少しずつ重なる短編がその世界を造っている。
    祇園祭に行くと、街全体がお祭りの場となり、別の世界に迷い込んだような感覚になる。ビールを飲みながら歩くと、酔いが回って、その錯覚がすすむ。自分には、宵山というより「酔い山」です(笑)

  • 個人的に「夜は短し歩けよ乙女」より断然好き。

  •  京都の祇園祭の宵山の日を舞台としたファンタジー短編小説集。本作は、少し気味の悪い気がしました。しかし、森見さんの小説特有の馬鹿馬鹿しさ要素もあり、宵山を偽装して友人を驚かすという壮大な物語は楽しかったです。

  • 祇園祭の宵山で起きる不思議な出来事と、それに巻き込まれた人々を描いた連作短編集です。

    作者の作品で三人称の話は初めて読みましたが、外からの目線という意味付けと、祭りの賑やかでありながらもしっとりとした雰囲気がよく伝わってきました。

    非日常が日常を侵食する怖さがある一方で、作者らしいどたばたな話もあり、そちらの作風が好きな人間も満足できると思います。

    話の大部分は実際の祇園祭とは何の関係もない作者の想像力の産物であり、登場人物から読者まで無理矢理に巻き込んできますが、それが人々を惹きつける祭りの魔力と重なって、
    何となく納得させられてしまうところが、苦笑いするしかないような不思議な物語でした。

  • 宵山が何だかよくわからないまま読んでた。

  • これはね、脳内映像作成班に莫大な賃金を弾んでる読書富豪が読むやつ。
    うちだってそれなりの待遇で雇ってると思ってたけど、これ読み始めたら、一人抜け二人抜け、みんな昼飯行ってしまった。

  • 幻想小説と、いつもの阿呆なモリミー節が交差する、モリミーならではの幻想阿呆短篇集。
    阿呆部分がきちんと幻想部分にはめ込まれているのがさすが!
    宵山も祇園祭も行ったことがないけど、宵山には行ってみたくなった。

  • 怪奇譚を下敷きにおばか要素も楽しめる。森見登美彦成分が凝縮されていて好き。

  • 著者のあとがきがとても印象的。

    なるほど、実体験が反映されている部分があるのだな、と。

    連作短編ではあるが、各編の並べてある順番にも、
    それはキチンと意味づけがなされている。

    したがって、順番に読んだほうがよい。

  • 実在している祭りなのに異世界の出来事のよう

  • 毎年夏になると読み返す本。色鮮やかにクルクルと展開していくこの本自体が万華鏡の様である。読み進めるにつれて夢中になり、私までもが宵山に迷い込んでいるような気分を味わえる。お祭りが生む非日常感はあるはずのないものを見せたり、ずっと魅力的に思わせたりする

  • 宵山の物語はフシギならカンジで開かれて、アホウがうじゃうじゃ。山ハ山ナリ、めくるめいて閉じられた。あほう、バンザイ!

  • 宵山万華鏡

    あまりイメージのなかった宵山での祭りですが、光輝く神秘的なものとなった。
    微妙に繋がりのある短編集で、ハチャメチャな楽しさ有り、少しの怖さ有り、神秘的なストーリーも有りと、面白いと感じられる話が何個かはありそうです。

  • 現実の世界と宵山様がいる別の世界とリンクしてその境界が曖昧でクルクルと万華鏡のように変化し、幻想的な世界を醸し出しているのが魅力的。あとがきで著者自ら祭りの神秘性について語られていますが、確かに祭りというのは異世界とまでは言わなくても、この世と別の世界とが何かの拍子に繋がってしまうような非日常の感覚がありますね。幼かった頃、人混みで迷子になるんじゃないかと思った怖さ、それを上回る祭りから得られる高揚感、そんな感覚を久しぶりに味わいました。恐るべし宵山、恐るべしモリミー!

  • お祭りは怖いし楽しいし怖いよね、という話。宵山行きたくなりますが、あとがきにも書かれている通り、いざ行くとなかなか疲れそうだし大変そうなんだよな。

    京都の地理も分からないし、宵山のことも全然知らない上になぜか寒い時期に読み始めてしまったので、なかなか読み進められなくて途中何度も投げ出しそうに…というか、投げ出していたのですが、最後まで読んで良かったです。面白かった。連作ということで、前の話と絶妙に繋がっていて、その伏線を覚えている方が絶対に楽しいので、わたしのように途中で投げ出さず読み切ることをおすすめします。

    2話目 宵山金魚、3話目 宵山劇場は、夜は短し〜みたいなノリで、わりとテンション高く楽しめる。

    でもそんなことより私は宵山迷宮が大好きで、したがって宵山回廊も大好きで、もうほんとに投げ出さずに読んで良かった…。森見先生ってあんまり私には合わないのかなと思っていたんだけど、これは好きでした。

    読むなら是非暑い季節に。

  • 現実のどっきりをこんなに気合入れて仕掛けてくれたら嬉しいかも、と思ったけど、それだけじゃなかった。
    妖しい世界と宵山は繋がっている。
    迷い込んだら絶対出られない。まさに万華鏡です。

全484件中 1 - 25件を表示

宵山万華鏡 (集英社文庫)に関連するまとめ

宵山万華鏡 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宵山万華鏡 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宵山万華鏡 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

宵山万華鏡 (集英社文庫)の作品紹介

祇園祭の京都を舞台にした森見登美彦の連作中篇集「宵山万華鏡」(ヨイヤママンゲキョウ)が文庫化!表題作ほか計6編収録。森見流ファンタジーの新境地

宵山万華鏡 (集英社文庫)のKindle版

宵山万華鏡 (集英社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする