許されざる者〈上〉 (集英社文庫)

  • 64人登録
  • 3.79評価
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 辻原登
  • 集英社 (2012年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087468700

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 和歌山に行った気分にさせるような本。日露戦争の時の時代背景もわかる。読みやすい。

  • オフィス樋口Booksの記事と重複しています。記事のアドレスは次の通りです。
    http://books-officehiguchi.com/archives/4091935.html

    (1)あらすじ

    舞台は和歌山県新宮市(作中では「森宮(しんぐう)」)である。この作品の主人公は槇隆光である。海外でドクター(博士号)を取得した槇は貧者から治療費を取らなかったので、「毒取る(ドクトル)先生」と慕われていた。槇のモデルは大逆事件で死刑になった大石誠之助である。

    (2)感想

    フェイスブックでこの本のことを知った。作中では槇など架空の人物がいる一方で、実在の人物が史実とは矛盾しないという点は、この作品の特徴としてあげられる。当時の出来事と当時の人々の様子を知る際、参考になると考えられる。

    参考URL;http://book.asahi.com/author/TKY200907220268.html(2014年6月11日アクセス)

  • 和歌山県「森宮」を舞台に、実在の人物をモデルに描かれた時代小説。

    大国ロシアを敵として無謀な戦いを挑む小国日本。
    世論の大半が開戦戦争を支持する異様なムードの中、
    海外で学んで日本に帰ってきた「ドクトル槇」は、戦争に反対する立場を主張する。

    『戦争を扇動するのは悪徳の人手、実際に戦うのは美徳の人だ』

    しかし医者としての使命を果たすべく、槇は、当時不治の病であった「脚気」から人々を守ろうと戦地に赴くのであった。

    ドクトル槇を中心に、時代の流れに巻き込まれていく「森宮」の人々の物語を描いていく。
    若くして「山林王」となった美貌の「千晴」をめぐる愛憎劇の行方も気になるところ。

    『萎びたり枯れたりしないように、水をやるのは欠かさないつもりだ。』
    秘めた想いをあたためる人々のせつなさが胸をうつ。


    和歌山県の新宮は私にとって身近な土地です。
    あの美しい緑の街がどのような歴史をたどったのか、下巻も楽しみです。

  • 読み始めたら止まりません.詳しくは下巻にて.

  • 大逆事件を題材にしており、事件自体にも興味が湧いた。他に大谷探検隊や二楽荘に関してとか初めて知る事が多かった。小説としてはTHE純小説だった。

全5件中 1 - 5件を表示

辻原登の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
宮部 みゆき
高野 和明
カズオ イシグロ
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)はこんな本です

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)の作品紹介

紀伊半島は熊野川の河口に位置する街、森宮。医者の槙隆光は貧しい者から治療費を取らないことから親しみを込めて"毒取ル先生"と呼ばれていた。ときは1903年、豊かな自然のなかで暮らす槙たちの周りには鉄道敷設や遊郭設置などの問題が起こり、一方で日露戦争開戦の足音がすぐそこに迫っていた-。歴史上の人物に材を取り、当時の情勢と熊野の人々を瑞々しく描いた第51回毎日芸術賞受賞作。

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)の単行本

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

許されざる者〈上〉 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする