おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)

  • 4831人登録
  • 3.51評価
    • (425)
    • (573)
    • (1272)
    • (108)
    • (38)
  • 580レビュー
著者 : 村山由佳
制作 : 志田 正重 
  • 集英社 (1999年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087470598

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
綿矢 りさ
石田 衣良
綿矢 りさ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 勝利!君はちょっとできすぎな男の子だよ!って思いました。
    好きだよ、でも、もっとかわいくてもいいよ。
    と、勝利よりだいぶお姉さんな私は思いました

  • 男側も大変なんだなあと思った。自らアタックする大変さ、辛さ。
    しかし、キスなどはもうちょっとかれんとじっくり親しくなってからでも良かったのでは?
    少々早過ぎて展開についていけない。
    ライトノベルを読んでいるような感じで、文章は読みやすいがそこまでの印象はなかった。

  • 気になってたおいコーシリーズについに手を出したよ!少年ジャンプにありそうなドキドキ純愛で、ほっこりした感じは嫌いじゃない。じれったそうな二人だけど、見守るつもりで続編ずっと読んでいこうかな。

  •  いつもは中々恋愛小説に手を付けないのですが、タイトルと書店でよく見かけるSecond Seasonの表紙があまりに綺麗だったのでずっと気になっていて、やっとのことで購入しました。
     ページも多くないですし、文体が読みやすいので、恋愛小説に慣れていない私もスルスルと読めて楽しめました。
     穏やかで落ち着いていて、胸が暖かくなるようなお話でした。純粋で綺麗で、けれど勝利の思うことがとてもリアルで、こうあれたらいいな、と思うような恋愛模様です。甘酸っぱく切なく、でもなんとなく安心して読んでいられるのは、文字から醸し出される雰囲気がハッピーエンドに違いない! と思わせてくれるからかな? と思います。シリーズものなので、最後までハッピーに終わってくれればいいな、と思いながら読み進めていこうと思います。

  • これっ!これだよっっ!!
    私の口より、「あー、ドキドキが欲しい。ドキドキが足りん」と聞いたことのある諸君、求めていたドキドキはこれだっっ!!!
    この少女漫画的展開!先が読めるのに、いざ読むときゃーってなっちゃうベタな展開!!いいねー♪好きよ好きよ。
    もうすぐ28なのに柄にも無くドキドキして、ベッドパタパタして一気読みでした。

    これ、「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズの1冊目で、あと10冊あるんだって・・・
    悩む!超悩む!!
    頭の中で乙女とシビアが言い合ってる・・・
    乙女「このドキドキがあと9回楽しめるのかーー!やばいーー!!」
    シビア「お前いい加減顔面と年齢考えろよ」
    シビア「そもそもこういうのって巻を重ねるごとにマンネリになるのが落ちじゃね?」
    乙女「いやいやこんなにドキドキできる本なんて少ないんだ!チャンスに乗っとけ!!」

    悩むわ。はー・・・

    「目の前にうまそうなニンジンをぶらさげられて、無視できる馬はめったにいない。馬は動物じゃないかという意見もあるだろうが、それを言うなら、人間だって動物なのだ。」

    <後日談>
    あのドキドキをもう一度!ってことで、一気読みした2日後くらいに読み直して、あら!?
    ・・・心が震えない・・・
    そして納得:ストーリー展開はドキドキするけど、キャラが好きなわけじゃないのよね。なんで二度読みはできない本なんだわ。
    ってことは、別に10冊揃えて手元に置いとかなくてもよくね?よし。本当にいい本がなくなったら(50年後?)揃えよう。そうしよう。

  • 高校生の時読んでた本。友達が貸してくれて久しぶりに読んだ。
    改めて読むと1巻はすごくいい。先は読まないほうが…。
    あたしがこの人の本を好きになれない理由は、どの作品にも「先生」と呼ばれる職業の人を出したがるところ。

  • 5歳年上の かれんさん が、ちょっと幼い感じがして・・・。

  • 初めて読んだ恋愛小説。
    後輩に薦められとりあえずという気持ちで読んでみた。
    少し自分と対比させながら読んだのだが、共感できる部分も多く驚いたがとても自然に自分に入ってきたという印象が強い。
    守るべきものと守られるべきものこの関係を形成することがいかに難しいか想像に容易である。

  • 久々にハマった!
    携帯小説なんかより全然面白い!!
    年代的に読みやすいって事もあると思うけどこれはホントにお薦め。

    次々に謎明かされてストーリが1本に繋がるとことか素敵。
    きゅんしまくりでした。
    きゅんしすぎて隣にいた妹にキモイって言われました…笑
    なんと言っても勝利に共感!!
    嫉妬する気持ちわかる。
    こういう人好き。笑
    かれんピュアすぎてかわいくてヤバイ!
    女のあたしでも惹かれる。
    わがままだけど結構一途な丈も好き!

    続き早く読もう。
    10巻までか…長いけど楽しみ!
    ピュアな恋愛小説が読みたいなら絶対にこれがおススメ!

  • あまり深い内容ではないが、さらっと読める。
    ただし、シリーズを通すとそれなりに長いので、一度読み始めると全て読むまで止めれないタイプの人は注意。

  • おいしいコーヒーのいれ方1-1
    約15年ぶり再読。いやもう、少女漫画を小説にしたかのような分かりやすい恋愛小説です。
    ああこの世界観、懐かしいなという気持ちで一気に読んでしまいました。シリーズもので、まだまだ先がある、2017年現在未だに完結していない物語。というか、作者もうネタ切れ?続きはあまり期待できません。
    作品は1994年、集英社より刊行。携帯電話なんてないし、カセットテープが大活躍している時代、良いですね。喫茶店でコーヒーが飲みたい。
    もう自分がいつの間にか彼らの年齢を追い越していたことにショックを受けました。

  • 再再読。少女漫画ばりにキュンとする。

  • 突如として一緒に住む事になった従姉弟達。
    久しぶりに会った彼らは、記憶よりも違うものに。

    今まで以上に手のかかる生活になってしまった主人公。
    こうしてみると、親に何もかもやってもらっているのが
    当たり前、と思ってはいけないな、と。
    自分の楽が、親の面倒。

    ただの同居人、の意識が、徐々に徐々に…な
    どうなるんだ!? な緊張感が。
    うっかり口走ってみたり、行動に移してみたり。
    王道だと思いつつも、なにやにや感が。

    秘密から、人のつながりから。
    何だかほっこりした気持ちになれます。
    弟の恋の方も気になりますが、それに対しての
    マスターの言葉は納得です。

  • 初々しくて笑える。
    年の差5年、高校三年の男子が新任教師でいとこの女子を好きになる。
    いとこ同士が同居するなんて、現代日本ではありえない話だけれど、このファンタジックな設定が現実味がなくて逆に萌える。

  • これこそプラトニック・ラブ!
    情景の書き方がうますぎる。

  • 1999年(底本1994年)刊行。ヒロインの肢体を見て鼻血を出してしまうシーンには、余りのベタな展開にクラクラ眩暈がしてしまうが、それくらい甘々の青春ラブストーリーである。とはいえ、年齢差やヒロインの奥手ぐあい、そして一方が高校生であることからすれば、もどかしい様なストーリー展開は微笑ましいと感じる読後感で、印象は悪くない。とはいえ、勝利のラストの台詞には吹き出してしまった。まぁ高校生だから不思議ではないけど…。

  • 勝利はそれなりの高校生だけどかれんの話し方がイマイチ。でも読みやすい。タイトルと最後のセリフがあってた。

  • 十数年ぶりに再読。やはり好きです、このシリーズ。再び、かれんに恋してしまう。この後も一気に読みたい。

  • このシリーズは大好き。この物語は、まるでそよ風が吹いているかのような爽やかな恋愛小説。ミントのような恋。

  •  青春アドベンチャーでラジオドラマが放送されていたのを聞いたのが切っ掛けで読み始めた、ベタベタの恋愛小説。初めて読んだのは、中学生の頃だったかな。ちょうど、丈と同い年くらいだったんでしょうね。
     記憶媒体がカセットテープだったり、携帯電話が普及していなかったり、22歳の女性にお見合いがどうとか(これは、当時でも早かったんじゃないかなと思いますが。)色々なものがこの短期間に変わったんだなあ、と。実感します。

     でも、主題の恋愛については、変わりませんね。もう、ドキドキしてしまいます(笑)
     ちょっと男の子達の設定が少年漫画に出てくる女の子達のようにちょっとズレている気がするのは置いておいて、勝利の、高校生らしい直情的でありながら今一歩進めない感じがいいです。

  • いとこと同居になり、恋をしてしまうという現実にあり得ないなと思う一方、ありそうかもという設定、青春の甘酸っぱさもほろ苦さも見え隠れしていると感じる話。他人同士であっても、いとこと血のつながりのない友人との違いなどどんな展開になるかなとドキドキしてしまうだろうなと感じる。恋の駆け引きがあるかと思ったが、そちらはあっさりとしているなと感じた。甘さの中に苦さがあったり、どっちをとるのかやきもきするといった、高校生のピュアさを映し出したり、青春らしいなと感じる。初々しさ、瑞々しさもあり、軽く読めてしまう。

全580件中 1 - 25件を表示

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)に関連する談話室の質問

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)に関連するまとめ

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)の単行本(ソフトカバー)

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする