鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

  • 3407人登録
  • 3.68評価
    • (339)
    • (438)
    • (668)
    • (57)
    • (13)
  • 352レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 集英社 (2000年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087471717

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラブ・レター… これは、今流行の純愛。会った事もない人をここまで想えるって素敵。
    吾郎はお金のために戸籍を売り不法就労している中国人白蘭と形だけの結婚をする。死ぬ前に白蘭が書いた吾郎へあてた手紙(ラブレター)には結婚してくれた事への感謝、写真だけの夫への愛がひしひしと書かれていた。
    吾郎も白蘭の手紙を読み、写真を見て白蘭への想いを募らせていた。そしてお金のために結婚した自分を恨む。
    白蘭の冷え切った頬を抱いて慟哭した吾郎。もっと違った形で二人が出逢っていたら・・・

  • 二つ目の話(ラブレター)、何回読んでも泣いてしまう( i _ i )

  • 2007年4月26日読了。

    8作の短篇集。作者解説によると「奇蹟」がモチーフだという。表題作は、いつも駅に立ち続ける駅長の物語。これだけ書くと面白そうだとは決して言えそうにない。現状、これまでの生い立ち、そして「奇蹟」は起きる。

    解説者の解説では、短篇の評判は四派「鉄道員」「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」にわかれたということらしいが、たしかに4作どれも良くてかなり泣いてしまったけど、印象的なのは「鉄道員」は含むけど、むしろ他の話。

    「悪魔」 家庭教師として来た男に不信を抱き、家が崩壊していくのはこの悪魔のせいだと思い悩む少年。少年の目で見ると確かにそう思えるかもしれないのだが。やるせないなぁ。(でもある意味少年萌え話だと思った私ですが?)

    「ろくでなしのサンタ」 よくわからない世界でも、感情移入ってできるものなんだ。

    「オリヲン座からの招待状」 崩壊しそうな夫婦がどうにかなりそうな話としてではなく、むしろ彼らの子どもの頃の思い出話として印象的。その背後に年老いた映写技師と妻の姿が映る。

    逆にあまりわからなかった話。
    「伽羅」 つまりこの女性は幽霊ってこと?

  • こんなに素敵な短編集、久しぶりに読んだ。
    著者が短編を鍛えるためにガリガリ書いたというように、選び抜かれた文章には無駄がなく、すっと心に入ってくる感じ。

  • 「あなたに起こる やさしい奇蹟」を集めた短編集。
    わたしの心には、『うらぼんえ』がいちばん奇蹟を起こした。
    涙がとまらなかった。

    心細さで、折れそうな時。
    自分はなにも悪いことはしていない。
    でもたったひとりで、理不尽な出来事に立ち向かわなくっちゃいけないとき。

    たったひとりでいい。そばにいてくれたならば。。。

    泣かない。ぜったい泣かない。泣き顔を見られたら負けだ。
    呻き声を奥歯で噛み殺す。
    ちえ子は迎え火のかたわらに蹲る。
    そんな時に、二度と会えないはずの人の声が聞こえたら。
    「ちいこ」幼い頃の自分の呼び名で名前を呼ばれたら。

    盂蘭盆会。
    わたしは、お盆の時期いつもと違う空気のやさしいゆらぎを感じる。
    亡くなった大切な人たちと、もう一度出会えても決して不思議ではない日。
    そして、それは生きていくわたしたちが、一歩踏み出せる日なのかもしれない。

  • 文庫本

    鉄道員 ぽっぽや
    ラブ・レター
    悪魔
    角筈にて
    伽羅
    うらぼんえ
    ろくでなしのサンタ
    オリヲン座からの招待状
    全8篇

    「ぽっぽや」は映画になって有名ですが、読んでみてこんなに短い作品なのかと驚きました。
    どの作品もとてもよかった。
    「ラブ・レター」なんて感動したし・・・素敵なお話。
    「角筈にて」も涙・・涙でございました。
    「うらぼんえ」なんて・・・もぅ

    浅田さんってなんでこんなに素敵なお話書けるんだろう?
    大好きだ。

  • 浅田次郎珠玉の短編集。切なく優しいトーンの作品から、少年の視点で描かれたミステリートーンまで様々な趣向の作品群。その根底には人は弱くて情けなくてもどこか愛しいものであるという作者の優しい視線を感じることができる。

  • 『大人の御伽話』の短編集。コトバとは裏腹に、決して奇麗事で済ませられない一癖も二癖もある人間や、人生に疲れ気味の中年男性、ザラザラとした人間関係が背景にある主人公達が織り成す時に残酷ですらあるお話はメルヒェンと呼ぶにはあまりに現実的。しかし、惨い、切ない展開故に最後は人の持つ哀情(愛情)を的確に描き出す浅田次郎という作家の筆力はさすがと舌を巻かずにはいられない。表題作『鉄道員 ぽっぽや』は仕事人故に家族を犠牲にしてしまった後悔を背負った主人公の生き方は『昭和』という時代の哀しい幽霊なのかも知れない。

  • 117回 1997年(平成9)上直木賞受賞作。表題作含め8つの社会派短編集。要所で現実のスパイスを効かせてあり、我が身に例えてハッとさせられる。でもハートウォーミングで心地よく読める、おすすめ。表題作の他に『ラブ・レター』と『オリヲン座からの招待状』も映画化されている。すごい。
    収録作:鉄道員(ぽっぽや)/ ラブ・レター(チンピラ)/ 悪魔(小学生)/ 角筈にて(商社マン)/ 伽羅(きやら)(洋服営業)/ うらぼんえ(主婦)/ ろくでなしのサンタ(無職)/ オリヲン座からの招待状(大手会社員) ※( )内は主人公の職業

  • ラブレター いいです

全352件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
宮部 みゆき
東野 圭吾
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)に関連するまとめ

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)の作品紹介

娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた…。映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状」など、珠玉の短篇8作品を収録。日本中、150万人を感涙の渦に巻き込んだ空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。第117回直木賞を受賞。

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)のハードカバー

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)のAudible版

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)のKindle版

ツイートする