もものかんづめ (集英社文庫)

  • 3986人登録
  • 3.74評価
    • (488)
    • (459)
    • (878)
    • (32)
    • (11)
  • 411レビュー
  • 集英社 (2001年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087472998

もものかんづめ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実際は友蔵のような優しいおじいさんではなかったんですね……。
    メルへン翁は、賛否両論あるかと思いますが私は嫌いではありません。
    よっぽど嫌なおじいさんだったのでしょう。人の死に際にウキウキする事は
    不謹慎極まりないですが、仕方なかったのかなと思います。

    水虫の話はすごいですね!お茶っぱってすごいな~。

  • たしか小学生の頃、人生で初めて読んだエッセイ。初めて本を読んで声を出して笑い、最初から最後までずっと面白くて夢中で読んだ。自分のことを美人ではないと言いつつも決して卑下せず、いつも明るく力がいい具合に抜けている。そんなさくらももこさんが大好きで、憧れでもあります。

  • なんでもない思い出話なのに表現が楽しい。声出して笑える。

  • 『奇跡の水虫治療』、『健康食品三昧』も面白かったが、やはり『乙女のバカ心』がいい。はっきりとはしないが私が思うにおそらく10代になってつけ始めた日記帳が「想像を絶する恥ずかしさで、公開できないものが九割方占めていた。」。「友人達とはえげつないワイ談を平気で喋る」のに乙女チックな恥ずかしい詩なんて、まるで別人のよう。ちびまる子ちゃんの作者の意外な一面を見れて得した気分である。

  • 再読。何となく覚えてはいたけど、改めて楽しませてもらいました。つくづく思うのは文章でよくココまで人を笑わせられるなぁと。

  • 普段の読書嗜好としてエッセイの類は守備範囲外なのだが、昔から評判の良さを聞いていたので、今更ながら読了。読んでなるほど、これは評判になるはずだ。

    語り手の力量次第では、どれだけ奇妙なエピソードでも陳腐なものに聞こえてしまうような勿体無いこともあるのだが、この人を前にしてそんな心配は杞憂。
    そのユーモアセンス、その多彩な比喩表現、さすがは国民的漫画の作者、恐るべしといったところ。

    こういった独特のエピソードを数多経験しているという引きの強さもさることながら、そのエピソードを食材として面白可笑しく文章へと料理する見事な妙技を、本作で存分に味わってみては如何だろうか。

  • さくらももこのエッセイ。
    「金持ちの友人宅のパーティーに、水谷豊が来た話」とか、ぜひ水谷豊ファンの友人に聞かせたいエピソードも。
    ――水谷豊さんは穏やかな笑顔で優しい人であった。(中略)私の、しょうもない思い出の多い青春時代の一輪の花であった(230)
    一輪の花(笑)これはますます伝えなければ。

    あと、ビックリしたことが一つ。
    まさか実物の「友蔵」が、すっごい意地悪なじいさまだったとは!
    『ちびまる子ちゃん』の登場人物(特に家族)って、さくらももこさんの実体験のエッセイでもよく登場なさいますし、行動パターンがマンガやアニメの彼らとそっくりだから、友蔵も「そのもの」なのかとばかり。
    まさか、さくらさんの「理想」とは・・・まあ、あんなオチャメなじ-さま、現実にいないかな?いてほしいなあ。

  • ほんわか感がたまりません~

  • 読みやすくて、楽しい。

  • 何も考えたくないときに
    読んだ本。
    表紙と題名が可愛くて
    笑える話が沢山。

全411件中 1 - 10件を表示

さくらももこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
森 絵都
さくら ももこ
宮部 みゆき
矢沢 あい
さくら ももこ
さくら ももこ
さくら ももこ
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

もものかんづめ (集英社文庫)に関連する談話室の質問

もものかんづめ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

もものかんづめ (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もものかんづめ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もものかんづめ (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

もものかんづめ (集英社文庫)の作品紹介

「こんなにおもしろい本があったのか!」と小学生からお年寄りまでを笑いの渦に巻き込んだ爆笑エッセイの金字塔!!著者が日常で体験した出来事に父ヒロシや母・姉など、いまやお馴染みの家族も登場し、愉快で楽しい笑いが満載の一冊です。「巻末お楽しみ対談」ではもう一度、全身が笑いのツボと化します。描き下ろしカラーイラストつき。

ツイートする