惣角流浪 (集英社文庫)

  • 65人登録
  • 3.75評価
    • (4)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 今野敏
  • 集英社 (2001年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087473728

惣角流浪 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気を合わせる、崩す、合気道のはしり
    武士が刀を捨てながらも武士の魂を武術に変えて残していく。すざましい生きザマ。
    2014年11月29日

  • 武田惣角の名前を初めて知ったのは夢枕獏の『東天の獅子』だった。本来の主役たる講道館創生期の猛者連中を完全に喰った圧倒的存在感を感じたが何しろ夢獏特有のマンガ的筆致の為、何処までが真実で何処からが創作なのか分らない。いつか他の本でクロスチェックしなければと思っていたところ題名もそのままの本書を見付け、類書3冊と共に慌てて購入。エピソードがかなり重なっているので一応大筋では史事に基づいているようだ。最後は50人相手の乱闘の最中に唐突に終る。これはさすがに伝説で11人が事実に近いようだ。次は西郷四郎の『山嵐』!

  • 大東流合気柔術の祖、武田惣角の青春を描いた格闘小説。

    夢枕獏の『東天の獅子』に比べると柔術の歴史の断片を描いたに過ぎず、物足りなさを感じる。しかし、この作品が『東天の獅子』に影響を与えたのは明白。『東天の獅子』が嘉納治五郎の側から武田惣角を描いたのに対し、この作品では武田惣角の側から嘉納治五郎を描いている。こういう読み方をしても面白い。

  • 2/11-2/12

全5件中 1 - 5件を表示

今野敏の作品

惣角流浪 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

惣角流浪 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

惣角流浪 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

惣角流浪 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

惣角流浪 (集英社文庫)のKindle版

惣角流浪 (集英社文庫)の単行本

ツイートする