かかし長屋 (集英社文庫)

  • 55人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (9)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 半村良
  • 集英社 (2001年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087473919

かかし長屋 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    棟梁に褒められ有頂天になる大工、盗賊としての過去を隠した扇職人、対人恐怖症で五千石を棒に振った旗本の次男坊、玉の輿に乗る娘など、この江戸下町の長屋にはさまざまな人たちが暮らす。そして彼らを助ける証源寺の住職忍専。ふりかかる事件にも自分たちの知恵で切り抜けていく。そんな長屋住人たちを闊達な筆で描きだす人情時代小説。第六回柴田錬三郎賞受賞作。

    【キーワード】
    文庫・人情・時代小説


    +++1

  • L

    とある住職の庇護の下にある長屋の面々。いろんな職の、いろんな家族の、いろんな過去があってどれもイキイキ。特に際立った人もおらず、みんな力を合わせて。大抵ヒーロー的な人が長屋にいるもんだけど、ここでは住職なのか。その住職もヒーローとは程遠い人間臭い人だけれど。

  • これは多分歳をとってしまったからだと思うのだけど、今まで以上にベタな市井人情ものが好物になっている。ノアールを読みたいと思うこともないではないが、それ以上に下町の人情に触れたいと思うのである。鶏唐でがっつり生中呑み放題より、菜っ葉の炊いたんでほんのり上燗チビチビとみたいなもんである。

    さて、俺の読書歴のなかで半村良と言えば、伝奇小説もしくは日本で(世界で?)2番目に長いSF小説ぐらいしかなかったのだけど、なかなか市井人情モノのいけるじゃないかと発見できたのが今作。とある貧乏長屋を舞台とし、そこに住む人々の日常とちょっとした事件を追いかけていく連作集。

    連作と言っても1作1作は小説というより江戸市井を描いたエッセイみたいになっている、つなげていけば小説になるような書き方がこの小説の味わい。もう一つの味わいは主人公がいないこと。核となる登場人物は数名いるものの主人公と言うほどに書き込まれてはいない。それがまた群像劇の良い部分の効果を生みだし、読者を物語の世界に導いてくれる。

    群像たる長屋の人々、長屋の住民を見守る僧侶や手練れの浪人なんかの生き様も良い。貧乏でも身ぎれいにしてまじめに働いて生きる彼らを見てると、俺ももっとしっかり生きなきゃなと思えてくる。勇気をもらえる小説である。

    ラスト1行、実に絵になるシーンでそれも良い。ちょっと古めの小説も捨てたもんではないぞと思えた1作

  • 証源寺の住職忍専の庇護の下、つつましくも助け合って暮らしているかかし長屋の面々。今はなき、濃い近所付き合いの雰囲気が心地よい。

  • 和尚が決して万能ではないところが良い。最後の一行の人間臭さが好きだ。

  • 2011.11.24(木)¥252。

    残念2冊買い。

    2012.2.16(木)。

  • 半村良氏は「戦国自衛隊」などでよく知られているが、SFや伝奇だけではなく、「下町探偵局」のような人情ものでも名著が多い。
    この小説は江戸時代。
    貧乏のどん底や、世間から身を隠さねばならない人々と、それを見守る和尚のお話。
    本当に大切なものは何だろう。

  •  ある種の空気を持つ時代劇が嫌いである。ほんのりとして、一定の空気、というより価値観を押しつけてくるような。それは、たとえば「人情」というようなぬるま湯っぽくって、そこに柚をいれるか山椒を入れるか、みたいな話で。

     すごく、そういう話なんだけど、なんでこんなに引きつけられてしまったんだろう。

     答えはたぶん最終章の、最後の1行にある。自然にあるんじゃなくて、みんなが頑張って維持するからこそ、すてきな世界は維持できるのだなと。

     とってもチャーミングな人情時代劇。よかった。

全8件中 1 - 8件を表示

かかし長屋 (集英社文庫)のその他の作品

半村良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

かかし長屋 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かかし長屋 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする