続 会津士魂〈4〉不毛の大地 (集英社文庫)

  • 20人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 早乙女貢
  • 集英社 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087474923

続 会津士魂〈4〉不毛の大地 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “続”以前の部分では、史料引用がかなり混ざり、“地の文”が非常に目立ったのだが、この“第4巻”は“小説的表現”で綴られた部分が非常に多く、他方で余り広く知られていないかもしれない“斗南”の物語が確りと伝わる。『会津士魂』は大変高く評価されて賞を受けた経過があるそうだが、ある意味ではこの“続”の“第3巻”から起こされる「斗南の物語」はその“受賞作”よりも読み応えがあるかもしれない。
    “斗南藩”は地勢や産業の知識が豊富な人材を欠いたまま苦闘し、時代の変転の中で「幻」のような存在になってしまったが、今でも下北半島等には会津家中に縁の人達の後裔が多く住んでいるという…この辺の話しは、意外に興味深く拝読している“巻末エッセイ”にあった。この巻では、斗南の地にある青森県むつ市の、出版当時の市長が綴ったものが載っている。

全1件中 1 - 1件を表示

早乙女貢の作品

続 会津士魂〈4〉不毛の大地 (集英社文庫)はこんな本です

続 会津士魂〈4〉不毛の大地 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする