幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)

  • 567人登録
  • 3.81評価
    • (45)
    • (125)
    • (79)
    • (6)
    • (1)
  • 103レビュー
著者 : 高野秀行
  • 集英社 (2003年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475388

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 秀行
宮部 みゆき
東野 圭吾
奥田 英朗
森見 登美彦
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • トークショーと「ソマリランド」本そのものの両方があまりに面白く、当分私的高野フィーヴァーが収まりそうにない。これがデビュー作だったよね、とパラパラめくっていたらあっという間に夢中になって終わりまで読んでしまった。他のも片っ端から読み返したくなる。

    文才っていうのはやっぱり、ある人にはあるものなんだなあ。「学校の作文以外文章を書いたことがない」大学生がいきなりこんな読ませる文章が書けるんだもの。ジャングルでのキャンプの日々が臨場感たっぷりに描かれていて、もうワクワクハラハラする。無謀で未熟で、でも「頑張れ!」と応援せずにはいられない若さに満ち満ちている。

    あらためて思うのは、「楽天的」っていうのは本当に大事な資質だなあということ。ジャングルでの厳しいキャンプ生活で、体力とか知恵とか生活技術とか、必要なものは色々あるだろうが、必要以上に深刻にならず不安や不機嫌を引きずらないこともとっても大切で、実際にはなかなかできないことじゃないだろうか。高野さんは、語学力や交渉力の凄さは他のメンバーも認めるところのようだが、この点でも優れていたのだろうと思う。

    巻末の写真の若いこと!ちょっと不敵な感じの表情がいかにも若者らしくて好ましい。現在の風貌と思い合わせるとなんだかしみじみとした感慨がある。ムベンベってずいぶん前のことになったんだなあ。

    感慨と言えば、私は今回解説の宮部みゆきさんの文章を読んでちょっと泣いてしまった。
    「今の世の中には、絶対に、こういう本が必要なんです。みんながみんな、探検部のメンバーみたいに生きることはできないからこそ。」
    天下の宮部みゆきにこんなに熱のこもった真心のある解説を書かせた人って他にいるんだろうか。

    初めてこれを読んだとき、わが息子はまだ幼かった。この子が大きくなって大学生になり「探検部(もしくは山岳部)に入る!」って言ったらどうしよう?と思ったのを昨日のことのように思い出す。反対はできない(したくない)けど、死ぬほど心配するだろうな、と。月日は流れ大学生となった息子は、テニスやスノボが好きなフツーの人で、母の心配はまったく杞憂であった。めでたしめでたしなんだけど、ほんのちょっとだけつまんないような気がしないでもない。

  • 高野さんの探検記を初めて手に取った。
    コンゴの奥地テレ湖に現れるという幻獣(未確認生物)ムベンベ。
    コンゴ政府の厳しい入国制限と監視、原住民の抵抗と物資の横領、大量のハエや蚊に、ワニやゴリラの野生動物、そしてマラリア。
    たくさんの障害を乗り越えて、早稲田探検部の隊員11人がムベンベ発見に挑む。

    えーと、この人たちは、どこまで本気だったの?
    と思いながら読み出したけど、少なくとも高野さんは大真面目、他の隊員も程度の差こそあれ、行楽気分、お遊び気分では断じてなく、ムベンベ発見に期待を抱いていたようだ。
    企業から提供を受けたという本格的な撮影機材一式もすごい。
    これが男のロマンってやつですか。お母ちゃんたちはみんな心配だったことだろう。

    旅は順調には進まないが、問題をひとつひとつ解決したり、応急処置をしたりしながら、36日間、24時間交代制で湖を監視し続けた彼ら。
    若さや勢いもあるだろうけれど、並大抵の気持ちじゃできない。
    帰ってから、友人知人から「それで怪獣見つかったの?」と小馬鹿にされるような口調で聞かれることが多かったという。
    私が近くにいたら同じように聞いていただろうけど、おバカでも無意味でも、こういう探検をしたこと、胸はっていいと思う。

    早稲田の学生だった彼らのその後の人生も、会社員になる者、その道のプロになる者など色々で、なかなか考えさせられるものがある。
    特にほぼ全部の期間、病気で寝ていただけの田村さんは印象的。
    彼は、コンゴの奥地のそのまた奥地、多少の薬以外は医療機関も医者も何もないところで、到着直後からマラリアに罹患し、猛暑の中、テントで一人闘病を続ける。
    周りの隊員から優しい言葉はほとんどなく、病は気からだと言われ…。
    この本からも、まだ田村の奴寝込んでんのか、といった雰囲気が漂う。
    孤独でただひたすら辛く長かった探検を終え、他人は当てにならない、守ってくれるのは両親なのだという思いを抱く。
    この壮絶な体験は、他の人以上に彼の人生観を変えたようだ。
    しかしそんな田村さん、探検から足を洗うのでなく、似たようなことを続けているというから不思議だ。

    角幡さんとはまた一風変わった探検記で、面白かった。

  • 赤道直下のコンゴ共和国のテレ湖に巨大怪獣ムベンベが生息しているらしい。ネス湖のネッシー、ヒマラヤの雪男は聞いたことがあるが、ムベンベなんて知ってる日本人なんてほとんどいないだろう。

    著者の属する早稲田大学探検部はこの幻獣を発見しようとコンゴへ向かう。なんともバカバカしい若気の至り的な発想だが、プロジェクトの準備は本格的だ。早稲田OBのコネを頼り、カメラや食料、薬などの寄付を募り、現地語を学習し、調査隊の出発前には情報収集を目的とした少数チームをコンゴへ向かわせる。意外と準備周到。

    コンゴへ入国しても、政府や原住民のコロコロと変わる対応に振り回され、隊員の中ではマラリアが流行するという、冗談ではすまされない命がけのアドベンチャー。そんな中で40日間、24時間体制でテレ湖を監視し続けたムベンベ捜索隊の根気と組織力は想像を絶する。彼らを突き動かすエネルギーは若さ以外にない。が、本書を読んでいても、その凄さや悲壮感、深刻さが伝わらないのは、著者のテキトーで軽い文体と川口浩探検隊のイメージとダブるからだろう。こうした若者の無謀な冒険に対して、まずヤラセと疑わせてしまう「川口浩探検隊」の存在はなんとも罪深い。が、著者はそんな世間の見方に便乗し、トンデモ冒険ルポという新ジャンルの作家としてデビューしたのだから、川口浩サマサマか。

    結論としては、最初からわかっていたけど、幻獣ムベンベは見つからず。本書の一番の読みどころはこうしたドタバタ冒険を経験した若者の数10年後を描いたあとがきだ。

  • 探検部の実録本。

    アホです。でも、本気です。すがすがしいです。
    エネルギーあります。

    年配の方に
    「『まじめ』に生きるんじゃなくて、『本気』で生きろ」と
    諭されたことがあります。
    この本は、それを実践したと思われる若者の記録です。

    何かを成すのは確かにすばらしい。
    でも、生きて全力で感じること以上にすばらしく
    また、学び甲斐のあることがあるだろうか?

    なんだか生きるのがめんどうになった…
    一体、生きるだけの生活に何の意味があるの?
    生きることになんの意味が…

    そんなネガティブ思考スパイラルにはまって、元気がうばわれ、
    一歩も動けない、と膝をかかえている
    モラトリアムな大人子供に告ぐ。

    意味なんかない。
    目的があるから生まれてきたとか、難しいこと考えるな。
    本書を読め。
    ばかばかしくなる、でも、いっか、それで。いいんだ、これで。

  • 早稲田大学探検部が未知の生物を探しにコンゴに行く。後先考えなしの受け狙いかと思うような設定ですが、スポンサーを見つけ、現地の言葉を勉強し、実行までに万全の体制を整えようとする彼らの姿、現地でのたくましさはまぶしいほど魅力的です。時には大笑いしながら、時にはほろっとしながら読了。これだから高野さんの本は止められません。一番心に残った言葉は、田村さんの「自分を守ってくれるのは両親」かな。あの状況に耐えた田村さんだからこそ言える言葉だけれど、こんなに気持ちを率直に表現した言葉に出会えたのはもう一つの収穫でした。

  • 最初、「なんと無謀な…」と思ったのですが、「ムベンべを探す!」と決めてから、コンゴに行くまで、その下調べから現地との交渉、下見などにかなり時間を割いています。
    ただの無鉄砲ではありませんでした…。
    大学からも許可を取り、調査機材を援助してくれる企業との交渉など、参加部員それぞれが、役割を負って臨みます。

    ジャングル生活は、マラリアや飢餓に悩まされつつも、現地サポーターが狩猟、解体するワニ、カワウソ、チンパンジーにゴリラまで食するようになります。
    「ついに解体現場で生唾が湧いてくるようになってしまった。」と言うように、彼らの生きる力には敬服します。

    最後に、隊員の一言コメントが載っていますが、みなさん懲りていないところが、素敵です。

    .

  • 私が天才・高野秀行を知った作品。
    彼を読むまで私は、冒険紀行文の最高峰は椎名誠だと思っていたが、そのヒエラルキーが変わった。
    椎名誠がもっとも“プロらしい”ネイチャー・ライターだとしたら、高野秀行はもっとも“アマチュアっぽい”天才ライターだと言えると思う。

  • なんとか探検隊みたいで読み物として面白い。
    でもこんな秘境もどんどんなくなってるんだろうなあと思うと寂しい。

    最近翻訳書でもムベンベ捜索隊みたいなのをどこかで見たんだけど、、

  • 至って本気でバカをやれる楽しさというものが、当事者ではない読者の僕には感じられた。本気だし、辛いだろうけれども。だからこその面白さであり、憧れを感じた。

  • 行動力の塊みたいな人だな。それくらいの勢いがないと怪獣を探しに行ったりできないのかも。やると言ったらやる姿勢が感心する。
    実際に経験した人がいとおしさを感じると言うのだから、「食べることは愛」、そうなのかもしれない。 ボアの人々は、カットされた肉を買って食べている大多数の人々とは根底から何もかも違うのかも。現場に生きているという感じだ。
    「永遠」を感じさせるというテレ湖の朝、見てみたい。 虫とか悪臭とか食い物が無い話から離れて、そんな幻のような風景で頭の中を塗りつぶした。
    モケーレ・ムベンベより、ピグミー村に興味が出た。ピグミー村の跡地を調べれば何か面白い情報が出てきそう。
    私なりに空想して自分を納得させる結論に落ち着いたけど、できることならもっとムベンベの家系のこととか村人の話を聞いたりテレ湖の本当の歴史を知りたいと思うくらい、まだまだ興味がある。
    最後に載っていたメンバーの写真、いつ撮ったものか分からないが、とてもたくましく見える。

  • 気持ちの表現能力は 最高
    さすが 高野さん

  • 辺境作家、高野秀行さんのデビュー作。(?)
    ザイールじゃない方のコンゴでの、幻の幻獣ムベンベを探した1ヶ月間の手記をまもめもの。ドクターがゴリラを仕留めた描写は、なぜだかとても記憶に残る。
    写真も笑える。。

  • 北村浩子さんのFMヨコハマ番組「books A to Z」で2005年3月に紹介されていた本。
    幻獣ムベンベを追え http://blog.fmyokohama.jp/books/2005/03/post-e1a3.html

    著者をはじめとする早稲田大学探検部員を中心としたメンバーが、コンゴのテレ湖に生息していると言われている謎の怪獣・ムベンベを探しに行った日々の記録。
    現地の言葉を覚え、交渉し、時には揉め、現地と人々と探検に出向き、動物を射止めて食事し、病気になってしまうメンバーがいたり…その毎日はまさにサバイバル。
    彼らの勇気に行動力、タフさ、本当に尊敬する。
    すごいなぁ…と何回心の中でつぶやいたことか。
    ムベンベを追う探検の濃厚な内容はもちろん、人を惹きつける文才がある方だなと思った。

    読む前は、探検って自分には全くない要素なのてピンとこないかもしれない…最後まで読めるだろうか、
    と正直不安だったけど(ごめんなさい)
    とても面白くて、夢中になってワクワクしながら読み終えた。
    読書とは自分にない要素を体験できる、素敵なことなのだと改めて思った。

  • ムベンベというコンゴ共和国(旧ザイールじゃない方)のテレ湖に住むという謎の大型動物(恐竜に近いと言われている)を追うノンフィクション。ムベンベよりもテレ湖に1ヶ月間滞在した時の壮絶なる体験とその前の準備の凄まじさに驚かざるを得ない。大学生にしてここまでやるか?というぐらい、超本格的な探検を綴った探検記。これが高野さんの原点なら、そのあとに続く探検記もちょろいもんだなあという印象。本当に凄すぎます。

  • 「辺境作家」と言われる著者の原点ともいえる本。
    アフリカ・コンゴの奥地にムベンベ(という怪獣)を探しに行く。


    著者が早稲田大学在学中に行った探検旅行の記録。
    普通に考えれば「バカだなあ」と思うようなことを、本気でやるところがいい。
    早大探検部員を中心とした「ムベンベ捜索隊」の結成から支援者集め、現地での調整など、すべてが初めてのことで、冒険である。

    「大学生ながらよくここまでのことをやった」というか、「大学生だからこそここまでのことができた」というか。
    常識的な社会人なら、こんなに無謀なことはできなかったのではないかと思う。

  •  同著者の本は、昨夏に読んだ『アヘン王国潜入記』以来2冊目。面白いと聞いていたことに加え、舞台がアフリカであることに興味を惹かれた。

     アフリカ云々は後述として、先に大まかな感想を書く。
     面白さは『アヘン~』が勝る気もするが、こちらも十分おもしろい。アフリカの奥地にある湖に棲息するといわれる未確認生物”モケーレ・ムベンベ”を、実際に現地に赴き探すというアグレッシブな物語。
     小さいころ、UMAやUFO、心霊写真などについてテレビ番組を見ることが幾度かあった。単にテレビを見ることが少なくなったこともあるが、こうした話題が取り上げられることは、少なくなったような気がする。数字が取れていないのだろうか、こうしたモノへの興味が失われてゆくのかな?と思っている。この探検が行われたころは、「いるかも!」と考える人もたくさんいたのだろうか。といっても、「いるかも!」と思ったとしても、こんな行動力のある人もそうそういないとは思うけれど・・・現地へ行ったって、神経質な私では一日で参ってしまうだろう。
     でも、未知の領域があるかもしれない、そこに挑むことができるということは、どれほど楽しいだろう。GoogleMapで見れば単なるひとつの湖でしかないテレ湖も、実際にそこに立てば、人類の知らない何かの息吹を感じ取れるのかもしれない。万巻の書を読んだところで、そこには誰かによって認知されたことしか載ってはいない。
     UMA発見という目的がかなりぶっとんではいるが、「ばかばかしい真剣味」(文庫版あとがき)の持つ推進力の強さが羨ましかった。

     アフリカについて。自分自身、アフリカについて知っていることなど無きに等しい。差別的かもしれないが、未開というイメージを持ってしまっている。

    「アフリカではいつも、今いる場所の論理に支配される」(p.73)
    「それにしても彼らの信仰には改めて驚かされた。——伝統的なことになると人間が変わってしまう。」

    こうした文を読むと、現地の人たちが、どういった価値観・世界観・物語の上で生きているのか興味がゴポゴポと湧いてくる。そんなわけで、積読になっているエイモス・チュツオーラ『やし酒のみ』を、早めに読むことにする。

  • 高野さん2作目。早稲田大学探検部のメンバーでアフリカへ怪獣を探しに行った時の記録で、これがデビュー作。正直言って、大学の探検部なんてお遊びみたいなものでしょうと侮っていましたが、ここまでやっていたとは驚きでした。スポンサー探しに始まり準備に時間をかけ、現地に到着してからは食糧危機や虫、マラリアと戦う。彼らを突き動かしているものは何だろう?普通「恐竜なんていないよ」で済ませるところ、自分で見て調べないと気が済まない、その精神が素晴らしいと思う。まさに辺境作家の原点と言える作品で、冒険小僧万歳!と言いたい。

  • ソマリランド高野さんの本なんだからつまらないわけはないんだけど、それにしてもすごい。初期椎名誠感というか、勢いある若者のお話のものすごい版。早稲田に入って、ただ探検部というところに入っただけでアフリカの真っ只中をマラリアにかかりながら歩き続ける世界が繋がってるとか、下手なカルトより恐ろしいことだなあ。

  • 破天荒な行動力と、夢。あとがきで著者が本書の魅力を「ばかばかしい真剣味」と一言で評しているのがズバリ。人類学の鍛えた他者に対する倫理を想起してしまうと、現地人との緊張した関係が描かれているところには少し腹の底が痛痒くなる側面もあるのだが、それにしても全てを押しのける若さである。ばかばかしい真剣味、必要なのである。

  •  1980年代に日本と国交のないコンゴの湖に行き、ムベンベを探す早稲田大学探検部というとロマンティックな冒険譚のようである。
     しかしながら、書かれているのは、蚊に覆われ、マラリアになり、食糧がなくなりおなかをすかせ、喧嘩をしながら24時間湖をみつめるだけの地味な仕事である。冒険とはなんなのだ。
     幻獣よりも己のうちに問いかけるものの多いノンフィクションである。面白い。

     そして若かりし頃の高野さんの写真が面白い。
     この本には、これからもアフリカと付き合っていくだろうとあるが、それからソマリランドに行くんだから凄い。

  • あまりにも壮絶すぎる。一体この人たちのエネルギーはどこから湧いてくるんだろう。まず現地に行くまでが大変。情報収集、交渉、装備、スポンサー、メンバーの確保、資金、時間、距離、思いつく限りの障害がずらり。そしてそれを乗り越えても現地はさらにさらに過酷。これ以上過酷なことってないんじゃないかってくらいに過酷。病人は出るわ食料は足りないわ現地の人とは揉めるわ蛆は湧くわでもうめちゃくちゃ。そんな彼らの目的は

    「怪獣を見つける」

    というただ一点のみ。なんでそれだけのためにそんなに頑張れるの??とただただ圧倒されるばかり。でもその無尽蔵なエネルギーと情熱こそが生きる力なのだとビシバシ伝わってきた。それぐらいやらないで何が人生だ。まあ普通の人はそこまでやらなくてもいいと思うけどそれくらいの気持ちでいた方が人生楽しそうだ

  • 「早稲田三畳青春記」で大ファンになった作者の処女作。大学総長・顧問ハンコを武器に企業の支援を受け、探検部の仲間と共に日本と国交のない(内戦前の)コンゴへ。怪獣なんていないでしょー!(でもいたらどうしよう(チラッチラッ→行くぞ!っていうこの感じ!まさに学生、戻りてー!
    秘境に行くだけでも面白いと思うのだが、まあ次々と小事件が起きてハラハラドキドキ。小事件でも極地だから被害は結構深刻。インドとかによくいるような悪になりきれてない小悪党なアフリカ原住民による妨害(?)や、食糧不足による不和、猟、ゴリラ食い、撤退、後日談に至るまでドラマがある。マラリア体験者の「家族論」や、初探検でマラリアにかかった彼が立ち直れるか潰れるかは彼の心次第、みたいな言葉が好き。

全103件中 1 - 25件を表示

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)に関連する談話室の質問

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)のKindle版

ツイートする