夫の妹 (集英社文庫)

  • 50人登録
  • 2.93評価
    • (0)
    • (3)
    • (22)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 吉村達也
  • 集英社 (2003年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475692

夫の妹 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中までは微妙だったが、ラストの展開が面白かった。

  • 「やさしく殺して」「別れてください」に続く心理サスペンスシリーズ第3弾。また結婚がらみかい!
    今回はそれほど怖くなかったかな。ヒロインになんだか腹が立って、あまり感情移入できなかった、というのもあるけれど。逆に、今までの中では最もミステリテイストな物語。前妻の死の真実等が明かされる後半の展開は、完全にミステリといえる。そしてあの「初恋」を思わせるラストには絶句。さすがに「初恋」にはかなわないけれど、それでもあれで一気に印象が強くなった。

  • 090120貸出。
    めちゃ怖い。こんな人がいたら。妹が怖いのかと思いきや…
    しかし、場面設定が古かったので、ややがっかり。

  • この逆転劇にはびっくりでした。まあ、変だなと思ってたんで納得ですが。登場人物の利己的な心理描写はいつもながら、圧巻。善人だと思ってると変質者ってのが世の中たくさんいそうで怖いですな。最後に勝つのは、悪か?!ってなオチで後味は悪いかも。

  • さらりと読めるし、途中までもおもしろかったです。
    後味はイマイチ。

  • 夫と妹の奇妙な関係が女を苦しめる。そして最後は・・・。

  • 二十五歳のOL知花は両親の猛反対を押し切って、先妻と死別した五十歳の上司・国元公二と結婚した。後妻の立場と大きな年齢差が懸念されたが、それよりも問題は夫の妹にあった。四十五歳の義妹・小恵子は、二十も年下の兄嫁を「お姉さま」と呼んで慕い、洋服の趣味から髪型、さらに口癖・習慣に至るまで、知花のすべてを模倣しはじめる。そこには公二の先妻の死とも絡む大きな秘密があった!

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    二十五歳のOL知花は両親の猛反対を押し切って、先妻と死別した五十歳の上司・国元公二と結婚した。後妻の立場と大きな年齢差が懸念されたが、それよりも問題は夫の妹にあった。四十五歳の義妹・小恵子は、二十も年下の兄嫁を「お姉さま」と呼んで慕い、洋服の趣味から髪型、さらに口癖・習慣に至るまで、知花のすべてを模倣しはじめる。そこには公二の先妻の死とも絡む大きな秘密があった。

全8件中 1 - 8件を表示

吉村達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夫の妹 (集英社文庫)はこんな本です

夫の妹 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夫の妹 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夫の妹 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夫の妹 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする