ネバーランド (集英社文庫)

  • 9881人登録
  • 3.65評価
    • (987)
    • (1374)
    • (2198)
    • (181)
    • (30)
  • 1145レビュー
著者 : 恩田陸
  • 集英社 (2003年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475777

ネバーランド (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 好き!彼らのやり取りをずっと読んでいたかった。
    一人ずつ順番にスポットライトがあたる小説がわりと好きなので、この小説は良かったです。
    ところで恩田陸さんて小説で学生にお酒飲ませるのが好きなのかな…?笑

  • 4人の高校生の友情が深まっていくことを、爽やかに描いている作品。年末の4人だけの寮生活で、密度の濃い時間が流れていく。
    SNSなどにより、友人関係が希薄化している現代だが、胸襟を開いて、自分のことを告白し、対話していくことで、友情が深まることを実感できる。
    4人とも告白の内容が衝撃的すぎるのと、個性豊かな4人が良いバランスで物語が進んでいくので、どんどん読み進めてしまう。
    寮生活の中で、起こる謎は意外とあっけない感じだったが、爽やかな感じでこの作品とは合っているのかなと思った

  • 4人それぞれが抱える心の傷や闇は深く重いものだけど、それに対して本はどんどん読み進めることができ、読了後も爽やかな余韻があった。

    それはやはりこの本に、一般的に理想とされるような爽やかな青春を生きる学生が描かれているからだと思う。
    そうはいっても、普段の自分(キャラ)を役割を意識して演じ人間関係の均衡を保とうとしたり、
    些細なことから人間関係が歪んだかと思えば元に戻ったり、
    その頃の人間関係や心理描写はリアル。
    読んでいてとても夢中になった。

  • 恩田陸はネバーランドと夜のピクニックしか読んだことないですがこの高校生独特の雰囲気が伝わる文章、ほんと最高。垢抜けすぎてないというか、キラキラしすぎてない感じ。でもそういうキラキラしすぎてない高校生の日常が大人になると輝いて見える感じ。
    光浩が「冬の味がする」って言ったシーンが好きです。分かる!ってなって(笑)カセットテープのウォークマンが出てきたのも懐かしくなって良かった。
    平日の1日で読めたので人にも気軽に勧められそうです。

  • 伝統ある男子校の寮に冬休みの間残ることになった三人の男子生徒と、彼らの同級生の男子、合せて4人。
    「告白」ゲームをきっかけとして、4人のひみつが暴かれていく。

    恩田さんは「トーマの心臓」を目指してこの話を書いたそうです。あらすじを見た限りではダークなイメージかなと思ったんだけど予想外に爽やかで、恩田さんが書くとこうなるのか…と思った。
    男子高校生って一人で私服で建っていると本当に大人と見分けがつかないんだけど、交じると少年になる。4人がかかわることで、大人でもない子供でもない、微妙なバランスを醸し出せるような気がします。
    4人の中で一番大きな…というか、重い秘密を抱えていたのは、継母に強姦されていた光浩かなと。誰か一人派このレベルだろうなと思って読んでましたが。
    大人になりきれてないから、親の庇護が必要だから、どこにも逃げられなくて苦しい感じがこの年代につきものなんだけど、まさにそれがよく描かれてるなと思いました。

  • 胸にほろ苦く突き刺さる青春。ネバーランドっていうタイトルが読後にすとんと落ち着く。

  • ああ…青春っていいな、って思える作品。その時だったからこそありえた友情みたいな、一瞬のキラメキのような、青春ってそうゆうものだな…と。

  • 「青春」という言葉が苦手な私だが、「ああこれがそれなんだな」と思える作品でした。それぞれが持つ影(暗い)の部分、あるいは朗らかなシーンなど、色彩豊かな恩田先生の筆は読んでいて飽きません。また、他の小説家さんには見られない独特の筆具合が感じられ、テンポ良く読めた気がします。
    私も進路が少し違ったら、強く共感していたかも知れません。私の「青春」は、私の「ネバーランド」は、どこにあるのだろう?と思う作品でした。

  • 4人の男子高校生とトラウマの話。

    恩田さんの小説は個人と向き合うという描写が素晴らしい。
    主人公が走ることについて語る場面では、夜のピクニックを読んだときに感じた、そうそうこれ‼︎という感覚を思い出した。

    解説でも語られているが、物語における空気感のドライさが魅力を引き出している。

  • 冬休みの学生寮に残った高校生四人組のおはなし。各々がする告白の内容は物凄く重いのに、描かれる四人の冬休み数日間の暮らしぶりが、関係性が、さわやかで、すがすがしくて、うらやましくなる。高校生っていいなぁ、男子っていいなぁ、男子校っていいなぁ、年の瀬っていいなぁ、儚いなぁ。

全1145件中 1 - 10件を表示

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ネバーランド (集英社文庫)に関連する談話室の質問

ネバーランド (集英社文庫)に関連するまとめ

ネバーランド (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ネバーランド (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ネバーランド (集英社文庫)の作品紹介

舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

ネバーランド (集英社文庫)のKindle版

ネバーランド (集英社文庫)の単行本

ツイートする