娼年 (集英社文庫)

  • 7945人登録
  • 3.42評価
    • (565)
    • (965)
    • (2301)
    • (243)
    • (50)
  • 1023レビュー
著者 : 石田衣良
  • 集英社 (2004年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087476941

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
石田 衣良
江國 香織
宮部 みゆき
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

娼年 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ゛要望の果てが見たい゛ なんていう魅惑的な響きだろう。どんな果てを用意しているのか初っ端から期待が高まる。 私も見たい。結末を見せて欲しい。 タイトルからはどんなプロットにするのか想像もつかなかったが、青春も心理描写も丁寧で描写は自然。特殊な性癖も鮮やかに表現するものだから、一人の書き手の想像で書けるのか、これは。と冷静に考えてしまう。 あっという間に読んでしまった。相変わらず石田さんは一気読みさせる。 まだ果てが見れていない。どこかで見落としたか. 妙に中毒性のある本です。

  • 性や女性に興味がなかった少年が、娼夫となり、高額の報酬と引き換えに女性を満足させていく。
    少年は実直に、そして愚直に仕事に取り組みながら女性の不思議や奥深さにのめり込んでいく。

    無意識のうちに、沼の奥底へと引きずりこまれていく様子や、友達の制止を振り切ってでも、我が道を行こうとする主人公の心情に優しく寄り添おうとしたくなると同時に、読者も主人恋の視点を通じて魅惑の世界に引きずり込まれていく

  • ‪オススメされて読んだ。性や人間に対する無関心を克服するというテーマにひかれました。道徳の胡散臭さや人間心理の得体の知れなさもよくわかる。ただこの小説の主張は今の僕にとってはわりと自明のことだったのと,都会的で生々しい性描写がすごく苦手なので,「やっぱおれには性はいらねー!笑」という気持ちもあって,この点数になりました。‬

  • このコーナーでは初めて自分の本を取り上げます。『娼年』はぼくにとっては思い出深い本ですね~。デビューしたばかりの頃、集英社から声がかかって、初めて依頼を受けた時に、「好きなものを書いてください」って言われたんですよ。それで、「ベッドシーンを書くとすごく楽しいな。若い男の子が色んな女の子とセックスをするだけの小説を書こう」と思って書いたのが『娼年』なんです。

    1時間1万円で体を売る大学生の話。これがですね、この夏、実はホリプロ主催で舞台になります。主役が松坂桃李君で相手役が高岡早紀さん。脚本・演出が三浦大輔さんという劇団ポツドールの人で、『愛の渦』っていう実に気持ちが悪くて、でもよく見るとちょっとホッコリするっていう不思議な映画を作った方ですね。東京・大阪・福岡で公演があるので、その話もかねて、『娼年』を取り上げてみました。

    でも、自分の小説が映像や演劇にされるのは恥ずかしいね~。テレビドラマも本当に恥ずかしいんですよ。宮藤官九郎さんも元のセリフを生かしてくれたりするんですけど、小説って、やっぱりちょっとキザなセリフとか出てくるじゃないですか。だから『美丘』みたいな恋愛もので、主役の男の子が独り語りしているところなんかは、テレビで自分のパンツが映っているみたいな感じですね(笑)。

    (公式メルマガ「ブックトーク」25号から抜粋)

  • 舞台の松坂桃李見たかったなー

  • 女性や日々をつまらないと感じ、達観して過ごしていた大学3回生の男の子が、売春を通じて、女性や夫婦のそれぞれの違いやを探求していく。

  • 久しぶりに手にとった本。性描写も多く描かれているけど、意外とさらりと読める。大学生が娼夫になるお話だけど、内容は意外と深く、優しいタッチで描かれています。

  • 恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく…。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説

  • 娼夫の仕事を始めた大学生が欲望の不思議と自分の気持ちを知るまでの物語。どんな人の欲望もフラットに受け入れられるってある意味では才能だろうなと。拒否されることや軽蔑されることは怖いから。読了後があったかい気持ちになるのはさすが石田さんという感じ。

  • 人間の欲望は深い。。

  • 娼夫が主人公なのに嫌らしさを感じさせない文体が好印象で、最後まで一気に読み進めました。ただ、なにか物足りなさを感じて★三つ
    他の著書も読んでみたいと思いました。

  • 読んだことのない作家・避けてきたジャンルを読んでみようキャンペーン第2弾は、石田衣良先生。テレビによく出演されてた印象なんですが、今もそうなのかな?


    人の個性というものは、他人をなくして成立しえないものだと、ふと考えることがあります。正確を期して言えば、「他人の目を通して見る自分」が、イコールその人の個性ではないか、と。


    真面目か!←


    セルフ突っ込みの後は真面目路線を脱線するのが常ですが、今回はもう少し語ります。

    本作の主人公は、まるで透明人間のように存在感がありません。感情の起伏もなく、淡々と与えられた仕事(=娼夫)をこなしていきます。

    これといった魅力もないような、平凡な20歳の青年。

    そんな彼に夢中になる女性達が描かれるのですが、彼女達はいったい彼の何に惹かれたのでしょう。

    そこで、話は一番最初に戻ります(前置きが長い)。

    私が今作を読んで、「平凡な青年に夢中になる女性達」に見出したのは、「自己肯定を許された喜び」でした。

    彼女達は言います。

    「あなたは普通ね」

    「あなた自身の体験ではなく、その場面を記録している第三者が報告しているみたい」

    彼女達は彼に恋をしている訳では無いのでしょう。
    「彼を通して」見える自分自身、あるいは自身の欠点が、初めてアグリーには見えなかったことに、喜びを、あるいは快感を感じたのではないでしょうか。

    自身の性癖、自身のコンプレックス。
    世間の目を通して見るそれらの個性は、人に誇れるものではありません。当然ひた隠しにします。何故なら、世間からすればそれらは汚らわしいから。忌々しい、恥ずべき醜態だから。

    けれど、主人公の目を通して見る自分の個性は、決してアグリーではなかった。それどころか、優しく見つめてくれた。肯定してくれた。

    彼女達は自分自身のコンプレックスを、存在感の薄い彼を通すことで、愛することができたのでしょう。

    そう考えてみれば、この作品は癒しの物語であると同時に、究極のナルシシズムの物語であると言えるかもしれません。

  • 妄想感ハンパない

  • 何となく内容は想像できたけれど
    現実離れしずぎていたのか
    妙に客観的にさらっと読めたかな。
    可もなく不可もないといったところ。
    ここまで誰にも感情移入しないで読んだのは久しぶり。
    その中に息づく繊細さが際だったのはたしかかな。

  • 引き込まれる文章。描写がきれいで一切の嫌みがない。否定的なものさえも上手にえがく、天才。

  • これはちょっと合わなかった。
    大学にも行かず、バーでバイトをしながらも、退屈な毎日。冷めた目で周囲を眺めている傍観者。
    そんなリョウが、金のためではなく、「いろいろな女性の不思議や欲望の不思議」を目の当たりにして、この世界でやっていこうと思うに至る心の動きが全く分からない。

    いかにもいかにもな女性たちの不思議や欲望の不思議。
    それのどこが、彼の心をどのように動かしてこうなったのかが、全然見えない。

    そもそもリョウのどこに売れっ子になる要因があるのかもわからない。
    客の要求を笑顔で受け入れるというのはサービス業の基本なわけで、リョウの行動のどこがそんなにほかの人と比べて特別なのかを書くことなく、登場人物が口々に「彼はいい」「彼は特別」と持ち上げる様は、朝ドラのヒロインを見ているようで気持ちが悪い。

    誰も成長しないし、誰も壊れない。
    何を読み取ればいいのか?

  • 石田氏、セックスうまそう…
    リョウくん、かなり変な人なんですけど〜
    全然普通の大学生じゃないんですが…

  • 女性にもセックスにも退屈していた大学生のリョウは、高級な売春クラブを経営している静香と知り合い、娼夫になる。ただ、それだけの話なのだけど、客たちの欲望は幅広く、リョウは次第にその欲望の秘密をもっと深く知りたいと囚われていく。20代から70代まで、幅広い年代の女性達に対して偏見を持たず、柔軟に対応するリョウ君は天性の娼夫なのかもしれない。私が読んだ衣良さんの本の中では一番官能表現が多かったけど、生々しさが抑えめで読みやすいんじゃないかな?(ただし、性癖は人それぞれ)巻末の姫野カオルコさんの解説も面白かった。

  • もっとすれた話かと思いきや割とすんなりと、もてる淡泊な大学生が高級商にチャンスを得てウリする話でした。
    解説が温かく癒しと言いながら、布団をん十万で売りつける訪問セールスが使うみたいな言葉と言っているのがなかなか面白かった。
    グレーゾーンだろうとそういう癒しが必要な層が必ずいるってことだ。
    メグミちゃんかわいそう。

  • 人に薦められた本を読む第6冊目
    友人に薦められ。昔「池袋ウェストゲートパーク」のドラマ版を見て、トラウマになってから石田衣良はどこか忌避していた部分があったが、これを機に初めて手に取ってみた。意外や意外、文体は非常にしっかりとしていて読みやすく、物語の構成も丁寧に練られていて少々面食らった。自らの意思で娼婦となり、様々な女性の心を全身で受け留めていく事を決めた青年の話。衝撃的なタイトルとは程遠い、とてもとても優しい物語だった。主人公の様に何事も受け入れてくれる度量のある人が身近に居てくれたら、と夢想してしまう。

  • この本を食べ物に例えると:ステーキ
    安っぽくなく、丁寧に焼かれたもの。とろける舌触りと、噛めば溢れる肉汁、空腹をあっという間に満たしてくれるボリューム。脂も上質で、ベタベタしない。


    汚れたい衝動にかられたときに読む。
    ショーケースに入れられた性欲の塊を順番に、淡々と観察していくような不思議な快感
    セックスワーカーとしてプロフェッショナルになっていく主人公
    内容が内容なのに、後味は悪くなく読後感はあっさりめ。

  • 読んだ感想は
    とにかく深いなと。
    石田さんの癖なのかもしれないけど
    描写がとても細かいし
    主人公リョウの心の動きもとにかく細かい。
    ていうかすべてが繊細でした。
    出てくる人物のすべてが繊細。
    それもガラスみたいな固い繊細さじゃなくて
    薄くて、紙とかですぐ切れてしまうような指の皮みたいな…
    血が通った繊細さっていうか…
    意味不明で申し訳ないw

    読む度にいろいろ考えました。
    自分は人に接するときに
    ここまで深く考えて接しているだろうかとか
    心はこんなに敏感だろうかとか
    いろいろ考えながら読みました。
    生々しいほどえろいんだけど
    気になったのは最初だけでしたね。
    もっと心の部分が強い作品でした。
    肉体よりメンタルに重点を置いてたよリョウは。

    あと、クライマックスが意外だったので
    びっくりしました。
    ちょっと書き方が変わるところがあるんだけど
    そこで「えっ!?」ってなった。
    決意がそのこととは思わなかったので。

    すごい深くて面白かったです。

全1023件中 1 - 25件を表示

娼年 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

娼年 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

娼年 (集英社文庫)の作品紹介

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく…。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。

娼年 (集英社文庫)のKindle版

娼年 (集英社文庫)のAudible版

娼年 (集英社文庫)の単行本

ツイートする