夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)

  • 2023人登録
  • 3.30評価
    • (92)
    • (213)
    • (685)
    • (59)
    • (11)
  • 205レビュー
著者 : 村山由佳
  • 集英社 (2005年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087477740

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白くなくはないんだけど、登場人物が男性も女性もテンプレ過ぎて驚きが無い。だから当然結末も驚きが無い。無難過ぎて微妙。

  • たまにはこんな恋愛小説以外のなにものでもないような作品もいい

    筋は最初からわかりきってたけど、
    ところどころにいいなぁって思う描写があったりして
    さらっとあっというまに読めました

    男性から見た、世の中の年上の彼女像はこんな感じなのかな

  • 不器用な幼なじみの二人は割とどうでもよくて、もっとマリコさんの心理が知りたかった。

  • 何気なく手に取ったら一気に読んじゃった。こんな青春小説、久しぶり(苦笑)。いいなあ、若いって。安心して読み切りました。
    それにしてもこの本、初版が98年。だから、97年に卒業した僕と時代がほぼ被る上に、舞台が吉祥寺。まさしく僕の生まれ故郷で、大学時代も殆どそこで過ごした。だから景色はメッチャ懐かしい。大事な場面を作るCDがプロコル・ハルムの「青い影」というのも。僕ら世代には、シルビアのおかげでリバイバルヒットした歌だからね。あのオルガンのイントロが思い出されます。

  • 恋愛×青春
    不倫のわりに爽やかなのは、青春要素(バンド活動、
    異性の恋人未満友達以上の幼馴染)が、あるからだろうな

    タイトルが好きです

  • タイトルが印象的。人間の成長を描いたお話。

  • 村山由佳で1番好きかも。いろんな恋の形があるけど1つじゃないんだよね。それぞれがそれぞれの思いを抱えて人の分だけ恋の形がある。"夜明けまでの1マイル"って言葉好きだな。どんなに辛くてもいつかは朝が来る。今が1番辛いなら後は夜があけるのを待つだけ。恋に傷ついても頑張ろうって思える本。

  • 学生の時に初めて読んで、この本をきっかけに村山先生の本を読むようになっていった。
    久しぶりに読み返してみたけれど、青春を生きる内容で涯みたいな少年の生き方をうらやましく思ったりもしたなと思った。
    今読み返してみても、胸に刺さるフレーズは多々あり、他の作品も読み返してみようと思った。

  • ものすごく久しぶりに読み返してみました。当時はまだ大学生だったけど同じ学生である涯に全く共感できなくて、どちらかといえば少女マンガっぽい作品なのに薄気味悪い記憶しかなかったです。なんかこう背筋がぞわぞわした。
    改めて読んでみると、恋愛にバンドに先生で、青春要素詰め込みました!という感じが逆に新鮮でした。よくまぁここまで……。
    マリコ先生と涯に関しては、最初読んだときの不快感はなくて、むしろ爽やかささえ感じました。どっちかといえばマリコ先生側になってしまったせいかもしれません。
    とりあえず内山浅葱で「うさぎ」っていうのはあざといなーっていう気持ちは変わらなかったですが。

  • サラッと読めるけど、あまり読み応えはなかったです

  • 涯とうさぎが最後まで幼なじみでいつづけたのがよかった。 涯の気持ちは痛いほど分かる。 大切なものは絶対に失いたくないもの。 最後にマリコさんが教えてくれる涯の名前の意味が、納得はできるんだけどあまりに切ない。

  • 高校のころ、友人に勧められて読んだこの本をきっかけに、村山由佳が好きになりました。

  • 数ページ読んで、「また不倫か」と思ってしまった。
    最近の本は不倫を扱っているものが多い。
    でも、読み進めていくに従って、うさぎの純粋な恋心の切なさがとっても痛かった。
    このたと、涯と幸せになればいいのに。

  • 爽やかなストーリーで、さらさらした感じだった。

  • 20歳前後の爽やかだけれども、どろどろみたいな生命力万歳!
    凄くよかった!!
    著者さんの書くベッドシーンは本当に素敵でスパイスが効いていて大好きです。
    年上の女性もさらっとしていて格好いい。
    真っ直ぐな青年も格好いい。
    あがく女の子も格好いい。
    モブも全部格好いい。
    まったくもって無駄がなく、こうきたかーという驚きに溢れていて、魅力満載だー!

  • 幼なじみ・バンドといった青春物語定番のキーワードの中、不倫も混ざり合っていた。久々に読んだ青春恋愛モノ。つまらなくはなかったけど、特別おもしろいものでもなかった。本のデザインがおしゃれだった。

  • バンドとバイトに明け暮れる大学生の涯。美人でクールな講師のマリコ先生に恋したけれど、学生と教師、しかもマリコ先生には夫がいる。不器用でひたむきな青春の恋の行方。

    不倫という恋なのですが、さわやかに読めました。
    バンドと歳上の女性との恋愛。どちらもいい味を出していて、どちらこの物語にもなくてはならないものなのですが、若干ものたりなさを感じてしまいました。どちらももう少し読みたかった。

  • 涯くんが大学の文学部の先生で人妻の島村マリコさんと恋をする。
    マリコさんは、NYに研修医として就労していた夫の元に帰ってくる。
    バンド仲間の真っ直ぐなうさぎが癒してくれる。

  • うさぎの書いた歌詞がなにげ良い。

  • 年上の女性と年下の男の恋愛。

    若々しくて直視すると目がつぶれそう。
    不倫だめゼッタイ。

  • 大学の先生と不倫関係にある主人公。
    秘密の恋に悩みつつ、デビュー目指してバンド練習に励む日々。
    不器用な大学生の青春ストーリー。


    やっぱり村山由佳さんの作品は読みやすい。
    ミケはとっても好きだなぁって思います。
    すらすらページをめくれちゃう感じで。

    大学生で先生と恋愛関係で、しかも相手は既婚者。
    誰にも言えない関係に、相手の気持ちがわからないときたら…悩みは尽きないですよね。
    主人公のまっすぐさが、純粋な感じでとても好感が持てます。

    こどもじゃないけど、大人じゃない。

    その不安定さが、まさに青春ですね。

  • 大学生と教師の不倫、自分らしさ探しにもがく苦しみ、夢へと踏み出す一歩目の怖さ。
    書かれていること自体は深く、切ないものだが、通して読んでみるとさっぱりとした青春小説であるように感じた。
    人それぞれに夜明けあって、出会いがあるのだと感じさせられた作品。

  • 純愛系不倫。ピュアな青年が年上の講師と不倫する。村山由佳さんが描かれる不幸って、"いかにも"な枠にはまっているような気がする。そして、ストーリーの結末も定番過ぎて、先が読めてしまって、ティーン向けかも。『涯』という漢字が、『果て』以外に、『水際の岸』という意味を持つというのも、狙い過ぎな感があり。

全205件中 1 - 25件を表示

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)に関連する談話室の質問

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)はこんな本です

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)の新書

ツイートする