スローグッドバイ (集英社文庫)

  • 6046人登録
  • 3.26評価
    • (263)
    • (617)
    • (1836)
    • (223)
    • (65)
  • 740レビュー
著者 : 石田衣良
  • 集英社 (2005年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478167

スローグッドバイ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 普通の人たちの恋愛がテーマになっている10篇のお話です。どこにでもいそうな2人の、出会いや別れが描かれています。山あり谷ありではないですが、さらっと読めるお話ばかりです。
    『ローマンホリデイ』というお話がワタシは好きです。

  • 石田衣良さんにとっては、初めての短編集で、しかも初めての恋愛作品らしい。

    10編それぞれに異なる味わいのある恋のお話。
    「フリフリ」「真珠のコップ」「線のよろこび」「スローグッドバイ」が特にお気に入り。

    ほろ甘い、無性に恋がしたくなる、
    秋の夜長、眠る前にベッドでちびちび読むのに
    ぴったりな傑作恋愛短編集。

  • 男性作家の書く恋愛小説がこと苦手で、それは今回も例外ではなかったのですが、二編、心に留まった作品がありました。
    一つはタイトルにもなっている「スローグッドバイ」、もう一つは「ローマンホリデイ」です。特にローマンホリデイは爽やかな雰囲気が大変気に入っています。
    石田衣良さんの本はあまり読んだことがありませんでしたが、機会があれば他の作品も読んでみたいと思います。

  • 小説に答えを求める月間2冊目。『娼年』といい、石田先生は隙あらばセックス描写ですね!人恋しい夜にあてつけか!あてつけなのか!おこだよ!激おこだよ!どどどど童貞ちゃうし、マジでマジで。こやつめ。短編集ってやっぱり苦手というか物足りない。盛り上がってサッと終わっちゃうのが勿体無い。あっさりしてるのが良さなのかもしれないけども。一遍読み終わる毎に要約メモしてたけど、「醜女とブス専が付き合う話」「嘘つき出会い系」「セックスレス爆発しろ」「婚期逃す系女子(?)」などと、我ながら糞要約。本当は素晴らしい本です。

  • こんな作品にときめかない年代になってしまったのか…

    ありそうで無さそうで、やっぱり無いでしょ!という感じの短編集です
    石田衣良さんが初めて書いた短編の恋愛もの

    恋愛って短くすると素っ気なく現実味が無くなるものなのかしら
    ワタシ的にはローマンホリディが好きなか!

    読後感は…何も残らない…かな

  • 読んだ直後は読後感悪くなくて☆3つけてたけど、数日後レビュー書こうと思ったときにほとんど内容思い出せなかったから☆2に変更(^_^;)心に全然残ってなくてびっくり。

  • んー…苦手なんといいなって思うのと、半々かなぁって感じです。まぁそこは短編集なんでってことで。
    でもこの人のは軽くていいなっていうのと軽くて物足りないなってのがあって、僕は後者が強めみたいです。

  • 人からお借りして連続で石田衣良を読んでいますが、これは短編集。

    大人の恋愛短編集といった感じです。
    少しほっこりしたり、切なくなったり、でもサラッと読める軽めのお話。

    好きだったのは、「夢のキャッチャー」「ローマンホリデイ」「ハートレス」。
    表題作の「スローグッドバイ」は切なくてちょっと心がチクンとしました。
    さよならデートなんて、私には出来ないだろうなあ。

  • かなり好き。みんなそれぞれにそれぞれの恋愛をしてるんだなぁと思う。自分の恋が特別で、他の人のとは違う、と思っていたけれど、みんなそれぞれにちょっとずつ、他人から見たら不思議に思えるような恋愛をしてるんだよね、きっと。

  • 石田さんの書くラブストーリーが好き。
    この短編集の主人公たちが、皆が皆それぞれ恋に(自分なりに)全力で挑んでるところがくすぐったい。
    石田さんは、現代のどこか冷めて燻った生活の描き方が本当に上手いと思う。

全740件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
石田 衣良
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

スローグッドバイ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

スローグッドバイ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スローグッドバイ (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

スローグッドバイ (集英社文庫)の作品紹介

「涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ」。恋人にひどく傷つけられ、泣けなくなった女の子。彼女に青年の心は届くのか(「泣かない」)。上手に別れるため最後にいちばんの思い出の場所へいく。そんな「さよならデート」に出かけたふたりが見つけた答え-(「スローグッドバイ」)など普通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。出会いから別れまでの一瞬一瞬をやさしく描く傑作短篇集。

スローグッドバイ (集英社文庫)の単行本

スローグッドバイ (集英社文庫)のKindle版

ツイートする