コンビニ・ララバイ (集英社文庫)

  • 1550人登録
  • 3.18評価
    • (65)
    • (168)
    • (434)
    • (91)
    • (32)
  • 261レビュー
著者 : 池永陽
  • 集英社 (2005年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478297

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コンビニ・ララバイ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。
    「向こう側」感想
    人には簡単に諦めちゃいけないことが絶対にある。
    本当に大切で、自分にとって何よりも大事なことはけっして諦めちゃダメなんだと思う。
    八坂はどうしてあんなに性急に答えを出してしまったんだろう。
    もっとちゃんと言葉で伝え合うことが出来ていればと残念でならない。
    ホームレスのおじいさんとマル。治子と八坂。
    たとえ言葉は通じなくても、おじいさんとマルの間には強い絆があった。
    大切なことは急いじゃダメなんだ。
    ゆっくりと時間をかけなければ育たないものだってあるのだから。
    切なくて哀しすぎる結末に胸が痛くてたまらない。

  • 小さな町の小さなコンビニ、ミユキマート。
    オーナーの幹郎は妻子を事故で亡くし、幸せにできなかったことを悔やんでいた。
    店には、同じように悩みや悲しみを抱えた人が集まってくる。
    堅気の女性に惚れてしまったヤクザ、声を失った女優の卵、恋人に命じられ売春をする女子高生…。
    彼らは、そこで泣き、迷い、やがて、それぞれの答えを見つけていく―。
    温かさが心にしみる連作短編集。

  • 珈琲屋の人々を読んで、
    主人公が 人殺しで、服役し、それで 喫茶店のマスターをしている。
    そのマスターのもとに、離婚したり、いろんな生活破綻者が
    思い詰めて、相談に来る というパターンだった。
    どこか、くらくて マイナスのイメージがあり
    ほんの少し、上に向く感じだが、でも沈没している。
    それでもいいのだ という感じがあった。

    今回のコンビニのマスターは
    ヨメに言われて、会社を辞めて コンビニを開いた。
    しかし、子供は 車にはねられ、ヨメも自動車事故にあった。
    何か、抜け殻のようで、店を 守る気概もないようだ。

    にぎやかで 乾いている コンビニ。
    あいかわらず、そこに来る人たちは 離婚経験があったり
    サラ金の借金があったり、ヤクザだったり、
    生活の底辺で苦労している ような人だ。
    くらい顔をしていて、しかし、暖かみがあるというキャラクター。
    なぜか、読みながら ますます くらくなってしまう。
    作者のからだにある 何かは こんなにもくらい物語を
    紡ぎ上げて、なにを語りたいのだろうか?
    さびしい人格が さびしい物語を書いているなぁ
    という 感じで 終ってしまった。

    セックスの場面を無理矢理いれていて、
    あまり、必然性がないような。
    乾いていたり、濡れていたり、清い関係。
    ふーむ。なぜか 動物的な感じだね。
    まぁ。池永陽は これでいいよ。

  • 日常のあったかい感じと、
    鋭い性の表現が対称的で、
    ありそうでない小説だなと思った。

  • 小さなコンビニが舞台の短編集
    どの話もすごく切ない
    オーナーは優しい人でとてもあたたかい人だけどオーナーにかかわる人はみんなハッピーエンドにはならない
    読んでるこちらがどよ〜んと暗くなる感じ 最後のおじいちゃんとおばあちゃんの話は悲しいけど唯一良かったねと思えたかな

  • ワタクシコンビニはあまり好きではない。ホンライ。
    便利ですけどね。認めます。エライです。

    まぁ、商店ですよね。昔だったら。
    お店側の自由度は低いけど(一律一緒の品揃え的な)
    お客さんはとっても自由に色々頼める。こんびにえんす。

    本の舞台としてはこういうスタイル好きなので。
    いろんな人が来て、それぞれにエピソードが有って
    この場所を通じて絡み合って行く。

    読んでて疲れない、好物のスタイルです。

  • 小説の雰囲気がどこか『居酒屋兆治』(山口瞳)辺りに似通ってると言えば、細部の違いに気付かない語弊ありまくり、だろうか。5刷2006年。101

  • 思ってた感じとちょっと違ったけど面白かった。
    どの話も個人的にすっきりしなかったけど。
    池永 陽さんの小説は初めて読んだけど、作品の雰囲気は好きだなぁと感じました。別の作品も読んでみようと思いました。

  • コンビニの店員及びお客様の人間模様を描いた短編作品。共通しているのは、みんな不器用。そして寂しい人であること。


    どの作品も本当のラストは読者まかせで、登場人物たちがその後、どんな道を歩いたかは描かれていない。

    読み手の心持ちでラストの余韻が異なるだろう。


    歪みながらも自分たちの道を歩き出せた(はず)と、感じた自分は、以前より素直になれているのかもしれない…

  • どうも好きですね、こういう優しい話。
    無常観から来たような主人公の優しさと、それに癒されて行く客たちの物語です。「賑やかだけど乾いているから・・・」と始めたはずのコンビニのはずが、思いっきり湿度が高い客と店主の交流の場になるわけで、甘ったるいと言う人も多いでしょうけど。。。。

全261件中 1 - 10件を表示

コンビニ・ララバイ (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コンビニ・ララバイ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コンビニ・ララバイ (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

コンビニ・ララバイ (集英社文庫)の単行本

コンビニ・ララバイ (集英社文庫)のKindle版

ツイートする