田中角栄回想録 (集英社文庫)

  • 32人登録
  • 3.83評価
    • (4)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 早坂茂三
  • 集英社 (1993年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087480337

田中角栄回想録 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現在の日本の礎を築いた人物=田中角栄。ここには田中角栄の生の声が収録されている。そして、この本を編纂した秘書・早坂茂三も、もういない。混沌とした時代、錯綜を続けるリーダー不在の今の日本。ゆえに、再読されるべき一冊。

  • 面白い。新聞記者時代に記事でいろいろスッパ抜いていた
    敵対していた著者=早坂氏を秘書に引き込む角栄氏。度量満点なエピソードの数々。
    その後の高度成長&ニッポンの青春時代を率いた角栄氏の政治手腕と・キンタマの大きさと器の大きさについての逸話が満載の評伝。
    早坂氏のあのトークに似たリズムの文体が小気味良い。
    昭和って、なんだかんだあっても皆が成長をベースに先を眼差せた良い時代だったんだろう。
    今を考えればこの本の時代がすごく羨ましく思える。

  • 角栄 茂三 を

全3件中 1 - 3件を表示

早坂茂三の作品

田中角栄回想録 (集英社文庫)はこんな本です

田中角栄回想録 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

田中角栄回想録 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

田中角栄回想録 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

田中角栄回想録 (集英社文庫)の作品紹介

国交回復を果たした周恩来との膝詰め談判、日ソ外交史に残るブレジネフとの会談、得意の"角栄節"で愉しませたエリザベス女王との会見-。戦後の一時代を築き、ロッキード事件を経てからもその影響力を失わなかった天才政治家・田中角栄。その栄光と苦闘の歴史を、23年間腹心の秘書として連れ添ってきた著者が、田中の肉声を交えて振り返る。

ツイートする