雨鱒の川 (集英社文庫)

  • 370人登録
  • 3.41評価
    • (24)
    • (51)
    • (79)
    • (17)
    • (5)
  • 51レビュー
著者 : 川上健一
  • 集英社 (1994年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087482119

雨鱒の川 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 裏表紙にあらすじの半分以上を書いちまった集英社には反省してほしい。

  • いい小説だなあ。

    青森の寒村に、絵を描くことと魚取りだけが好きな心平と、その心平と幼少の頃から一緒に育った耳の聞こえない小百合を描く初恋小説。

    好きなことだけやればいいってことはなくて、心平の場合、東京に出てみんなと離れ離れになっても画家の修行にいくのか、小百合の場合、実家を継ぐ為に養子を取るために結婚するのかといった現実を突きつけられ、選択を迫られる。

    その中で、小百合も心平も婆っちゃも相手のことを思う会話の描写がきれい。英蔵も、自分の好きな子のために生きようとしている姿が、かっこいいし、でも、心平という人物がいることでどうにもならない姿が、切ない、
    方言だから、短い言葉ではあるし、よくわからないけど、気持ちは伝わってくる。

    秀二郎爺っちゃがいう、自分の中に川が流れていて、その流れに逆らうと後悔するって言葉が、選択の決め手になるんだよな。

    冬は酒、春は農業、川は澄み魚が取れるという、昔ながらの日本が描かれていてとても良かった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    東北のとある寒村。母親ヒデと二人暮らしの小学三年生の心平は、川で魚を捕ことと絵を描くことにしか興味がない。そんな心平には心の通い合う少女小百合がいた。心平の絵が国際的な児童画展に入選し祝賀会の夜、母親は雪の中で死亡した―。十年後、十八歳になった心平は村に帰ってきた。小百合の家の造り酒屋に勤めるが、小百合に縁談が起きて…。幼なじみの透明な心を謳い上げた清冽な初恋小説。

    切ない、心平が明るくて楽しそうに絵を書いて、大好きな人達が居るので見ていてほんわかはするものの、父が死に、自分のお祝いの日に母が死に、引き取った祖父母も間をおかず死去。18歳にして誰もいないあばら家に戻ってきて天涯孤独。かなり悲惨な状態なのだけれども、馬鹿にされても、軽んじられても魚を追い、絵を書いていれば幸せという心平の姿に救われます。
    耳の聞こえない幼馴染の小百合との淡い恋というか、それを通り越えておさないころから培った絆がさらに切なさを増す。大人の世界に通用しないが人間の根源に有る愛情。これを覆すには彼らはあまりに幼い。小百合に恋する同じ幼馴染の英蔵は心平に嫉妬の炎を燃やし、幼いころから何度も諍いを起こすが、どの瞬間も英蔵は葛藤しながらも男の中の男という決断を下していく。こいつは本物の男だ。血の涙を流すような思いをしながら小百合の幸せを誰よりも祈っているのであった。最後は英蔵を応援している自分が居たなあ。かっこいい。

  • どうにも読み進まない…

  • とてもピュアな二人がほほえましい。
    美しい文学作品でした。

    最後のエーちゃんが泣けた(ノ_・。)

    あのあと二人はどうなったか気になる…

    しかし言葉がよくわからなくて、正しく理解しないまま終わったかも。

  • 小百合と心平の無垢の信頼心と、東北の農村地帯の牧歌的な風景描写が相まって、あまりに単刀直入な初恋小説が違和感なく心に染みた。

  • 青森弁が読んでて心地よかった。読みづらいんだけど、心地よかった。

  • 離れられない二人、誰にも引き離せない。絵を描くことだけしかできない少年と、耳の聞こえない少女。彼女の気持ちを理解できるのは彼だけ。しかし、いつしか、大人になり、それぞれの進路。純粋すぎる二人はどうなるのか?幼き頃に見た雨鱒夫婦のように、彼らには一緒に暮らすしか選択肢しかなかった。美しい自然描写で、まるで、森の中にいるような感じがした。人物描写・心理描写に惹きこまれ、二人が一緒になれることを祈った。彼らの間で、揺れ動く恋敵の苦悩に、心痛めた。現実社会ではありえない純愛物語だからこそ、感情移入したい。

  • きれいな作品だった。
    少年と少女の極端なまでの純粋さと自然描写、方言が相まって、失われた日本の良さを感じました。
    方言は理解できるギリギリの線なので、少し読むのに疲れたかな。

  • ちょっと知恵おくれだけど、絵がとてもうまい男の子と言葉のしゃべれない女の子の物語。様々な人に迷惑をかけたけど、一番大事なものを離さなかったことはえらい

全51件中 1 - 10件を表示

川上健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
あさの あつこ
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

雨鱒の川 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

雨鱒の川 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雨鱒の川 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雨鱒の川 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする