水の手帳 (集英社文庫)

  • 32人登録
  • 2.92評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 伊集院静
  • 集英社 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087488845

水の手帳 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一種の恋愛小説のカテゴリになると思うのだが、普通の一般男性にはよく分からない女性の心理状態を男性作家が書いたところがスゴイかな。さすが伊集院氏!

  • 図書館文庫本コーナー左上から順番に「い」の伊集院 静さん。

  • んー
    最初読んでて面白かった。
    主人公の実家が山口なのもなぜか良かったんだけど・・・・

    後半は、いまいち話がぴんと来ない。
    というか、いまいちな結末かな?



    内容(「BOOK」データベースより)
    大手保険会社のOL妃手子は、危篤の報を受けて郷里に駆けつけるが、母は亡くなっていた。
    遺品の行李に仕舞われていた一冊の手帳と三枚の写真。
    そこには、彼女の知らない母の秘められた過去があった…。

    そして失われた時間を探して、妃手子の旅が始まる。
    セーヌの河岸、アフリカの湖畔へと何かに導かれるように辿った彼女は、やがて釜山の海峡を渡って―。名手が放つ上質な香りの長編小説。

  • 大人ぶってこういう小説を読みたい年頃だった。韓流みたいなお話。

全4件中 1 - 4件を表示

水の手帳 (集英社文庫)のその他の作品

水の手帳 単行本 水の手帳 伊集院静

伊集院静の作品

水の手帳 (集英社文庫)はこんな本です

ツイートする