ママ・グランデの葬儀 (集英社文庫 40-A)

  • 146人登録
  • 3.45評価
    • (6)
    • (22)
    • (42)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
制作 : 桑名 一博 
  • 集英社 (1982年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087600797

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
トルーマン カポ...
G. ガルシア=...
ポール・オースタ...
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ドストエフスキー
マヌエル・プイグ
ガブリエル ガル...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ママ・グランデの葬儀 (集英社文庫 40-A)の感想・レビュー・書評

  • ふと立ち寄った古本屋で、絶版文庫を発見。160円ほどで買えてほくほく。ウキウキしながらページを繰ったのだけれど、読んでいるうちに、救いのなさにだんだん元気がなくなってくる(苦笑)。

    短編集ですがすべて「百年の孤独」と同じ架空の町マコンド周辺を舞台にしており、テーマも手法も百年の孤独とは違うけれど、スピンオフ的な感覚で読むとまた印象が違うかも。

    自殺する鳥と100歳近い神父さんの奇妙な言動がいちばん“ガルシア・マルケスっぽい”気がする「土曜日の次の日」と、百年の孤独のテイストに近い気がする表題作「ママ・グランデの葬儀」、リアリズムなんだけど、お腹の中にきのこが・・・とか考えちゃう大佐がやっぱりラテンアメリカ的(※個人のイメージです)だと思ってしまう「大佐に手紙は来ない」が好きでした。

    ※収録作品
    「大佐に手紙は来ない」「火曜日の昼寝」「最近のある日」「この村に泥棒はいない」「バルタサルの素敵な午後」「モンティエルの未亡人」「土曜日の次の日」「造花のバラ」「ママ・グランデの葬儀」

  • どの話でも、登場人物は誰にも助けてもらえない。ひとりで穴に落ち込んで、そこから出られない。太陽は暑すぎるし雨はやまない。なんでこんなに非情な世界ばっかり書くんだろう。自分の日常が甘ったるくてウソみたいに感じるくらいだ。

    「ママ・グランデの葬儀」以外は、ひらひらのないくっきりした文体で、読んでいて気持ち良い。女の人の芯が強いのもいい感じ。

    「大佐に手紙は来ない」の「出る家を間違える幽霊」のエピソードが、にやりとさせられて妙に心に残った。

  • かたりさらりとした乾きめの文体。これはこれで面白いではないか。

ママ・グランデの葬儀 (集英社文庫 40-A)の単行本

ツイートする