7月4日に生まれて (集英社文庫)

  • 45人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 日高 義樹 
  • 集英社 (1990年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087601770

7月4日に生まれて (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビル・クリントンもトランプも、この小説の主人公のロン・コビックと同年代である。

    ベトナム戦争における米国の正義と不正義は別として、ロン・コビックは愛国心に燃えて戦争に志願して、海兵隊員として戦場で勇敢に戦った。そしてその結果、彼は21歳にして下半身不随でインポテンツとなり、また戦場での戦友に対する誤射とベトナム人幼児殺害の記憶に苦しめられることになる。

    彼の人生は戦争で目茶苦茶にされたのだ。一方、徴兵回避したビル・クリントンやトランプは政治家として米国の正義を語ることになる。
    反吐が出てきそうな不正義である。

    重たい内容ではあるが、若者には手に取ってほしい一冊である。

  •  
    ── コビック/日高 義樹・訳《7月4日に生まれて 19900125 集英社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4087601773
     
     Kovic, Ron 19460704 America /ベトナム帰還兵/反戦運動
     Cruise, Tom 19620703 America /19630703 ?/170cm
    ── 《Born on the Fourth of July 19891220 America 19900217 Japan》
     
    http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E6%97%A5%E3%81%AB%E7%94%9F&ao=a
     映画《七月四日に生れて》に、戦傷不能者のための売春宿が登場する。
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C6%FC%A4%CB%C0%B8
     
    (機能不全と心因性の両面があり、ほとんどは他の障碍に併合される)
    https://jp.sputniknews.com/life/201610222931817/
     
     WHO、性的パートナーを見つけられない人を障害者に分類。
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477139824/440
    :傷太郎:20161022(土) 21:59:14.85 ID:5QtnGfbL0
     
    (20161022)
     

  • 筆を執った事実が凄い.

  • 06002

  • ぜひ読んでおきたい一冊

全5件中 1 - 5件を表示

ロン・コビックの作品

7月4日に生まれて (集英社文庫)はこんな本です

7月4日に生まれて (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

7月4日に生まれて (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

7月4日に生まれて (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

7月4日に生まれて (集英社文庫)の作品紹介

ロン・コビックは1946年の7月4日に生まれた。輝けるアメリカの独立記念日の生まれだ。ケネディ大統領が暗殺された17歳のときに海兵隊入隊を決めた。ベトナムに送られたコビックはそこで地獄を見た。戦友を殺し、幼児を殺し、自らも胸部以下麻痺という重傷を負った。祖国へ戻されたコビックは、人類にたいする犯罪をアメリカ国民に訴えようと、新しい人生と苦闘しはじめた。開高健氏が「これは飽満の白晝が不意に呻唸の深夜となった遍歴行の、ペン先の裂けたスケッチ集である」と評したノンフィクション。

ツイートする