クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)

  • 52人登録
  • 3.26評価
    • (1)
    • (3)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Diane Mott Davidson  加藤 洋子 
  • 集英社 (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087605204

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/3/25~4/8

    憎き暴力夫の死で、ゴルディは心おきなくケータリングに精を出す日々。再婚した夫トムと息子アーチに囲まれ、最近は、法律事務所の依頼で、朝食と特別な顧客のための軽食を用意していた。今夜も若き隣人で事務所のパラリーガル(弁護士補助員)をめざしているダスティに頼まれ、事務所に入ったとたん、何かにつまずいてしまった。誰かのいたずら?けれど、それはダスティの死体だった…。

  • 死体を見つけるのはいつものことでも、
    何の前触れもなく弁護士事務所のオフィスで
    いきない死体につまづいてしまうとは、
    ゴルディもかわいそうに。

    しかも、このシリーズに幾度か登場した
    お隣さんの娘とあっては、
    かつて恋人だったジュリアンほどではないが、
    ショックだった。

    車の運転には四苦八苦しているものの、
    アーチが異母弟ガスと仲良くやっていて良かった。

    とうとうホールフーズが登場したのには笑えた。

  • 憎き暴力夫の死で、ゴルディは心おきなくケータリングに精を出す日々。再婚した夫・トムと息子のアーチに囲まれ、最近は法律事務所の依頼で、朝食と特別な顧客のための軽食を用意していた。今夜も若き隣人で事務所のパラリーガル(弁護士補助員)をめざしているダスティに頼まれ、事務所に入ったとたん、何かにつまずいてしまった。誰かのいたずら?けれど、それはダスティの死体だった…。

    原題:Dark Tort (2006)
    訳者:加藤洋子

    集英社文庫 (2006.12)

全4件中 1 - 4件を表示

ダイアン・デヴィッドソンの作品

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)のペーパーバック

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)のCD

クッキング・ママの遺言書 (集英社文庫)のペーパーバック

ツイートする