失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

  • 72人登録
  • 3.96評価
    • (8)
    • (6)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 鈴木 道彦 
  • 集英社 (2006年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (730ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087610246

失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「私」の一家がゲルマント邸内のアパルトマンに引っ越したために、「私」の生活や意識も一気に「ゲルマントの方」に向う。前の巻では中心的に語られていたアルベルチーヌは姿を消し、物語はもっぱら社交界を舞台に展開する。この辺りまで来ると、底流には祖母の問題、そして表層にはロベールとラシェルの問題など様々なものが錯綜してくるようだ。また、当時の社交界の話題の中心はドレフュス事件だったようだが、少数の例外を除いては、ブルジョワや貴族階級の間では反動と反ユダヤ主義が主流をなしており、フランスにおけるこの問題も根が深い。

  • エッセイでベタ褒めされている程はこの物語にのめり込めないので私には読むのが早すぎたのかな‥‥という感想。
    同性愛的要素がだんだん明らかになっていくというこれからの展開に期待している腐女子ですが、これまでのサン=ルーによる主人公への行き過ぎみたいに見える親愛?友愛?もすでに萌えます。このおかげで読めるホモ偉大や‥‥

  • いよいよゲルマント一族との絡みが多くなる。
    特にゲルマント公爵夫人のサロンに行きたくて仕方ない主人公の策略が微笑ましい。

  • ブルジョワたちだけでなく、貴族たちもスノブだった。

  • 凡例
    はじめに

    訳注
    主な情景の索引
    系図―ゲルマント一族の人びと
    本巻の主な登場人物
    エッセイ ゲルマントという主題 鈴村和成
    (目次より)

  • 読みかけ。微妙。もうお付き合いできないかもしれない。

全6件中 1 - 6件を表示

マルセル・プルーストの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
安部 公房
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)はこんな本です

失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

失われた時を求めて〈5〉第三篇 ゲルマントの方〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)の作品紹介

語り手の家族は、パリのゲルマント家の館の一角に引越し、「ゲルマントの方」の扉が徐々に開かれる。ラ・ベルマの演ずる『フェードル』観劇のさいに、ゲルマント公爵夫人を見かけた語り手は、プラトニックな愛情を抱くようになり、夫人に近づくため、同じ一族のサン=ルーを訪ねる。やがてヴィルパリジ夫人のサロンでゲルマント公爵夫人を見かけるが、現実の夫人には、彼女の名前を通して思い描いていた神秘的なものを見出すことができない。

ツイートする