みかづき

  • 2222人登録
  • 4.21評価
    • (273)
    • (248)
    • (109)
    • (11)
    • (2)
  • 291レビュー
著者 : 森絵都
  • 集英社 (2016年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087710052

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みかづきの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和36年、千葉県習志野市にある小学校。
    そこの用務員である大島吾郎が児童の勉強を見てやっているところから物語は始まります。
    昭和から平成へ、塾を舞台にした三世代にわたる教育者たちの物語。

    終戦後、いち早く六・三・三制を取り入れた日本。
    めまぐるしく変わる国の政策と、それに振り回される教育現場。
    それでも理想を追い求める姿に、真の教育とは?と強く考えさせられました。

    最終章の#新月が良かった。
    不器用な人が、遠回りでも少しずつ前進して、いつか自分の生きる場所にたどり着く、そういう話が好き。

    学ぶことか…、
    塾に通って勉強していたころより、人生の折り返し地点を過ぎた今の方が、学ぶことへの欲が強いです。
    そういえば、勉強したくなくて遊んでばかりいると、よく父に言われました。
    「好きなだけ勉強ができるということが、どれほどありがたいことなのか、いつかわかる日が来る。
    その時になって後悔しても遅いんだから」と。
    しっかり後悔しました。はい。


    <常に何かが欠けている三日月
    欠けている自覚があればこそ、人は満ちよう、満ちようと研鑽を積むのかもしれない。>
    この言葉がとても心に残っています。

    表紙に茶々丸がいる。可愛い。

  • 厚みのある本はやっぱり面白い。

    そんな感じで吾郎と千明が夫婦になる!?って、突拍子もない始まり。

    憎まれ役の鉄の女千明は、あんな形でしか吾郎を自由にさせてあげれなかったのかと・・・でも酷。

    でも「嬉しくないわけないじゃない」の言葉にはウルッときました。やっぱり吾郎を必要としてたと。
    影の立役者は国分寺さんだと思いました。

    登場人物すべてがとても愛しい人たちでした。
    塾の歴史も綴られてるし。いい本でした。

  • 「学校教育が太陽だとしたら、塾は月のようなぞんざいになる…。」

    昭和36年。小学校の用務員の大島吾郎は、仕事場兼住居の用務員室で、
    一部の授業についていけないって言う子や、宿題が出来ない子に勉強を教えていた。
    吾郎さんに教わると良くわかると慕われ「大島教室」と呼ばれていた。
    教員免許はないが、抜群に教える「才」をもっていたのだ。
    勉強を教えていた一人の児童・蕗子の母親千明に誘われて、学習塾を立ち上げる。
    女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族となった吾郎。
    ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、
    予期せぬ波乱がふたりを襲いーー。

    子供の学習能力を引き出すのに天才的な能力を持つ温厚な人柄の吾郎と、
    文部省の指導要領に激しく反発しながら、塾を発展させていく向上心の強い千明。
    対照的な夫婦の姿を描きながらその時代背景や夫婦の子供や孫を
    教育に関わらせるという描き方で、昭和三十年代から平成の現代まで
    一家族三世代にわたって、六十年間にわたる壮大な物語でした。
    壮大なのに飽きさせない、著者の筆力と思いの強さが素晴らしかった。

    敗戦後の日本の教育制度の迷走…塾って何?悪しきものかの様に言われていた時代。
    誰もが当たり前の様に通っている時代。少子化によって通う子が減ってる時代。
    また貧困化によって通えない子が多く存在する時代。
    時代によって、塾の在り方や真の教育とはと深く考えさせられました。
    私自身小学一年生から塾に通い、色んな習い事にも通わせてもらい。
    遊びの延長の様に過ごしていましたが、今思えば何と有難かった事なんだろう。
    もっと、もっと真剣に学んでおけば良かったって大人になって凄く感じてる。
    そして、大人になって資格取得の為に学ぶと凄く楽しい♪

    最終章の〝新月〟が良かった~何度も涙が零れました。
    吾郎と千明の孫の一郎。
    生まれながらにして不器用な性分。
    何事にも時間がかかるのんびり屋で、いつも人よりワンテンポ遅れる。
    ものを考える速度も遅く、急に言葉をふられてもすぐには応えられない。
    うわ~私みたいだって激しく共感した~( ˶´⚰︎`˵ )
    そんな彼が遠回りしながらも、葛藤しながらも自分の進む道を見付けて進んでゆく姿良かった。
    彼の優しさ、子供を想う心…本当に何度も何度も涙が零れた。

    「常に何かが欠けている三日月。
    教育も自分と同様、そのようなものであるのかもしれない。
    欠けている時間があればこそ、人は満ちよう、満ちようと研鑽を積むものかもしれない」
    とっても素晴らしくって素敵な言葉です。心に染み入りました。
    人間生きている間ずっと学んでいるのだと思う。

  • とてもいいお話。
    昭和の頃、用務員室で授業についていけない子の勉強を見てあげる21才の吾郎。この不思議な魅力のある青年が「教育」に嵌まっていく人生。
    吾郎の教える才能を見抜いて強引に伴侶した千明。
    ふたりが塾を立ち上げた頃、まだ日本では私塾に対する風は厳しかった。

    「教育は、子どもをコントロールするためにあるんじゃない。」
    「すべての子どもに等しく勉強を教えられない現実に、絶えずある種の鬱屈を抱いている」

    貧しくて塾に通えない、勉強についていけない子どもが吾郎の孫の一郎が立ち上げたボランティア勉強会で受験に望むエピソードには涙腺が緩みました。
    感動です。
    そして終わり方がまた良かった。

  • 主に3人の視点から見たその時代時代の教育が描かれていた。その時々の流行がちょいちょい出てきて、あーあの頃か〜とわかりやすかった。
    時代毎にいろんな問題を抱えているが、特にここ最近の問題が深刻で複雑だと思う。400ページ超えは、なかなかの読み応えだった。

  • 塾の3世代。熱くていい人たち。面白かったけど、中ほどはすっ飛ばしてしまった。私の興味がそれほどなかったんだな。

  • 教育にかける情熱、希望、と同時に起こる反発や憎しみといった、教育に翻弄された一族の物語。
    昭和から平成にかけての教育をめぐる状況に興味のある人には、ぜひオススメしたい一冊。

    私自身、昭和から平成にかけて教育を受けた世代で、また舞台となっている千葉で教育を受けたこと、自身も学生時代、個人経営の地元密着型補習塾で講師をしていたこともあり、なかなかのノスタルジーとともに、興味深く読み切った。
    どんな時でも教育の中に常にある「希望」。読み終わった後、すがすがしさが残ったのは、やはり教育が、未来に向かって開かれているものだからだと思う。いつかまた、塾で子どもたちに教えるのもいいかな、とそんな未来をちょっと想像した。

  • 学校と塾を太陽と月に、教育そのもの、人の心を月に喩え、満ちることのない月を描いています。
    教育現場の移り変わりを、現実を丁寧に追いながら書いているので、創作部分まで真実の様な気がしてしまいました。
    尖るにしても三日月の様に美しく鋭く尖れればいいのでしょうね。

  • なんと爽やかな読後感!!ページを繰る手が止まりませんでした。
    途中、千明さんの話のところは息苦しい感じがしたのだけれど、だからこその爽快感です。

    一郎の感覚は自分と共通するところが大いにあって、学校教育への反発とかってなんなのかな?よくわかんない…だったのですが、始まりが吾郎と千明の話だったため、最後のあたりに一郎と阿里の会話で「はっ…そうかそれが今までの自分の感覚だった」と気づかされました。今の自分の感覚を完全に忘れさせる筆力……すごすぎる。
    本に入り込むという感覚を久しぶりに覚えました。本当に最高だった。

    千明がさくらに言った言葉。「私が守ってみせるわ」に無上の愛を感じました。泣けた。
    ずっと欠けているからこそ満ちよう満ちようと研鑽を積むのだと言った吾郎に胸が震えました。
    様々なことを乗り越えて強く生きている大島家の皆様に、勇気を貰いました。
    本当に最高の一冊。

  • 名作と呼ばずにいられない物語を久方振りに読んだ。学習塾と教育問題の歴史を辿りつつ群像劇的に進む物語を、食い入るように追った。かつて通った学習塾にも、相応の歴史があっただろうか。自分が教わった恩師達も、塾と学校の複雑な攻防に思うところがあっただろうか。私たちが当たり前のように供されてきた教育史を考え直す機縁を与えられた。

全291件中 1 - 10件を表示

みかづきに関連する談話室の質問

みかづきを本棚に登録しているひと

みかづきを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

みかづきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

みかづきの作品紹介

昭和36年、学校教育に不信を抱く千明から学習塾の立ち上げに誘われ、吾郎の波瀾の教育者人生が幕を開ける。昭和〜平成の塾業界を舞台に、三世代にわたり奮闘する大島家を描いた、著者渾身の大長編!

ツイートする