ブクログ大賞

みかづき

  • 1815人登録
  • 4.22評価
    • (209)
    • (182)
    • (81)
    • (8)
    • (2)
  • 213レビュー
著者 : 森絵都
  • 集英社 (2016年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087710052

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みかづきの感想・レビュー・書評

  • 親子三世代にわたり、塾での教育に情熱をかたむける、教育の在り方を説いた小説。親子間、夫婦間で、色々な問題を乗り越え、教育を通して、家族の絆も深まっていく。塾での学習指導に生きがいをみつけ、懸命に生きていく姿に、感動した。長編で読み応えがあった。どんな人生があるのか、生き方があるのか、少し世界が広がった。

  • 日本の教育制度はなぜこんなによく変わるのだろうと不思議に思っていたけど、やはり時代によって細かな改変を加えないといろいろな面で齟齬が生じてくるものだとなんとなくわかってきた。教育とくに塾教育に従事する一家の三代記。あら?いつの間にか主人公が変わった?と思いきやその根幹の先生は初志貫徹。とにかく個性的な女性たちが魅力的です。子供の頃の体験はその人物形成に大きくかかわる。教育って本当に辛抱強くないとできない仕事です。ありがたいことに私にはいい先生の思い出がたくさん。本好きも先生のおかげ。

  • やっぱり森絵都さん大好き
    夢中で読んだ

  •  塾の話だと聞いていたので、また熱血先生の感動的なできすぎた話かなと、あまり期待していなかったが、全然違った。思ったより分厚かったが、スルスルと読めた。

     ものすごい量の取材・下調べをして書かれていることがよく分かる。学校外の教育に関わってきた一つの家族の生き方を描きながら、塾の創生期から現代まで、刻々と変わっていく教育事情を追っている。教育の歴史を思い返す教材にもなりそうだ。決してきれいごとではなく、苦悩や挫折もきちんと描いていて、都合のいいハッピーエンドもない。森絵都さんの本気を感じた。

     今まで、森絵都さんはやっぱり児童書だけ書いていたほうが良かったのではないかと思っていたが、これからは期待できそうだ。

  • 戦後の教育の変遷はおおまかには知っていたが、この本を読んでよくわかった。ファミリーストーリーとして読んでも面白かった。的を外れてるかもしれないけど、人生ってトータルなんだなと感じた。

  • 巻末の謝辞と多くの参考資料が物語るように、
    非常によく調査をされて書かれた作品だと思う。
    しかし長い。
    軽いドラマが次々と連なる手練のスタイルで読みやすいのだが、
    深く読み込み味わうタイプの作品じゃないので、
    正直なところ、途中で読むのに飽きてしまった。
    枚数をもう少し抑えてもらえると、
    まるで篠田節子さんの作品みたいな感じで良いのになあと思った。
    特に終盤部分はやや予定調和な流れで残念だった。

  • 久しぶりに読み応えのあるガッツリ小説
    森絵都さん、こうゆう切り口でも書けるんだなぁ~
    抗えない遺伝子と教育への熱い思い、大島家の人々、学校と塾、時代の変遷…
    古希を迎え、対象はちょっと違うけど学習支援センターでカウンセリングを続けてる母の感想も聞いてみたいな

  • 最初、吾郎も千明も好きになれなくて、ひたすら蕗子に癒されて読みました。主人公が好きになれないと読むのが苦痛で大変…でも、中盤からは一気読み。日本の教育は何か変。でも、何が変なのか分かるような分からないような。私は高校からしっかり塾に通ったクチなので、学校も塾も目的は違えど共存すべきものなんだろうと思います。ゆとりについての記述は、なかなか厳しい。頷いちゃいけないけど、それが合理的なのも分かる。事実そんな感じだし…いわゆる、ゆとり世代って大物多いし…。一郎の始めた事がやる気のある子供達の光となりますように。

  • あまり好きではなかった。
    今一つ誰にも感情移入できなくて・・・。
    私立に通っていたからか、文科省と塾の戦いにもイマイチぴんと来ず・・・。
    森絵都さんの割には文章も激しくて・・・うむ。

  • 昭和36年。小学校用務員の吾郎は、勉強を教えていた児童の母親・千明に誘われ、学習塾を立ち上げる。千明と結婚し、家族になった吾郎。塾も順調に成長するが、予期せぬ波瀾が2人を襲い…。

  • 最初から最後まで入り込んで読んだ作品。作品のテーマが今までに読んだ事の無い「教育」。主人公は塾教師。昭和36年から話は始まり、主人公、主人公の子、主人公の孫と親子3代に渡り、今の時代まで描かれています。教育の関わり、教育の形が時代ごとに変わっているのが印象的でした。家族団欒の場面も好きな所です。
    内容が濃い、読み応えのある1冊だと思う

  • 子供に勉強を教えるのがうまい吾郎と、その才能に目をつけた千明は塾の経営を始める。昭和の高度成長期、塾を大きくしようとする千明と、五郎の間にすれ違いが生じ始める。夫婦だった二人は別れ、塾は娘の蘭に引き継がれる。塾は勉強がわかり、楽しくなるところという吾郎、塾を経営者して大きな事業にしようとする千明。
    教育の本質と相いれない経営。昭和の受験戦争、高度成長期の背景が、学習塾を通して強烈に伝わって来ました。忙しさに忙殺されたかのような千明と、飄々と生きた吾郎。今でもその構図は変わらないのかもしれません。
    言葉が足りませんが、読み応えある素晴らしい作品だと思いました。

  • 満月たり得ない途上の月。
    素敵な言葉。

    2017年上半期、ワタシの最高傑作です。

  • 三人の女がタッグ組んだら敵わないw
    登場人物一人ひとりまで丁寧に人物設定されていて最後まで飽かされること無く読めました!

  • 千明と吾郎の意志は子供達に受け継がれ、家族がそれぞれの思いを持って、教育に関わっていく。それぞれが描く手段で教育に関わり、成長と挫折、出会いと別れを繰り返し、教育を通して繋がっていく姿が美しい。手段は違えど、全員に共通するのは教育に対する熱い思い。教育の読み物としても価値が高く、教育に対する思いに共感させられることも多かった。教育を通した家族の愛と生涯が描かれる感動的な物語。

  • 星4つか5つで悩んだ。一つは、この世界観が妙に現実味を帯びていて、もっと言えば一介の教師が語る教育論の、数倍の深淵に到達している。これを読むと、やはり小説家は勤勉なのだなという思いと、教師が怠惰なのかという煩悶が渦を巻く。みかづきのタイトルがずば抜けて秀逸。まさに、教育を語る心中には、常に満たされない、そして満たされてはいけない向上心ありき。登場人物の多くが、それぞれのベクトルに全身全霊研鑽を積む様子が、実に素敵で、頑迷で、教師だなあと感じた。しかし、物語そのものが一貫した推進力をもっておらず、どことなくエッセイに近い感じも受けた。これは、映画化したら面白くなりそう。AllWAYS三丁目の夕日のような、オレンジ色の映画になりそう。

  • 私も「大島教室」からやり直ししたい。

  • テンポ良く話しが進んで、面白かった。
    塾の歴史を垣間見ました。自分が塾に行っていた頃を思い出しました。最後の新月の章が結構感情移入できました。

  • 教育に縁のある大島家三代にわたる物語です。読んでいて思うことが多すぎて、うまく言葉にできないのが悔しいです。私も登場人物たちに、勉強を、作文を、教えてもらいたいくらいです。

    一番心を打たれたのは、純粋な子供たちの思いを聞いたり、教育を受けて成長を感じたりする場面です。胸が苦しくなり、思わず涙ぐんでしまいました。

    時代が変われば形も変わりますが、変わることのない教育への情熱と行動力を持つ大島家の人たちを、ただただ尊敬しました。

  • この長い物語わ昭和36年から始まる。ちょうどこのボクが生まれ頃だ。
    いろんな題材で小説作品ってのわ書かれるが、こういう教育モンダイを題材にしかもおおよそ50年間の時代の変遷を追いかけたモノわ、かなりめづらしいと思う。だってそんな題材なんてちっとも面白くわないものね。

    一点書いておきたい事が。たいていの小説はとても面白いモノであっても、その終わり方はなんだか、どうやって最後を仕舞えばいいのだろう、えい! みたいなのが多い。「・・・わ静かに佇むのであった。」とか「・・・の影わやがて夜の闇に紛れて消えていった。」とか。要するに面白かった本文をキチンと締めくくった終わり方わなかなか無いのだw。 でもしかしこの『みかずき』の終わり方わ秀逸であった。
    この本わまづわ最後の終わり方から読んでみることをお勧め・・・出来るわけわ無い。m(_~_)m(すまぬw)

  •  小さな塾を始め、それが時代とともに次第に大きくなっていって、そして家族が増え、家族が別れ、塾の在り方も変わっていって、それでもつながっていくものがある。
     人生と教育とそれが混ざり合って、激流にもまれて、見えなくなって、それでも傍にいたというようなそんな感じだった。分厚い本だなと思っていたのに、気が付いたらもう最終ページだった。
     いつまでも満たされたないから、満たそうとしてもがき、そして前に進む。その過程で何かを切り捨ててしまうかもしれないし、自分の信念を曲げることもあるかもしれない。でも、それでもいいんだろう。三日月が見えていればいいんだろう。誰かが自分の後を歩いてくれているからいいんだろう。
     自分では到達できなくても、誰かにつなげることはできる。だからこそ、自分ががんばる甲斐があるというものなんだ。

  • 内容を知らずに読んだらすごい質量熱量で圧倒された。塾にもこんな歴史があったのね。一郎のパートが一番素直に読めた。

  • お勧め度:☆8個(満点10個)。実に、面白かった。戦後の教育界の有様をまざまざと彷彿させる小説である。時代背景も私と似たり寄ったりで自分が生きた過去を思い起こさせる気がした。
    まさに、大島家の壮大な家族ドラマを見ているようだった。曾祖母から始まり、孫に至るまで教育とは何か?塾の役割とは何だったのか?私も子どもの頃は深く考えもせず塾に通っていた記憶がある。
    それともう一つ、この時代、子どもの自主性を考えて塾というものが存在していたのかと思うと、今は、受験受験とついて行けない者は振り落とされ、能力主義に走っていった私塾が謳歌している現在はいったい何なのだと思う。中にも出てきたが、子供の教育資金で右往左往している家庭にそんな余裕も無いのは明らかだけど、今時、ボランティアで勉強を教えてくれるなんて夢の又夢のような気もする。
    これだけ長編にもかかわらず、素直に読めたのはやはり、読みやすい文章と登場人物のキャラが目立っていたのからかもしれない。特に主人公の大島五郎には共感が持てる。未読の方は是非読んでもらいたい作品です。

  • ひさしぶりの森絵都作品。
    まだ「塾」という言葉が浸透していなかった時代に、学校の勉強について行けない子供たちのために塾を構え、高度経済成長に合わせどんどん規模を拡大して、一見成功しているように見える大島吾郎と千明の夫婦。
    しかし時代に合わせて塾を進学塾のように変えていこうとする千明とあくまでも補習のための塾を理想とする吾郎の間に徐々に亀裂が入り、それは家族にも悪影響を与え、大島家は崩壊に向かってしまう。
    塾を舞台に三世代に渡って教育に関わり続けた家族の物語。文部省も目の敵していた母を反面教師として、公教育の現場に身を置くことにした長女の蕗子。塾を手伝うようになり経営者としては優秀かもしれないが教育者には向いてない蘭。時代ごとに教育の抱える問題は移り変わっていき、そのために奔走する大島家。吾郎と千明の孫にあたる一郎は現代社会の抱える貧しい子供たちの教育問題に向き合う。
    それぞれの登場人物のキャラがたっており、それぞれが理想とする教育の形があり、その熱意にひきこまれる。時代が変化するごとに振り回されてきた教育の問題について、塾という視点から丁寧に描いた物語。どのような世代の人が読んでも楽しめるものとなっているだろう。

  • よくまとめたなあと感心。しかし、個人的には、語り手が写っていくのが、どうも…。展開上仕方ないのかもしれないけれど、主人公が途中より影が薄くなってさ。まあ、一族の教育に対する熱意の物語ではありますが。
    森さんがこれを書くのは少し早かったかなあ、あと数年経ってからでもと思いました。

全213件中 1 - 25件を表示

みかづきに関連する談話室の質問

みかづきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

みかづきの作品紹介

昭和36年、学校教育に不信を抱く千明から学習塾の立ち上げに誘われ、吾郎の波瀾の教育者人生が幕を開ける。昭和〜平成の塾業界を舞台に、三世代にわたり奮闘する大島家を描いた、著者渾身の大長編!


ツイートする