意識のリボン

  • 159人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (5)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 綿矢りさ
  • 集英社 (2017年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087711288

意識のリボンの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 淡々と粛々とという感じ。あまりのめりこめず、返却期限もあったので途中にて読了。

  • 綿矢りさの深層に入りこんでしまったかのような、むき出しの生々しい文章で、心情描写とかのレベルを超越して脳内をのぞき見しているような感覚になりました。
    「エッセイ?実話?決意表明?」と尋ねたくなる部分が途中で何度もあったり。
    読んで何かを考える小説ではなく、体験型VRのような不思議な読後感。迫力はあったけど、そのインパクトが強いせいか逆に内容はほとんど抜け落ちてしまった。
    ただ「履歴の無い女」だけは幾らか覚えてる。
    結婚後の新居に遊びにきてくれた妹とキッチンに並んで立ち、夕飯をつくる間のささやかな会話のやりとり。
    マリッジブルーのような姉に、一足先に主婦になり子育てもしている妹が話したとある告白。
    子育てにおいての洗脳のような"普通"ってわかるなぁ。それがするりと解かれるときの瞬間も、私は経験したことがある。
    肩書きが変わっても、失くしたと思っても、きっと消すことなんてできやしない本質がある。

  • こじらせ暴走成分は抑えめ、その分妄想が広る短編集でした。
    私小説っぽいところもありますが、作者のことなのか登場人物のことなのか、はたまた自分なのか…?
    読んでいるうちに、深いところに潜っていく感覚が心地よかったです。

綿矢りさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする